話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

種族ガチャ

ミラRISE

新学期①

今日は新学期初日、皆それぞれに問題がある。もちろん俺にもだ…

「おい遊?学校に行って、婆ちゃんに言えば大丈夫だって。」

「でもさ、流石にこれはないぜ?」

長期休暇中は、ほとんどの生徒は学院を入れない。だから学校の事を忘れて制服………を変えに行くのを忘れていた。
自分のやってしまった事なのでどうしようもないが、これは流石にヤバすぎでわ?
と思ったが、もうめんどくなってしまった。なので男子の夏服を着て登校している。

今日は幸い、授業がないためいいが…

「それより今学期に文化祭だな」

陽の一言を聞いて、遊矢はとても憂鬱になってきた。
そんなに他愛ない会話をしながら登校した。



学園長(陽の婆ちゃん)に制服を頼んでもらい、学園長室から出た。

「なあ陽、結局この格好で1週間過ごせって言われちまったぜ?まぁ、クラスの奴らは知ってるからいいけど」

「何だっけ?確か胸のところがきついんだっけ?」

「おい!もろ口に出すな、結構恥ずかしいんだぞ!」

「あはは、ごめんごめん。でもそんなにきついなら、俺の制服貸そうか?」

「それって、間接的に俺がチビとかヒョロイとか言いたいわけ?喧嘩売ってんのか?」

(まあ喧嘩売ったところで、手足を簡単に拘束されて終わりそうだけどな…)

やはり陽と2人でいる時が、一番楽しいと遊矢はつくづく実感する。
楽しい会話が終わりを迎えると同時に、自分達のクラスへとたどり着いた。まず先に遊矢が扉へ手を掛け、扉を開ける。何故か扉を開けると教室内が静まり返った。

そして1歩中へ足を踏み入れると…

「「「うおーーー!!」」」

男性集の雄叫びがなった、そして女性陣に捕まえられ端の方へと移動する。

「なんで遊矢くんは、男子の制服来てるの!女の子なら女子の制服着ないと、それに…」

「ひゃっ!って何触ってんだよ、今日きつかっ…んん!?」

連れて行かれてすぐ、胸を揉まれるなんで…
なんて不幸なのだろう。陽に助けろと視線を向けても、苦笑いしか返って来ない。

「嘘でしよ!遊矢くん今日ブラつけてないの、こんな真の美乳が型崩れとか飛んだ罰当たりだよ!」

「その、前に…胸をも、むの…やめ、てぇ〜」

結局胸を揉まれ続けるのは、教員が来るまで続いた。教員の話があってる中、遊矢は陽を永遠とどついていた。

帰る時も、胸を揉まれ今回は陽が助けてくれて早く帰れた。下校中はとても沢山の生徒に見られていた、誰だよリア充爆ぜろゆう奴…俺も同じ意見だ。

そして今日やっとアカブが再起動された。この前のデスゲーム騒動で、死人は出なかったけど死の危険を感じた人は沢山いたらしい。

親父の会社『clock  memory』は、批判より早く復帰してほしい。とゆうコメントやメールが殺到したらしい、批判はライバル会社の人達だけだったらしい。

家に帰ってすぐ家の支度を終えて、VRを始める。あの事件のせいで、初期化されたがキャラは変わらないらしい。陽は、俺の努力が…とか嘆いてて面白かった。

今回は一般の人達でも、持っているのが普通ってくらいに制作されていたため参加人数が馬鹿にならない。だから初級拠点となる街は8個ほどあるらしい。

東西南北とその間の方位に位置していて、マップ自体も4倍ほどありまだまだ増えるらしい。

そして支度を終えた遊矢は、北の街から始めた。

「IDAlpha77」

この感覚も久し振りというほど、長く体験していなかった。眠る時とは違い、感覚で意識が遠のいて行くのが分かる。

オンラインして早速、親父が寄越したコードを読み取る。やはり親バカなだけはあると、つくづく思う。ステータスなんかは変わらないが、所持金と家と虹色のクリスタルが2個渡された。クリスタルにはパティシエと名前があった。早速発動すると、目の前には透き通る色の綺麗なスライムが現れた。

色々なアップデートで使役獣と言うガチャが増えた、と言っても獣がてることが全く無いらしい。よってうん行プレゼントとして獣確定ガチャ券が配られた、遊矢はパティシエをクリスタルに戻しガチャ画面をアイコンから開いた。

ガチャランクはしたから白色、赤色、青色、銅色、銀色、黒色、金色、プラチナ、虹色と言う順位になっている。虹色はボスの幼獣が多いらしい。

現に遊矢は2体持っていた。

元々はゲーム内通貨10万リーブルで1回引けるらしい。遊矢からしたら安い金だが周りからしたらとても高額なのだ、その癖ガチャの出が悪い。
課金をしても1000円で1回と言う高額さ、使役獣を持つのがどれだけ凄いか物語っている。

周りを見渡しても皆小さな鳥や犬で喜んでいる人はたいてい青か、銅で喜んでいる。多分スキル持ちだからだろう、人だかりの真ん中に黒色のスノーマン(フロストゴーレムの幼獣)を召喚している男が鼻が高そう威張っている。

遊矢は陽が来るまでの暇な時間にガチャを引こうと思い、アイコンをタップする。

今回ピックアップは金と黒の使役獣が少し出やすくなっているらしい、そこら辺が出たらいいなと思いガチャを回す。

目の前に手が入る程の小さな扉が出現し『IN』と書いてある、その中に手を入れると門が光出した。

何かに触れる感覚があり、掴み取ると手の中には…

「種族ガチャ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く