話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

かわいい俺は世界最強〜俺tueeeeではなく俺moeeeeを目指します〜

ヒイラギ ソラ

20話 ちょびっとモブ子C

「私はーー」

そうモブCが口を開きました。

「アレン様に口説かれたなんて、畏れ多いことは言いにきたんじゃないんです」
「はあ? だったら何しに来たのよ」
「そうですわ。ここに座る者はそういう方なのだと心得ておりましたが」

予想外過ぎるモブ子Cの言葉に、モブ子A Bは呆れているようです。そんな反応にモブ子Cは慌てて反論します。

「わ、私一言もそんなこと言ってません。ここに来たらいつの間にか座らせられたんですもん」
「でもあんただって『アレンさん!』って言って入ってきたじゃない」
「それはそうですけど。私が話をする前に座らせたじゃないですか!」
「うっ」
「そうでしたわね……」

これには分が悪いと決まり悪そうな顔をする二人。大人しくしていたモブ子Cの反応に驚いた面もあるのでしょう。
かく言う私もそれは同様で、小さなモブ子Cは大人しくもしっかりと言うべきことはは言えるようでした。これは私が聞き出す必要もなさそうです。

「そ、その責めているわけではないんです。すいません」

まあ、弱気であることは思い違いではなかったようですが。

「続きをお願いします」
「は、はい。
私、アレンさんにまた遊びに来て欲しいだけなんです」
「どういうことですか?」
「私が住んでいるのはこの街唯一の孤児院なんです。身寄りのない子供や、あっても劣悪な環境の子供が住んでいます」
「では、あなたもですの?」
「はい。私は両親が亡くなったらしいので、小さい頃から孤児院で育ちました」

らしい、ということは覚えていないという事ですか。

「それがどうしてアレンに遊びに来て欲しいってことになるのよ」
「またと言いましたわね。ということは、以前にも?」
「はい。アレンさんは、孤児院にお忍びで遊びに来てくれていたんです」

なんと、思わぬところで新情報が出てきました。それもかなり意外というか、優しい情報です。

「……」

アレンはというと、さすがに居心地が悪そうに目を別に向けていました。

「それだけじゃなくて、孤児院にいろいろな寄付までしてくれているんです」
「アレンさんがですか?」
「はい。お金も、服も、食べ物も、絵本も、色々とです」
「へぇ、アレンが……」

モブ子Aは意外そうに、ですが感心の声を漏らしました。私も同感です。巷じゃ問題児扱いですが、モブ子Cからしたまるで英雄扱い。噂とのーー表向きとのギャップがあります。……この男、ギャップ萌えをさらに使いこなしてくるとは。

アレンを褒められてどこか誇らしげなモブ子Cは、しかし少し顔を暗くしました。

「ですが、ここ最近は孤児院に来る頻度が減っているんです。だから、どうしてなのかを聞きたくて……」
「……俺もメトカーフ家をいずれ継ぐ。そのために最近ではセレントだけではなく、他の街にも視察をしている。単純に、忙しくなって行けんだけだ」
「そう、なんですか。よかったです。小さい子達も、みんな心配してたので」
「……近いうちに顔を出す。チビどもにはそう言っておけ」
「はい!」

ぶっきらぼうに言ったアレンに、モブ子Cが笑顔で応えました。ああ、これが大体中学生くらいの女の子の本当の笑顔ですか。今の私ではなくカナデとしての私に引けをとらないものです。

「しっかし、アレンが小さい子趣味じゃなくてよかったわ」
「そうですわね。だとしたらあなたをともかく、私ではとても趣味に合いませんもの」
「はあ!? どういう意味?」
「そのままの意味ですわ。足りてないのは胸だけではないようですわね」
「なんですって? 」

わあ、本当にどこからでも喧嘩を始められるんですねこの二人。しかもその原因は二人にではなく、その間にいるモブ子Cにあるという意味不明なもの。
これにはモブ子Cも堪ったものではないでしょう。その証拠にモブ子A Bの喧嘩に割り込もうとしていますし。

「ちょっ、私だってもう少しで成人です。小さい子趣味ってなんですか! まだ成長期です!」
「は、はあ!? あんた今いくつよ? 」
「15です。来月には成人です」
「ほ、本当ですの? 10歳くらいにしか見えませんのに」
「本当ですっ」

確かに、モブ子Cはそれくらいにも見えなくはありません。……年齢詐称とまではいきませんが、やや外れ気味ではありますね。

「だから何よ! あんたはアレンにとっては圏外なんじゃないの? それにあんたには関係ない筈じゃ」
「ア、アレンさんが誰かと付き合ったら孤児院の子が悲しむんです。アレンさんは憧れの的なんですよ、うちでは」
「その子たちの思いはまだ幼いが故な過ちですわ!」

ぎゃあぎゃあと喧嘩する3人。もともとうるさかったモブ子A BにCまで加わると、本当に仲のいい友達ーーいえ、三姉妹に見えます。
そのことに何か意味があるのでしょうか? いえ、あるのでしょう。それは私が一番よく知っています。

そんなシリアスな展開もいいですが、さしあたってとりあえずは、

「少し席を外させていただきますね」

トイレ休憩としましょう。

「かわいい俺は世界最強〜俺tueeeeではなく俺moeeeeを目指します〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く