話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

種族ガチャ

ミラRISE

泊まりに行こう!⑤


「ちょっと君、俺らと遊ばない?」

「いや俺らと遊ぶんだぞ、遅れた奴はどっか行け」

「はー?ふざけんな、ただチャラチャラしただけのような奴らが何言ってるんだよ」

(すまん何故俺の周りで喧嘩を始めるんだ?)

遊矢は無事ゲームブースに着いたのだが、人気だったらしく20分くらい待っていると。最初は前の人から声を掛けられ、次に後ろから声を掛けられた。
周りに迷惑だからやめろと言ったら「なら俺らと遊びに行こうぜ!」と答えになってない様なことを、返された。取り敢えず宥めよう。

「ちょっと、やめませんか?そんなに遊びたいなら2グループで遊んではいかがですか?」

と、遊矢らしい場の空気が読めてない質問を投げかけた。早く終わってほしいと思っている時、何とも嬉しい救いが来たのだ。

「次の人、入ってください」

「えっ!マジかクソっなんてタイミングで来るんだよ、終わったら遊ぼうね」

「よし、邪魔な奴も消えた事なし、どっか行こうぜ色々奢るよ!」

前の人がいなくなったことで、後ろの人に誘われた。自分は遊びたかったので、ここに残ると言おうとしたら。腕を掴まれ強引に引っ張られる。

「ちょっとやめろ、引っ張るな!離せ」

どんなに振りほどこうとしても、相手が大学生なだけあって全く離さない。流石に恐怖を感じ始めた、いつも強気な遊矢だがいざとゆう時は恐怖で足が竦んでしまう。

「ほらっ早く歩いて、これから色んなところ回るから。LETS   GO   SHOP!」

「やめて…離して…もう離してよ、もう辞めて…」

「次の方、中へどうぞ」

今にも強引に連れていかれそうになったところで、ここのブースの係員さんが男から離してくれた。突然の事に反応出来ず、係員さんに抱きつくような形で中へと連れていってもらった。

「大丈夫ですか?あと少しで前の人が終わりますので、ここでゆっくり休んでください。あっ!あとこれも」

と、ハンカチを渡して奥の方へと入っていった。係員は遊矢が男達に絡まれ、戸惑っていたため少しでも早く男達を引き剥がそうと、前の人はとても早く中へと入れて後ろの遊矢から離し遊矢も早く男から離していた。

その事に気づいた遊矢は、そこまで気遣える係員のイケメン男子にときめいていた。自分もあんな人間に成りたいと『も』思った。

「ある程度落ち着きましたか?あの男達もこの大学の生徒だけど、この大学に悪いイメージは持たないでもらえると嬉しいな。」

係員の男はそう、優しそうな笑を浮べて話してくれる。この大学は真面目な人が多い分それに反発する様なこと人が少数ではあるが、その分タチが悪いらしい。

「そうなんですね!あんな人ばかりだったらなんて思うと、従姉妹が可哀想だななんて」

「大丈夫ですよ。それより始めますか、それではまずこちらえどうぞ」

係員の指示に従って、小部屋へ行き注意事項を聞く。
今日1日胸にサラシとブラジャーをキツめにつけていたため、流石に外したくなった。元男子だったからなんの疑問もなく、係員の前でそれらを外したら「ちょっと待ってください!」と言いながら足早に部屋を出ていった。

再度用意が出来たため係員を呼ぶ、入ってきた係員は目を見開いて俺の胸をガン見している。

(一様ブラジャーは紐を緩めて付けているから、ポロリはないと思うんだけどな?)

「あっ!す、すみません。決していやらしい目で見ていた訳では無いのですが、とてもスタイルがいいんですね。って、そんな事じゃない。ではこれにアカウントを入れてください。」

「はい、わかりました。では『alpha77』」

久しぶりに開く自分のアカウント、今までゲームでも現実でも。二人称で自分の姿を見てなかった遊矢は、自分の姿を見て唖然とする。

腰の辺りまである長く透き通るように綺麗な銀髪、肌は真っ白で顔は小さく童顔だがそれでも大人びた顔つき。相変わらずの低身長に大きな、そうとても大きな胸胸をしているのに、バランスのとれたスタイルをしている。

そんな女の子が始まりの街で買った、キツキツのTシャツと一部丈のとても際どいホットパンツを履いている。

遊矢は、画面を見た後自分を確認。そしてまた画面と自分を交互に見比べる、俺ってこんな女の子なのか?と呟きそうにもなる。

(今度からもうちょっと服装をちゃんと選ぼう、どうせだから今度買い物にでも行くか)

色々な設定も終わってやっとゲームができるようになった。
ゲームがそこまでは好きとは言えなかった遊矢が、今では一つではあるかがとてもハマっているのだ。前の遊矢からは想像もできなかっただろう。

アーカイブオンラインのキャラではあるが、ゲーム設定は、だいたい格闘ゲームに入るらしい。

戦った結果、手加減してもらっても0勝10敗という結果になった。身体ではなく感覚的に動かさないとと言われ、口に出して動かしたが技が当たらなかった。

「すみません、この格闘ゲームって誰が作ったんですか?」

親がこの仕事関連だという事をこの前知った為、ちょっと興味が湧いた遊矢はつい聞いてしまった。

「す、すみません。余りこういうのは言わない方がいいですよね」

「いいえ、大丈夫ですよ。これのプログラムを作ったのは私です、アイデアは同じサークルの人達ですが」

(ここまで凄いものが作れるなら将来有名になりそうだな、そうだ!親父もなんか言ってたな「有望な人材が欲しい」とか何とか。聞いた方が早いな…)

「ちょっとすみません、電話に出てもらえませんか?」

「ええ、大丈夫ですけど…」

〈今変わりました、恒星研究調査専門大学のゲーム作成サークルの部長をしています。神崎と申します〉

〈おぉ、君か!君の近くにいる銀髪の子の親でゲーム会社『clock  memory』の総本部社長の芦汝司だ〉

〈………ええええぇぇ!?〉

二人の会話が始まると共に、遊矢は格闘ゲームを始めた。

「種族ガチャ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く