話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

種族ガチャ

ミラRISE

デスゲーム④


第2のボスの部屋を探している途中で自分達の1番求めていた、叶っても見ない情報の入った通知が俺一人……………に届いた。


〈遊矢、このゲームの設定の改善は終わったぞ!あとはお前達が自力で第3のボスを倒すことでデスゲームはクリアとなるらしい。
ただ、3回制限は消えてないから。くれぐれも死ぬなよ。
今お前の周りに俺も浴理沙も母さんも全員いるから頑張れ!
この事は周りに広めないでくれ、
最後に俺からのサポートだ、ユニークスキルのひとつを一時的に発動できるものだ。使えるのはこのデスゲーム中だけだが、これさえあれば出来るだろう。ボスは既に強化されているみたいだ。気おつけろよ。〉


その通知を見て俺は驚きを何一つ隠せなかった。何故俺にゲームをしてない親父からメッセージが来る?それにユニークスキルのひとつを解放?最後に姉さんとババアがいる!何故だ!あの二人はここ新惑星に来てから、別の都市に行ったんじゃなかったのか?まあいい陽だけなら信用出来るだろうから言っていいよな。

[陽、今ちょっといいか?緊急の事だ]

[なんだ?次のボスが分かったとかか?]

[お前らのβ版の時は何が出たんだ?]

[えっと、アイスゴーレムだったっけか?]

[それの強化された敵だと、どの辺だ?]

[フロストゴーレムにGFG当たりだな]

なんだGFGとは?G…ギャラクシー、F…ファイト、G…ゴーレムとか?ギャラクシーファイトって何WW

[ちなみにギガントフロストゴーレムの略称だからな、くれぐれもギャラクシーとかファイトとかは考えるなよ。バカっぽく見えるから]

[………]

何だろう、めちゃくちゃ顔が熱い。熱い熱い熱い!陽の顔をろくに見れないじゃないか。いや、キット気のせいに違いない。だからとりあえず1回殴っとく!

[うおっ!なんだよ急に、無言で殴りかかんな。]

[トーリーアーエーズッ!今回のボスもそこら辺の奴が出るから最初に行って死んでこい]

そんな2人のリア充の様な会話をしている、遊矢と陽を男子は嫉妬女子は好機の目で見ていた。

ボス部屋捜索開始から5時間後、無事発見出来た。その部屋の扉は白くくすんだエメラルド色の幻想的な扉だった。その部屋の扉を見て間違いなくアイスまたは、フロスト系のボスだと確信した。ただ今回は第1のボスと違い自分プラスお姉さんパーティーは前衛として参加することになった。
自分はお姉さん達リクエストで人族=聖女での参加になった。

各パーティーの準備が整ったと同時に、扉が禍々しい気配と音を立てながらゆっくりと開いて行く。

「第1陣突撃ー!」

「「「うおぉぉぉぉ!」」」

ついにデスゲーム始まって初のボス戦の幕が上がった。
ただボス戦が終わるまで第1陣だけでなく他の陣の見ながら、地獄を見た。

ボス部屋に入り姿を現したのは、中型の山と変わらない大きさのーーが佇んでいた。
ただただ大きく、それでいて魔法の威力は計り知れなかった。南極の山を背中に背負った。ふたつの頭の亀、急所どころか、ダメージが入っているかすら分からない。獄殺と大自然の怒りの塊と表すのが、最適としか思えないボスに前線組は頭を抱え悩んでいた。

「おかえりー」

死んでホームに戻り、俺と陽は2人して机に項垂れた。

「こんなの聞いてないぞ。β版の時は予定としかされていなかった、サブクエストのボスとか、しかも強さが半端ないわ!」

「どうしたの、ボス討伐に行ったんでしょ?収穫は何かありましたか?」

「収穫も何も、入って即効魔法一撃で死んだんだぞ!話になるかよ」

ボス部屋に入った一陣は、通称=極冷のツインタートルと言う大規模ギルド適正討伐クエストのボスを見て唖然と立ち尽くしていた。
動きが鈍いと思い、あるパーティーが突っ込んだ瞬間。パーティーが丸ごと氷の彫刻になってしまった。
ボスにはHPゲージがあり、強さによってゲージの量が変わる。このボスは8ゲージありファイヤーストームは5ゲージと言うように、馬鹿げた強さを所持している。
ひとつのゲージを飛ばすだけでも、相当な努力が必要だ。敵によっては、第1段階から第2段階に移行する敵もいたりする。

「せめて、誰か1人だけでもクリアできれば第3の街に転移出来るのに…」

「ちょっと俺行ってくる、先に寝ててくれ」

そう言い1人で外に出た。ただ誰一人として止める者はいなかった。止めれる者はいなかった、目の色を変え殺気立ったその姿に一言も言えるものはいなかった。

そして次の日の明け方、再編成された攻略チームが順次する中1人のプレイヤーが報告に入った。

「第3の街に転移ゲートが繋がったぞ、誰一人犠牲が出ずに突破出来るぞ!」

「「「「うおー!」」」」

その完成の中、1人したを俯き歯を食いしばる。大切な人が死地に向かって突き進むのを、ただひたすら眺める子しかできなかった自分に苛立ち哀れんだ。
そして誰にも聞こえないような声で

「ごめんユーこんな俺が親友なんかで」

と。だが陽のパーティーは聞いていた、いや、聞こえてしまった。陽の心の嘆きを………

「種族ガチャ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く