話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

種族ガチャ

ミラRISE

SS1

女になって2ヶ月が過ぎる頃、とんでもない事件が起こった…



「遊矢くんちょっとこれを飲んでくれ!」

「は?」

今現在俺に何やら怪しい物を飲ませようとしている人物が居た…
化学の天才番田浩介はんだこうすけ彼は科学に限定しては誰も勝てない変人的な天才だ、なのに通販に売ってあるものを買っては実験しているちょっと…いやかなりの変人だ。そして彼が今渡してきたのは、

「これは通販に売ってあった1番有効性のある若返り薬だ!それをこの科学の申し子浩介が改造に改造を加えた、本物の若返り薬だ!」

「それを何で俺に?」

「受けてくれそうだから」

その回答を聞いた瞬間体の右半身が勝手に動いたが、浩介には届かなかった。それは浩介が持っている写真のせいだ、その右手にある写真は何と俺のだらしない寝顔の写真だった。ただそれだけなのになぜ俺が殴れなかったのか、それには続きがあった。それは机の下の下半身のスカートが少しめくれてパンツが丸見えになっていたからだ。

「それをどうした!」

「たまたま寝ている所を見つけたから写真を撮っていたら、写っていた。それでここから先のことも理解できるだろ?」

「っ!」

言い終えた浩介はその若返り薬とやらを俺に押し付けてくる、今は今日最始の授業体育の休み時間だったので体操服のままだ。面倒くさくなった遊矢は着替える前に茶々っと終わらせようと、その薬を飲んだ…

数秒後自分が倒れた事に気づくと、手を付いて立ち上がる。

(あれっ?いつもより目線が低いな…めちゃくちゃ)

「やったー!俺の科学の力は本物だった!」

浩介の声がした方を見ると、とてもでかい浩介が佇んでいた。

「なりがそんなに、うれちいんだ?こうちゅけ」

「成功したハズたのにこれではやりすぎだ、もうちょっと薄めなくては」

遊矢はブツブツと呟く浩介を無視して自分の体を確認する、だっていつもより体が軽いんだもん特に胸が。

目線をしたに向けると、白くスベスベの肌があり手足は今にも折れそうな程に細いそして胸部はスレンダーな真っ白な肌を覗かせる裸の少女の体があった。

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

咄嗟に足元に落ちていた体操服をあげるとある音がした、その一瞬を象るかのような清々しい音が俺の耳に入った。

パシャッ

目の前から聞こえたそれは浩介のではなく、俺の1番仲のいい親友の残念系イケメンの陽だった。
遊矢は「早く消せっ!」と叫ぶ前に陽が一言。

「遊矢早く服着たら?」

陽に補足されてすぐさま服を着る、だが忘れた訳では無いちゃんと消させる!

「ちゃんとふくをきたぞ!らから早く写真をけせ」

「クッッッッ、したが回ってないなぁ。そうだな1つ俺の言うことを聞けそしたら写真は消してやる」

「そうか!ならはりゃくしりょ」

「おい浩介、この薬は期限があるのか?」

「あるよこれはまだ試作品だから1日持つか持たないかそれぐらいだね」

「よし、それじゃあ俺からの命令は…
その薬が切れるまで俺に世話をさせる事だ。絶対にNOとは言わせない」

「わ、わかった」

そしてこれから地獄の1日が始まった、最初の地獄は着替えだった。なんせ扱いが幼稚園の妹と変わらないからだ、万歳されられたりまじ恥ずかしかった。
そして挙句の果てには、体をタオルで拭いてきた。

なんれそこまれするんら何でそこまでするんだ!」

「お前の事だからどうせ雑にするだろ?」

なれわかっらなぜ分かった

「いや、ただの姉の受け売り。妹がどんな感じが気になってやってみたかった、あ〜俺も妹が欲しい」

そう言いながら陽は体を優しく拭いてくる、めちゃめちゃくすぐったいついつい口から笑い声が出てしまう。今の体はほとんどの刺激が快感って言うよりくすぐられた感覚に近い、体を拭き終わった陽がある事を呟いた。

「そう言えばパンツどうする?」

「あっ」

そして出た答えが横を縛ることで収まった、収まってよかったのか?結局最終的な服装は着替えようの体操服にパンツということになった。

理由は、
うちの学校の体操着はトップスがとても長い普通よりは、それなので今の体だとちょっと長めのワンピースと同じくらいなのだ。そしてズボンを履かなかったのは、単にぶかぶかだったからだ。前も細かったらしいのだが今はそれよりも細いらしい、俺って大丈夫なのか?

先生には承諾を得たからOKだ。

そして更衣室で着替えた後教室に戻ろうとすると陽から手を繋がれた、解こうと手を振るとさらに強く握られた…ちくしょー。そして教室への帰り道何人もの…いや殆どの女子生徒に捕まった、そしてその全員が俺の名前を知っていた。

そうだった俺ってばCMに出てたんだ。

そんなこんなでやっと教室に付いた、何人と写真を撮ったことか。ここまで教室に帰るので苦労した事は無かったな。

「種族ガチャ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く