話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

種族ガチャ

ミラRISE

異世界留学①

〜合宿から4日後〜

合宿の上位20チームが現地の人達とのあいだに作った、壁の前に集合している。取り敢えず挨拶をして色々知り合った、その後グループ分けでは陽と一緒になった。

でも今回は行きと帰りだけのものだから、そこまで考えなくていいらしい。

〜道中〜

「そう言えばさ遊矢ちゃんと陽は付き合ってるのか?仲良さそうだから、つい聞きたくなるじゃん。美男美女のカップルは爆ぜたがいい」

「話を勝手に進めんな!遊とはまだ付き合ったことねぇよ、それよりも静かにしろ遊寝てるから」

「あっはいすみません」

それから会話もなく沈黙だけが続いた。

〜王城〜

街お進んだ先、この街の中心に位置する大きな城に今向かっている。王城らしいそれの前にある扉を見てつい口から「おぉぉぉ!」と、声が出てしまった。その扉の前で止まると兵士の人が近寄ってきた、なんか西洋の兵士1みたいな格好の人だ。

「ここは王城だ!何用で来たかを話せ」

「私達は同盟先『元球地人』の人達を連れてきた、王様直々の事から接し方次第では死刑になるだろう」

「それはすみませんでした!どうぞお通り下さい」

なんで会話が分かるって?それはそうタクティクスに新しい魔法『言語通訳』を発動しているからだ、これが使えるのは俺と陽だけだ。

王城に入ってめちゃくちゃでかい部屋に案内させられた、陽曰く「これはテンプレの王室でのナンタラだろう」と言っていた。
王室?に入ると壁際に両方20人ずつ並んでいた、武器持っていてちょっとこええな。正面には豪華な服着たおっさんと、美人な女性それとぽっちゃり系おぼっちゃまと美人美少女姉妹かな?バランスわっる!

「今日は良く来てくれた、これから君たちは私の国にある学園に通ってもらう。何か質問はあるかな?」

「はいは〜い私達は学校以外は自由なんですか?」

「そうだ、宿代・食費・小遣いの分の金は渡そう。それとお主たちが重要人物だと言う事を表すためにこれも渡そう」

おっさんがそう言うと兵士の1人がある金券を持ってきた、おっさん曰く「王家の紋章で、無礼だと思ったものに罰を与えられる。手を出そうたしたらそれを見せれば良くて軽い罪、悪くて死刑になる」との事だった、横で陽が「これで俺も歩く法律になった」と嬉しそうに言っていた。歩く法律ってなんだよ使い方次第ではお前が歩く爆弾とか言われるぞ。

おっさんの話が終わると城の部屋へと案内された、内装はすごく豪華だ小さなシャンデリアが中央にぶら下がっていたり、金刺繍の入ったベットだったり。この部屋だけで家が、1軒買えるのではないだろうか…

そこで扉を軽快なリズムで誰かが叩いた、はいは〜いっと

「すみませんお時間よろしいでしょうか…」

「どうぞ入ってください」

「「失礼します(ま〜す)」」

うっわー、声が一人だったのに入ってきたのは2人かよ、1人目は囮かなにかなのか。

「すみません。私はこの国フォルサイダの第2王女カリーナ・フォルサイダと言います。周りの親しい人は皆リーナと読んでいます」

「私はこの国の第1王女リリカ・フォルサイダだ、普通にリリカでいいぞ。今さっき質問で名前はどっちだ?と聞かれたが…前が名前で後ろが苗字だ」

1人目の第2王女のリーナちゃんはおっとり系の美少女で、2人目の第1王女のリリカさんはクール系の美人さんだな。2人とも髪は青色で目の色はリーナちゃんが青でリリカさんは茶色?だな、それで2人ともスレンダーだな…2人して俺の胸をガン見している。

「えっと、俺は遊矢・芦汝です。出会ってるのかな?」

「ええ、あっていますよ。それでここに来た要件は、学園のことで説明しなければいけないことを伝えに来ました」

リーナちゃんから学園の説明は、
学園の名前は第1国家魔法学園だそうだ、学年は5学年で俺達は真ん中の3学年に入るらしい。理由はリリカさんが学園で1番楽しかった学年だからだそうだ、リリカさんは第5学年でとても暇らしい。

注意事項は、
・家柄や地位を使ったことをしないこと(1部例外あり)
・学園では喧嘩は決闘方式が採用されている
・学園外の問題に学園は一切関与しない

と言うのが簡単な説明だ。

説明の後2人して俺の胸をガン見から目を離し面と向かって、こう言われた…

「胸を揉んでもいいか(ですか)?」

と、皆が何故そこまでも見たがるのかわからない俺は、考えるのをやめちょっとだけならと許可を出した。

「うっわ!この胸はとてもいい美乳じゃないか!」

「そうです。何でこんなに大きくなったのですか?」

「し、知らん。気づいたらこうなっていた、でもお前らの母さんも結構な大きさじゃないか?」

「「それはそうだけど」」

「やっぱり言わなくていい」

そう言うと2人は手を離し、最後に明日学園に一緒に登校しようと誘ってきたが。まだ信用していなかった俺は拒否した、何?胸を触らせてただろって?気づいたのがその後だったんだよ!
その日はその部屋でゆっくり休んだ。

「種族ガチャ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く