話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

チートなダンジョン運営〜No.1目指します〜

ロータス

情報とチートなステータス

 俺はいまダンジョン管理ギルドにいる。ダンジョン管理ギルドは、ダンジョンマスターの為のギルドで、ダンジョンマスターが持ち込んだドロップ品やアイテムなどを買い取ってくれたり、ダンジョンに関する情報を教えてくれる場所だ。

 ここに来た目的は、ダンジョンについて詳しく聞くためだ。暇そうにしている、兎耳のおそらく獣人であろう女性の受け付けに聞こうと思う。

「すいません。」

「はい。今回はどのようなご用件で来られたのでしょうか?」

「ダンジョンについて詳しく説明をお願いしたくて来ました。」

「かしこまりました。では、ご説明させていただきます。」

 予想以上に話が長かったので要点をまとめるとこんな感じだ。

・ダンジョンは各ダンジョンごとに魔物の系統とドロップ品の系統が決まっている。どこのダンジョンがどんな系統か確認はここでできるそうだ。

・ダンジョンバトルをしているダンジョンには他の探索者は入れなくなり、バトルが終わると勝敗によって場所が変わっている場合がある。

・探索者に攻略されたダンジョンは、破壊されそのまま消滅するが、他のダンジョンマスターにダンジョンバトルではなく攻略された場合そのダンジョンが攻略したダンジョンマスターのものになる。

・ダンジョンバトルはここで申し込みを行い相手に承認されるとできるようになる。

・ダンジョンは順位によってランクがつけられていて、トップ10はSでそこからは100位ごとにランクがAから順に下がっていきJまでになる。

・お金は円で鉄貨、銅貨、銀貨、金貨、白金貨に分かれていてそれぞれ100枚ごとに次の貨になる。ちなみに鉄貨1枚1円だ。

 大体こんな感じだ。

「他にご質問はありますか?」

「俺のダンジョン番号を教えてください。」
 これが分からないと自分のダンジョンにいけないだろ。

「名前を伺ってもよろしいでしょうか?」

「リョウです。」

「....リョウ様はGランク通りの732番になっています。」

 なるほどね。てことは俺は結構遅く終わったんだな。

「わかりました。最後に探索者や他のダンジョンマスターはいつからダンジョンに来るんでしょうか?」

「準備期間もあると思うので、1週間後に探索者の方に神様うんえいからお告げがあるそうです。」

「わかりました。それじゃあ今回はこれで失礼します。ありがとうございました。」

 俺はダンジョンについて一通り分かったので、一度自分のダンジョンに行くことにした。

 今俺は、自分のダンジョンのある732番ゲートの前にいる。

「ゲートがずらっと並んでて番号だけ書かれてるのホテルみたいな感じだな。ここをくぐれば、俺のダンジョンか。」

  ゲートをくぐるとそこは何もない洞窟だった。
実際は真ん中に俺の心臓といってもいいコアがあるがそれだけだ。大きさは大体縦横10メートルの正方形だ。

 へー、情報通りだな。暗くて見えずらいのかと予想していたが、案外明るい。

 さて、自分のダンジョンに来て落ち着いたことだし、お待ちかねステータスの確認をしますか。ランダムで選んだスキルとアイテムが楽しみだ。

「ステータス!」
本当は声に出さなくてもいいんだけどね。雰囲気大事!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     名前: リョウ
     種族: 人族
  レベル:  1
     
     体力: G
     魔力: F
     攻撃: G
     耐久: G
     速さ: G
     魔攻: G
     魔防: G
     器用: G
     運   :  S

  <ノーマルスキル>
        鑑定LvMAX、武術Lv1、全魔法Lv1

  <ユニークスキル>
        経験値支配Lv1、指揮強化

  <称号>
       博打マスター
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
 俺のステータスバグってね?魔力のFは初期ステータスはランダムで一個上昇される設定だから分かるが運がSってなんだ!?
ユニークスキルって何?こんなのβテストの情報に乗ってなかったぞ。

 俺はこの世界に来て1番の悩みがステータスになるとは思ってもいなかった。
 ん?ステータスの右上にメールのマークがある。俺はそれを押して見た。

[やっほー。運営でーす。君のステータスについて伝えておくよ。君は全プレイヤーの中で唯一スキルをランダムで選んだんだ。このゲームはランダムでスキルを選んだ人にだけレアスキルまたはユニークスキルが当たるようになっていたんだよね。そこで、君はまさかのレアスキル2つにユニークスキル2つ当ててこっちもびっくりしちゃった。そこで、君には博打マスターの称号を与えてついでにおまけで鑑定のスキルLvMAXであげたよ。チートおめでとう!ちなみにアイテムもすごいレアなの当ててるから確認してみるといいよ。じゃあこの世界を楽しんで頑張れー。]

 なるほどねー。俺ってかなり運良かったんだな。バレたらめんどくさそうだな。まあ命かかってるしチートは大歓迎だけどな。

 とりあえず鑑定スキルあるしスキルと称号の確認でもしようかね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 武術・・・全ての武器に補正がかかる。

 全魔法・・・全ての属性の魔法が使える。属性は10個あり無、火、水、風、土、木、の基本属性と雷、光、闇、空間の上位属性である。

 経験値支配・・・経験値に関するあらゆる事を支配できる。レベルによってできることが変わる。
  Lv1:  経験値分配(自分のみ)

 指揮強化・・・自分が指揮する人、魔物に対して全ステータスが2ランクアップする。

 博打マスター・・・賭けに勝った男に授けられる。運がSになる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 これやばいぐらいチートだな。武術も魔法も全て使えて、さらに条件が厳しいがステータスもあげれて、ダンジョンマスターとしてめちゃくちゃ最強の指揮強化。
....博打マスターは置いとくとして。
これは、俺の憧れるチートダンジョン運営ができるじゃないか!神様いや運営様いや俺の運ありがとう!

 ・・・・5分後、よし落ち着いた。次は、アイテムだな。こっちもかなりいいのが当たっているといっていたし楽しみだ。確かダンジョン機能の中にあるダンジョン倉庫にアイテムは入っているはずだ。

 あったあったなになに.....えーっと本当にこれか?

<調味料生成機>
       お金を入れることによって調味料が生成される。
  (生製される調味料の値段は地球基準)

 確かに調味料は生活には必需品だけど...これ本当レアか?

 まあとりあえず作ってみますか。




「チートなダンジョン運営〜No.1目指します〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く