話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

種族ガチャ

ミラRISE

泊まりに行こう!⑥

〈おぉ、君か!君の近くにいる銀髪の子の親でゲーム会社『clock  memory』の総本部社長の芦汝司だ〉

〈………ええええぇぇ!?〉

〈どうした?そんな大声をあげて、それよりも先に君が作ったゲームデータをコピーしてくれないか。改善点がないか調べるから〉

〈よ、喜んで!ちょっとお待ちください〉

そう言って、俺にスマホを渡して部屋の奥へと走っていった。

〈親父…あの人に何吹き込んだんだ?〉

〈お、遊矢か1週間ぶりだな。いやぁ、俺がゲーム会社の社長しているからゲームデータを寄越せと言ったまでだが…〉

〈おい親父!人に物頼む時は、もうちょっとでいいから腰の位置下げろアホ!しかもなんだよ社長って、俺今まで聞いた事ねーぞ〉

〈おい落ち着け、可愛い顔が台無しだぞ〉

〈は?顔って相手の顔が見える訳ないだろ、しかも可愛いゆうな!〉

〈あははは、そうだ言ってなかった言ってなかった。えっとな俺が会社に行く前に、指輪渡しただろ。それにゲームで感じた体の違和感を注ぐイメージをしてみろ〉

言われた通りにする。体から何かが抜けていくかんじがする、身体全体から手先へと何かが動いていく。そして10秒ほど経つと指輪が光を帯びてくる、赤から緑、黄色、白へと色が変わっていく。
そして白色で色が止待った。

〈入れたぞ、白で止まった〉

〈おお!上手いな遊矢、出来たら頭の中で『顔認証』て言葉を思い浮かべて目を閉じろ。注意事項として、椅子かベットでしろよ〉

親父の注意事項に従い、ちかくにある背もたれの無いーーーーーーーーイスに腰掛ける。指示通り顔認証を思い浮かべ目を閉じる、すると相手の顔が見えた。

〈おぉ!これ凄いな、これもオヤジ達が作ったのか?〉

〈そうだぞ、現地の人達にこの惑星の謎についても色々教えて貰った。そのひとつに魔元素って言うものがあった、それの利用で作ったのがこの指輪。WitchcraftRing、別名タクティクスだ。それよりもいいのか?そんな格好でいて、今さっきの人来たぞ〉

何言ってんだか。と言い捨てながら、顔認証を切断する。意識が戻った時目の前には自分の足が開いた状態で、顔の横にあった。開脚を仰向けでしている体制になっていたのだ。

「わ、私は何も見てませんから!」

「だ、大丈夫ですよ。それより電話どうぞ」

体を起こし、埃を叩きながらスマホを渡す。今日ばかりは浴衣出来ていてよかったと思った、それでも胸元がちょっと崩れてしまった。

自分のできる最大の修復をした時には、親父達の話は終わっていた。係員、神崎さんは就職場所が決まったため大学を辞めるらしい。

「今日はゲームさせて頂きありがとうございます」

「こ、こちらこそありがとうございます!」

最後に神崎さんが写真を一緒にという事で、写真を撮って別れた。

ブースを出てで店を回っていると、芳乃姉達と合流した。会った瞬間にタオルをかけられ、胸元を隠された。はしたないから、ちゃんと隠さなければ行けないらしい。

それでもタオルが邪魔だから、バックに入れて歩くと来る時よりも大勢の人に見られるようになってしまった。
芳乃姉達はいつぞやの、カメラマンを近ずいたらボコボコにするを繰り返している。

その日は夜が遅くにキャンプファイヤーが行われた、祭りの日は1日目と最終日に花火。2日目は色々な出し物をする、3日目はキャンプファイヤーになっていた。

キャンプファイヤーの周りでは、色々な人が楽しそうに踊っている。芳乃姉達も彼氏や仲のいい友達と踊りに行った。俺はタクティクスをずっと弄っていた、ひと休みとして目を開けると。神崎さんが目の前に居た、俺は驚いていると神崎さんは笑顔で「踊りませんか?」と誘ってきた。あまりにも急だったため反射的に頷いてしまった。

「大丈夫ですよ、僕がリードしますから。こう見えても何故かしら人気ランキングトップ3で完璧超人って言われてますから」

「え、でも彼女さんと踊らなくてもいいのですか?」

僕には彼女はいませんよ。そう言って抱き寄せられた、普通男なら突き飛ばすのだが。神崎さんはとても優しい感じがして嫌な感じがしなかった。
手を引かれるまま、キャンプファイヤーの中心近くに行き頭を下げられた。突然の事で分からなかったが、ダンスをする際の礼儀作法らしい。
自分も頭を深々と下げ、ステップを踏む。神崎さんと踊っていると不思議とステップが踏めて、自分には才能があるのではと錯覚さえ覚えた。

「そうです。上手ですね、そのままキャンプファイヤーの周りを回りましょう」

俺がステップに慣れなのを見計らって、話し掛けてくれた。ずっと足元に注意していたため、バランスを崩しそうになったがなんとか踏みとどめた。

それからいっとき踊っているとアナウンスともナレーションとも言い難いものが、スピーカーから聞こえてきた。

『さぁーて、今日の最大のイベント〈お似合いペア今夜のイトナミ〉の結果発表に入っていきたいと思います!』

ナレーションから何か至らぬものが聞こえた気がした、神崎さんはとても優しそうにこっちを見ている。

『それでは順位3位は…5年B組の佐々木さんと2年A組の子波さんです!2位は…3年C組の金堂さんと仲田さんです。そして栄えある1位は…』

順位3位と2位の人は表彰台へと上がっていく、その隣には沢山の景品らしきものがある。結構品揃えや品質はいい様だ。そんな安直な考えが悪かったのか、最悪の結末になってしまった。

「種族ガチャ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く