話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

種族ガチャ

ミラRISE

異世界留学④

「ユウヤさんはいらっしゃいますか!」

「ここに居るぞ〜、昨日ぶりだなおっさん」

遊矢の発した言葉でこの場にいた王族と陽以外の人々が、時を間違えたかの様に動きを止めた。その中でも遊矢は普通に会話を進めていく。

「で?なんでおっさんとカリーナがここに来たんだ?」

「えっとですね、ここで女性を掛けて男二人が決闘すると聞きましたので、もしかしたらと思いまして…
結果はどちらが?」

「俺だよ女王様」

「あらヨウさんではありませんか…やはり自分の女性は譲らないのですね」

「ああ、そうだな…遊は俺の嫁だ!」

陽が馬鹿みたいなことを叫ぶと同時に遊矢の飛び蹴りが背中に炸裂した、蹴られた陽は5m先の壁に刺さっている。

「それよりカリーナ何か用があるんじゃなかったか?」

「あ!そうでした、ユウヤさんに会いたいという人が王城に参られているのです。2人でですが」

「王城だな!チャチャッと終わらせてくるぜ」

そう言って今さっき発動していた、『飛行』の魔法を発動した。遊矢の背中に6つの白く大きな翼が出現すると周りからとてつもない歓声が上がった、だがそんな事を気にせず王城に向けて遊矢は翼を羽ばたかせる。

〜学園〜

遊矢が王城に向かった後、王様たちは今さっきの事が夢なのではないかと考えていた。

この現地民達は4つの髪を崇めている。一柱目は力の象徴『ガザーロス』と言う神、その見た目はムキムキのナイスガイで神器は金に力の象徴の色、赤を基調としたグレートアックスの『ファイロン』と言う物を使っている。

他に二柱の知恵の象徴『メフィストス』と言う神、体格は決して凄い訳では無いが魔導士の正装ローブを広めたとされている。愛用の神器は世界樹から出来たとされる白に金装飾の『カークス』と言う杖を使っていた。

三柱は製作の神『ガジロガス』と言う神、低身長だがそれを隠すかの如く筋肉が全身に均等にかつ威圧のある虎のような見た目をしている。他の二柱の神器を製作した本人だ。金色色に宇宙の様に透き通る黒の入った槌『グロウスレスポンス』と言う物を使っている。

最後に他の三柱とは違う生みの親である創造神とされる通称慈愛の神『カルヒナ』と言う神で、透き通る銀の髪に6つの翼、清潔感のある純白の服を着た全てを射止める様子をしている。神器は無いが神々を作り出し力を与えたとされる。飛行魔法は風を使った物だったが、遊矢はそれを完成させていた。

そんな姿が似ている遊矢を目にして陽以外の人々は女神『カルヒナ』に手を合わせる、だがその場に居た陽は周りの行動に結構引いていた。
後で理由を聞かされた時は「流石俺の嫁」と叫んでいた。

〜王城〜

遊矢は空から王城の正面の庭に降りると集まった騎士達が全員揃って片膝を付いて口を揃えて「女神カルヒナ様に栄光をこの世界に名声を」と言っていた。何も知らない側としては困るので聞いてみると創造神でした…

何とか納めて貰い案内させると応接室に案内された、中に入ると見知った顔と久し振りに会った顔があった。

1人は遊矢の父親の司、そしてもう1人は…
司の親友で国家の軍事を仕切る総長秋慎甲哲あきまきこうてつだった、会うのは実に7年振りだ。見た目は変わってないはずなのに男から見てもとてもかっこよかった、だが性格は(知人には)優しく知り合いは少なく仲のいい人ばかりだそうだ。

「実に久し振りですね遊矢さん、7年振りですか?お世辞抜きに美人さんになられましたね、私としても嬉しい限りです」

「そうだな!お久しぶりだね甲兄さん、兄さんはかっこよくなったな!惚れちまうよ」

「おいおい俺抜きで盛り上がるなよ、そこは「お久しぶりお父さんっ!」って言って抱きつく所だろ…」

「うるせぇ、変態親父!」

司の妄想に遊矢が思いっきりツッコミを入れると、司は固まったあと部屋の隅に行き体操座りで何かつぶやきだした。だが2人はスルーで話を進める。

「それで2人は何でここに?」

「えっとですね概ね司が会いたがって居たからですが…この国の王様に色々話すことがあるからですね。」

「あのおっさんに?」

「えぇ、は〜。遊矢さんは司と一緒に居たから口調が荒いのですね…これは全部司のせいですね」

俺と甲兄さんの話が終わる頃に扉がノックされた、声を掛け入ってもらうとそれはおっさんにカリーナ、王妃と第1王女のリリカさんだ…あれ?ボンボンは?

そんな事を無視して話を聞くと親父達は交渉をしに来たらしい、そこで人間最強の甲兄さんを連れてくるのはどうかと思うんだけどな。
その話が終わると今日学園の話に移った。
親父が決闘の掛けに俺が使われたと知った時のあの顔は凄かった…後に虎と龍と雷神が見えたよ、顔は鬼だったし。周りの人は俺と甲兄さん以外は恐怖でガチガチになっていた。
特におっさんの顔が凄かった、俺と親父が家族だと言うことと。掛けに使われたことで切れた親父が、この国を破壊するかもという考えが浮かんだんだろう。

「種族ガチャ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く