青い花に寄せて

増田朋美

概要
音大を舞台に、裕福でプライドが高いつぐみと、まずしいながらも、懸命に努力する輝との対決を描く。

登場人物
つぐみ
今時の学生らしい音大生、成績もよく、美人であると母親に誉められながら、育った。そのため、人間を大切にしていない。
土橋輝
つぐみの同級生で、被差別部落出身。家は貧しく、オンボロのピアノを弾いて生活している。
真智子、加代子、美里 
つぐみの、同級生。







「つぐみちゃんは、優等生で、勉強も運動もできていいわよね。それに、かわいいし、本当、お母さんの欲しかった物を、みんな持っている子供で、お母さん、本当に嬉しいわ。」
母は、よくこのことばをつぐみに口にした。そのために、つぐみは努力しょうとか、全く思わず、ただ答えをしっているだけで、誉めてもらえると言うことを見抜き、ただ、その作業を繰り返して、友達も多くつくり、小学校、中学校、高校も、トップクラスのせいせきで、教師からも、同じ言葉をもらいながら、何も心配することもなく、音楽大学に進むことができた。
入学式のとき、偶然隣に座った青年がいた。袖にほころびがある、市松模様の着物を着たその青年は、まるで江戸時代からタイムスリップしたのではないか、と思われた。丁髷こそ揺っていないが、とても、ピアノをやるような風貌ではなく、箏や三味線の世界に通用するような風貌でもなかった。
「土橋輝くん」
と、学園長が呼名をしたので彼が土橋輝という名前であると言うことがわかった。
それから、つぐみの音大生活が始まった。この大学は少子化の影響で、一クラスしかなく、輝とつぐみは、どの科目でも、同じクラスしかなかった。さらに座席が固定制だったので、つぐみと輝は、同じ席に座らなければならなかった。
「まあいいわ。」
と、つぐみは、思った。そのうち、土橋輝を、追い越すことができると。
まさにそうだった。輝は、どの授業でも、ほとんど発言しなかったし、小テストを、しても大して良い点数をとることもない。つぐみは、あらかじめ予習して、「答え」がわかっていたから、すぐに答えを言って、いきなり、80点、90点をたたきだした。さらに、彼女は、砂糖菓子のような、ともすれば売春婦のような、甘ったるい顔をしていたから、年老いた老教授にすれば、官能を刺激させられたようなものだから、ついつい彼女に口を、だしてしまうので、あった。
つぐみは、他のクラスメートからも、人気がでた。あるとき、クラスメートのひとりが、彼女をコンサートに誘った。名前を加代子といった。
加代子は、せっかちな性格で、ホールの開場時間にいなければいけない、とおもい、開場時間の一時間前に電車にのり、開場していないうちからまっていた。当然、つぐみは、まだ、いなかった。ところが、開演十五分前になってもこなかった。電話してみたが、話し中であった。開演ちょうどの時間になって、やっとつぐみは、やってきた。
「ごめん、出がけに電話かかってきちゃったのよ。でも、開演には、まにあったんだから、それでいいわよね。」
加代子は、まあ、初めてだから、とおもい、五分遅れて、開場に入った。

その数日後、クラスメートの真智子がつぐみを食事にさそった。
「つぐみさん、今日、食事しない?」
真智子は、きいた。
「ああ、勉強があるけど、、。」
「つぐみさんは、優等生なんだから、サボってもなんてことないじゃない。」
と、真智子は、のんびりした口調でいった。つぐみは、ぎろっとしためで、真智子を睨みつけた。少し気の弱い真智子は、
「ごめんなさい、やっぱり、たいへんなのね。つぐみさんが、どんな生活をしているのか、きいてみたかったのよ。頭がいいひとは、どんな暮らしをしているのかなあって。」
と、閉口したが、
「いいわよ。」
と、つぐみはいった。
「どこの店が良い?」
「プロントがいいわ。家にも近いし。」
プロントは、つぐみが毎日食事をしているみせだった。
「パスタ屋さんかあ。あたしもっと良いところしっているわ。そこは、サラダバーもついて、テイクアウトもできるわよ。」
「プロントにして!」
言葉を遮ってつぐみは、強くいった。
「ごめんなさい、、、。」
真智子は、しょんぼりしてしまった。
「プロントいきますか。」
二人は授業が終わると、プロントに入った。
「つぐみさん、プロントそんなにすきなの?」
「ええ、大学生だから、なるべく節約して、勉強しないとね。あたし、卒業したら、音大の教授になりたい。そのためには、勉強が必要よ。時間を蓄積することはできないわ。1日一時間一分一秒を、どう使うかが勝敗の分かれ道よ。」
「つぐみさんすごいわ。なんだか、キャリアウーマンみたい。そういう人って憧れる。あたしはそこまで目標はもてない。ただ、音楽が好き、歌うのが好きなだけ。親も、こんなよのなかだから、学歴なんて必要ないって言ってくれたし。」
国は、面積も狭く、首相が、政治のやりとりが上手ではないため、学校制度も、かなり変わっていた。昔はどこの大学に行ったのか、で、判断されることが多く、ある意味カースト制度に近いものがあったが、それは廃止され、全ての子供たちが、大学生になり、大学で、学んだことをアピールして、就職する方針に変わったのだった。
「あたしは、そんなの我慢できない。音大へきたんだから、音楽の教授にならなきゃ!」
「すごいね、つぐみさん、頑張ってね。」
と、真智子はいった。

一方、小さなアパートで土橋輝は暮らしていた。友達もおらず、親もいなかった。変わりに10人の子供たちと、若い女の先生がてを繋いで写っている写真が置いてあった。
明かりは小さな蛍光灯のみで、彼はピアノをひいていた。
静かに、悲しみを語っているような、音だった。

大学も、前記がおわり、夏休みがきた。つぐみは、夏休みの宿題を、さっさと片づけて、あとは、遊びにふけった。
「ねえ、真智子」
と、つぐみは電話をかけた。
「どこか遊びにいかない?」
「遠慮しとくわ。」
と真智子は、のんびりとこたえた。
「なんでよ、夏休みじゃない。」
「あたしは、人ごみとかだめなのよ。つぐみみたいに要領よくやれないし。つぐみ、宿題たまってない?」
「とっくにおわったわよ。」
「いいわね、頭がよくて、あたしはちっとも進まないわ。まあ、こんなことしてはいられない。宿題しなくちゃ。」
と、真智子は、電話を切った。
つぐみにとって、宿題とは答えを移すだけのもの。それさえやれば優等生になれる。その程度しかなかった。
新学期がはじまった。
また、つぐみたちは、大学に、通いはじめた。しかし、彼女におはようと声をかけてくれるひとは、激減した。真智子も、加代子も、つぐみがお早うといわなければ、挨拶をかえしてくれなくなった。
授業でも、つぐみを誉める教授は、いなくなって、しまった。前学期は、模範演奏なども、つぐみが担当していたがら、ほとんど起用されなかった。変わりに、よく起用されるのは、あの、土橋輝だった。でも、土橋はミスをよくした。だから、自分の方がうまいだろう。と、つぐみはおもった。
「土橋君は、間違いはあるけど、音はきれいね。」
と、ある教授がいった。土橋は、常に微笑むような、不思議な美しさのある男だった。それが、つぐみにはいやだった。美しい顔とは言えないとおもっていた。
ある日、ピアノの練習室でを練習し、家に帰ろうとすると、聞いたことのない、美しい音で、「革命のetude」を練習しているのがきこえた。弾いているのは、誰だろう、とおもい、音の方へ行って、部屋のまどから、覗いてみた。すると、弾いているのは、土橋であった!
何ということだろう、革命のetudeなど、弾けるような力は無いはずなのに、どうしてこんなにもうまくなったのか!つぐみは、腸が煮えくり返りそうになった。目は、嫉妬の炎で燃えていた。
「自分の立場をわからせてやる!」
と、彼女は、拳をつよくにぎりしめた。 


後期試験の日だった。まず、一般科目の、英語などの試験が行われた。つぐみは、土橋輝の机の下に、カンニングペーパーをおいた。試験がはじまると、つぐみは、わざと消しゴムを落とした。
「あら、これは、なにかしら。」
と教授がいった。
「土橋ではないですか?」
と、つぐみは、強くいった。
「いいえ、違います。これは、土橋君ではありません。その証拠に筆跡がちがいます。試験をつづけましょう。」
教授は、平気なかおをしていた。こういうことは、何回もおきているのだから。と言うことをつぐみは、しらなかったのだ。
そこで、つぐみは、どんな風に彼をいじめてやろうか、と考えるようになった。
まず、彼の住場をさがしてみることにして、下校する彼のあとをつけてみた。かれは、電車賃を払う余裕がなく、徒歩でかようしかなかった。はじめは、都会の中を30分ほどあるいた。そうして少しずつ田んぼばかりの道にかわり、さらに深い森に入った。つぐみが、疲れきって、もう歩けないと思ったとき、急に開けた土地にでた。そこは、小さな小さな村だった。その中でいちばん小さな家に、かれは、入った。そして、ひどく調弦が狂ったピアノの音が聞こえてきた。この音をきいて、彼女は、また気分がわるくなった。昔、彼女の祖父が家の近所に革の鞄を作る部落があった、と語った事があった。いわゆる、「かわた部落」というものだった。そして、この集落も、やたらと革の臭いがする。彼女は、土橋輝を潰すきっかけができたと確信した。
土橋輝は、オンボロのピアノでいつまでもひいていた。
つぐみは、「死牛馬所有権」という単語を知っていた。それは、農民や町人より、低い身分であることも、しっていた。土橋輝は、そのしそん。心の中で高笑いしながら、つぐみは、もときた道を帰っていった。
次の日。
つぐみは、いつも通り、真智子と加代子と登校した。
「ねえ真智子。」と、つぐみは、授業中、こっそりメールした。
「土橋輝君のこと、すきなの?」
「まあ、嫌いではないけど、、、。」
「やめときなさいよ、あなたにとって、よくないわよ。あの人は人種がちがうのよ。」
「そ、そう、、。」
と真智子は、送ろうとしたが、誤って別の女子生徒である、渋谷美里に送ってしまった。渋谷は、このクラスのボス的な存在で、彼女が何かいうと、重大なことのようにかんじられた。何より、渋谷は、恵まれた家庭に育っていたから、人の不幸 をネタにするのが、大好きだった。
その渋谷が、メールを受け取ったことにより、次々にメールはおくられて、土橋輝が部落の生まれで、いまもそこにすんでいる、という情報は、クラス全員に知れ渡ってしまい、土橋輝は、机に落書きをされたり、鞄を女子トイレに隠し、取りにいかせ、その模様をスマートフォンで中継されたり、あるいは、通学用のくつを燃やされたり、、、。様々ないじめをうけた。
あるとき、大学の学園長が、緊急のしらせがあり、教室にやってきた。
「えー、諸君。」
と、学園長は、いった。
「なぜ土橋君をいじめるのかね。そもそも、発生させたのは、だれなんだ!」
「真智子です。」
と、つぐみは、はっきりといった。
「真智子、おまえがやったのか?」
真智子は、答えない。というより、気が弱いから、学園長の話し方が怖い、と感じてしまうのだった。
「返事がない、ということは、お前がやったと言うことだな!よし、お前に退学を申し付ける。」
他のクラスメールは、笑ったり、囁いたりした。
「あの子、弱いもんね。」
「ほんと、おっとりしてるけど、実は腹黒いのかもよ。私に、メールしてきたんだし。」
と、美里がいった。
「ま、不純物がいなくなってよかったわ。そのうち土橋も、退学になるわよ。」
と、つぐみは、ひそひそといった。
次に土橋を潰すつもりのため、彼女は、様々なコンクールにでて、本戦にのこり、賞を獲得した。日本の音楽では、最高位のコンクールにも出場した。この様子はテレビでも、中継された。つぐみは、ブラームスの大曲、「ピアノ協奏曲第一番」を弾いた。結果は一位をほかの学生にとられてしまったが、二位に入り、彼女自身は、悔しがったが、他のものは、絶賛した、彼女は、報道陣のインタビューでこうかたった。
「今まで生きて来た中で一番しあわせです!両親と、教授に感謝します!」


「青い花に寄せて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く