話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

種族ガチャ

ミラRISE

異世界留学⑧

久し振りにあって声をかけようとした遊矢だが、その場で話しかけることは無かった。それはもう1台の馬車がから出てきた異様な2人から、近ずき難い雰囲気が漂っていたからだ。
先に出てきたのは体の四肢が以上に細い白肌のホラー感漂う男と、後から出てきたデブ・豚などが似合いそうなブクブクと太ったギトギト肌の豚野郎だった。

前後の馬車から降りてきた4人がとても雰囲気が違いカリーナに聞いてみたところ、この国の公爵家の当主アジルダ・カインズと言い聞く噂は、裏で人身売買をしているだのこの国を乗っ取ろうとしているだのロクな噂が無いそうだ。だが何故そんな奴らと翔の兄貴はい一緒に居るのだろうかと遊矢と同じく疑問を持つ陽は考えていた。その場で1番先に行動を起こしたのはやはりと言うべきか遊矢だった。後にいた異様な二人もこの国の人間だと知ったら安全だと感じたのか翔陽の元へと走り出していた。
その場の知人は皆揃ってこう思った「やってしまった」

そんな事は見ず知らず久しぶりに会った翔陽に遊矢は突き飛ばすような勢いで、翔陽の元へと向かっていた。何故そんなに翔陽の元へ行こうとするのかそれは身内の関係上今日がない事だった、遊矢の従姉妹や兄弟は1番上に姉の浴理沙、その下に従姉妹の芳乃がいてそれと同年代に翔陽がいる。そして一番下に遊矢がいると言うような順番なので、上の女子二人には妹のように扱われていた。だが翔陽だけはちゃんと男として扱ってくれていたと思う、なので遊矢は翔陽のことが好きなのだ。

だからこうして久しぶりに会った翔陽に遊矢は思いっきり飛びついた。

「誰だ!?」

「お久しぶりだな翔兄〜」

「おお遊矢か、やっぱりここに来てたのはお前達だったか」

「そうだぜ、なんせ俺たちは1位になってここに来たんだからな」

「俺もあのイベントは1位を取ったぞ」

「なんだよそれなら何も自慢できないじゃんか!」

遊矢は普通なら会うはずのなかった翔陽に自分の自慢話を持ちかけた、だが翔陽はそれを簡単に一位を取っていてそれを聞いた遊矢は自慢にならなかったことでちょっと拗ねていた。
だがその場にはもう1人居るのを遊矢は忘れていた。

「うおぉぉぉぉ!遊矢ちゃんだ!遊矢ちゃんきたぁぁぁぁぁ!」

「ひっ!」

「ぶへっ!」

そう遊矢の大ファンの隆こと神山隆二だ、目の前に憧れの存在である遊矢がいれば発狂するのもしょうがないだが翔陽は遊矢がびびって自分の後に隠れた事で反射的に隆の頭にチョップしていた。

「翔よ何するんだよ、めっちゃ痛いじゃねーかよ!」

「遊矢が怖がってるだろバカが、そんなんじゃお前関わりもてないぞ良いのか?」

「ぐっ!それはダメだ、ごめんね遊矢ちゃん驚かせて会えてつい嬉しかったものだから」

「い、いいぜべつに…あんな事でびびったりなんてし、してないからな」

遊矢はべつにびびってはいないと言いたかったのだが、最後の近付くにつれ声が小さくなって行ったため嘘だとすぐバレた。そこで陽が後から近づいてきた。

「お久し振りですね翔の兄貴」

「お!遊矢がいるから何となく分かってはいたがお前も来てたか、これからも遊矢のこと頼んだぞ」

「大丈夫ですよ、それよりこのあと暇だったりするなら稽古を付けてくれませんか?」

「そうだなここより向こう地球人の土地に帰ってからにするかもうすぐ休みだから従姉妹全員揃って遊矢の家に泊まるんだよ」

「翔それはホントか!?」

「いやお前は連れてかねーよ?」

「クソっ!何故お前の身内は美人ばかりなんだ〜俺にもよこせよ!」

それは身内に頑張ってもらえと翔陽は隆二に伝える、そっち側の知識が壊滅的な遊矢はニコニコしていたが意味が分かる陽はとてつもなく顔が引きつっていた。そんな和む空気をぶち壊す人物がいた。

「えっへん、ソナタ達は誰でございましゅか?私達が誰だか分かっているでございましゅか」

そうこの国の近寄っては行けない権力者一位のギト油オークのアジルダ・カインズ公爵だ話しかけられた遊矢はとてもいやそうな顔をしていた。

((いや遊矢(ちゃん)そんなに嫌そうな顔はしないでやってくれ、いずれはこの国を守るらしい人物らしいから、せめて本人の前だけは…ね?))

「それよりも我々は忙しいのでしゅ分かったらそこをどけでしゅ」

そしてそのオーク公爵に翔陽達はついて行った、別れ際に遊矢と陽は「またね」と言っていた。

だがこの時は誰も気づきはしなかった、オーク公爵とその従者から起こる大きな戦争となるであろう事件がこのあと起こることを。


「種族ガチャ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く