話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

種族ガチャ

ミラRISE

デスゲーム③

父、司視点



「ただいま~」

3ヶ月の残業を終えて、片道1時間の道を帰ってきた。遊矢の父親司です。

そんな苦労をして帰ってきた司は、とても浮かれていた。

「遊矢~、どこだァァ?おーい!」

ドスドスと音を立てながら家中を走り回る。そして遊矢がベットに横になりながら、自分達の努力の結晶、アーカイブオンラインとそれで遊ぶための機械

Consciousness  To enter  World

略してCTW6だ!ちなみに最後の6とは…
という事より、遊矢がそれを使って遊んでいた。親としては自分にかまって欲しいものだが、製作者としては遊んで貰えてとても嬉しい。

結局は起こさずに、自分1人で夕食を食べることにした。なんと今日は、私の大好きな…肉じゃがだった。遊矢は料理がとても上手いため大好きな料理だととことん手がすすむ。そんな楽しいひと時を過ごしていると、テレビにとても最悪なニュースが映った。

『えー、今実未明人気ゲームアーカイブオンラインのプレイヤーがハッカー集団によりゲームを終了出来なくなってしまいました。その対処として、まず最初にゲーム機を本人から外さないでください!ハッカーの動画には外すと脳との電気信号を体から完全に遮断される…ということだそうです。まずは、病院などに電話をお願いしますとの事です……』

カランっカラン

「嘘だろ、なんでハッキングなんてされてるんだよ!」

司は行き良いよく本社に電話を掛けた、その会話で帰ってきたのは。ゲーム内でGMと名乗る、元社員の金辻と言う男の犯行だとわかった。

私は唖然とする。ハッキングの対策として完璧な守りを作っていた筈なのにと、そして気づいたアップデートの時は守りを緩めなければいけない事をあの時の自分を殴ってやりたい。アップデートをオンライン中に実施するという考えを出した自分に…

それでも今はクヨクヨしていてはダメだ。まずは知り合いの大学病院の医院長に予約をして貰った。それからいっときして、医院長が直々に家に来た。そして病院の最上階、医院長室の隣にある部屋えと連れていってもらった。

その日はそこから遊矢の寝ている姿を見ながら、1日自分の失態に悔やんでいた。

次の日、遊矢のいる病室で目が覚めた。また遊矢を見て悔やみそうになった時、驚くような人物が2人入ってきた。

「お父さん!遊矢は!遊矢はどうなったの!」

「あなた、遊矢のことはちゃんと見といてと言っていたではありませんか」

物凄い勢いで入ってきた、透き通るような金髪の2人。涙を流しながら、遊矢の手を握る170cmはあるであろう女の子。遊矢の姉、芦汝浴理沙よしなありさとその母芦汝アリスだ。本当は10年前から、遠くの土地へと言っていたのだが何故かこの場にいる。

「遊矢がこの前新しいゲームをゲットしたと、教えてくれたのそれがニュースで酷いことになってるって聞いて直ぐに戻ってきたんだよ!」

そうかそうなのか、待てよ!アリスが帰ってきたのならもしかしたら行けるかもしれない!

「アリス!まだ腕は鈍ってなかったよな!ハッキングを解除する。医院長に言って取ってくる!」

「まさか!でも確かに、あなたが作ったのに不具合が乗じるのもおかしいわね。いいわやりましょう、一様のため自分の分は持ってきているは」

(よし、これならなんとか行けるかもしれない)

そしてハッカーとの戦いが始まった。

「遊矢っ!何とかしてやるからな!」

浴理沙視点


お父さんの機械が届いてからもう2日もたっている、2人は一睡もせず物凄い勢いで3台のパソコンを扱っている。

「よし、最終ライン突破!アリス!設定解除まで敵の妨害をしてくれ」

「えぇ、分かったわ」

2人とも凄いな、私には何も出来ない。そして司は自分の出来る設定の書き換えを終えた。そして最後にゲーム中の遊矢へ、一通のメッセージを送った。

〈遊矢、このゲームの設定の改善は終わったぞ!あとはお前達が自力で第3のボスを倒すことでデスゲームはクリアとなるらしい。
ただ、3回制限は消えてないから。くれぐれも死ぬなよ。
今お前の周りに俺も浴理沙も母さんも全員いるから頑張れ!
この事は周りに広めないでくれ、
最後に俺からのサポートだ、ユニークスキルのひとつを一時的に発動できるものだ。使えるのはこのデスゲーム中だけだが、これさえあれば出来るだろう。ボスは既に強化されているみたいだ。気おつけろよ。〉

という内容の長文を送っていた。

「これで俺たちのできるのとは終わりだ、アリスお疲れ様」

「えぇ、あなたもお疲れ様。私はもう寝るわ」

そしてお母さんは遊矢の隣えと入っていった。
お父さんも椅子に座って寝てしまった。パソコンが付けたままだったから、消そうとしたら画面に何かが乗っていた。

I lost count

お父さんに聞いたら、「あいつの住所とハッカー集団にマーキングを付けた、特殊部隊の情報員に送ったからもう安し……」と最後まで言わずに寝てしまった。

私は嬉しくて泣いてしまった。ただ嬉しくて…

「種族ガチャ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ゆずたろう

    お父さんとお母さん凄すぎわろたw

    2
コメントを書く