Alice in the Darkness~闇の国のアリス~

闇狐

キャラクターズメモ

【アリス・ウィンターソン】

・赤ずきんことジャンヌ・ド・アーク(母)と、父、ジェフ・ウィンターソンの間に生まれた一人娘。
先天性の色素性乾皮症を患い、昼間は屋内に籠り、皆が寝静まった夜に外出する。

・14歳

・武器は母親から伝授した投げナイフとバスタードソード

・メルスケルクの街に在住

・巷でも『夜のアリス』と呼び親しまれている

・首から下げるタイプの懐中時計を愛用している

・サイコパス

・時よりドS

【ジャンヌ・ウィンターソン(母)】

・アリスの実母

・34歳

・18歳の時にミントンこと『おじさん』とメルスケルクに行った事をきっかけに移住を決意

・専業主婦

・武器は投げナイフとサバイバルナイフ

【ジェフ・ウィンターソン】

・アリスの実父

・37歳

・石炭採掘(鉱業)を生業とする

・住み込みで仕事に勤しんでる為、中々家に帰る事が出来ない

【マッチ売りの少女(エリカ・ノーラン)】

・メルスケルク中央通りにてマッチを売り続ける少女(尚マッチは人様の家から盗み取ったものの模様)

・ホームレス

・元々は三人家族だったが、ある時、両親が買い物に出掛けたっきり帰って来ず、そのまま蒸発。

・13歳

・孤児

・マッチは一箱55※ピソカと比較的安め
※1ピソカ=1円

・いつもお腹を空かせ、メルスケルク中央通りの中にあるパン屋で本来は廃棄処分される予定の※『食パンの耳』を頂いて飢えを凌いでる
※一袋26ピソカ

・エリカ(花名)の花言葉は『孤独』。
その他にも『博愛』・『希望』等沢山有ります。

【クローバー・ダーマー】

・※『ジェフリー・ダーマー』の娘

・17歳

・修道服に身を包んでいる

・眼に光が無い

・暗緑色の瞳が特徴的

・バスタードソードが武器

・アリスとジャンヌ(赤ずきん)を殺害するようジェフリーに命令される

・ジェフリーに服従している

・父親(ジェフリー)の口車に乗せられ、ジャンヌとアリスを仇だと思い込んでいる

・クローバーの花言葉は『復讐』

※ジェフリーは過去にジャンヌに振られ、お負けに牢獄送りにされた事を心の底から恨んでいる(逆恨み)

※ジェフリー・ダーマーについて、詳しくは前作の『Little Red Riding Hood』を参照して下さい

【誘いの白兎(カモミール・ウィアー)】

・16歳

ラシュール帝国出身

・孤児

・脳天気

・先天性白皮症(アルビノ)を患っており、巷では『誘いの白兎』と呼び親しまれ、しかし、その影では「アルビノの肉を食した者は、生涯、健康、権力、幸福の面で恵まれる」と言われており、常に町民に命を狙われている

・ハッタが時間の合間を縫って作ったうさ耳のカチューシャを愛用している

・護身用として『鉤爪』を腰に紐で括り付け、ぶら下げている

・両親と共にラシュール帝国からスピルス国へ亡命を図るも、国境付近で両親はラシュール帝国の警備兵に狙撃され死亡
※父親はラシュール帝国の兵士だった

・現在はメルスケルク街の孤児院に在住

・洋菓子屋でアルバイトをしており、夜になるとハッタと共に路地裏の廃屋の中でお茶会を開き、形が崩れてボツとなったお菓子等を並べて賞味している

・カモミールの花言葉は「清楚・逆境に耐える・貴方を癒す」

【バードック・ハッタ】

・17歳

・サリオスの村(スピルス国)出身

・孤児

・天真爛漫な性格

・カモミールと同じくメルスケルク街の孤児院に在住

・幼少期に両親から虐待を受け、10歳の時に耐えきれず家出。首元には焼き鏝で『服従奴隷』と記された文字を焼印されている。尚それも両親からの虐待の証拠の模様。

・メルスケルク中央通りの帽子屋でアルバイトをしている

・夜中にこっそりと孤児院を抜け出し、メルスケルク中央通りの路地裏の廃屋でカモミールと共にお茶会を開いている

・バードック→[意味]ゴボウ→ゴボウの花言葉→「私に触らないで」「しつこくせがむ」「用心」『「私を虐めないで」』

「Alice in the Darkness~闇の国のアリス~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く