話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

種族ガチャ

ミラRISE

デスゲーム①

2日目俺達は今街を散策している。4人と1匹で、何か変わったところ、大切な所を探しながら。だが今っ!自分の初めて見つけた娯楽の場所を訪れているのだ。
そうPOーKERS(換金&金くじ)へと。
今回は、全員4万リーブルを掛け金にしてプレイをする。
少しづつ掛けたり、一旦確率を求めたりする事が多いらしい。だが!俺は1回に全てをかける。それが俺流であり、俺の楽しみ方だ。

最後にみんなで金額を確認した。
「私6万だったよ〜」
「む、0になってしまいました」
「私は2万かな〜」
「俺は10万だな」

「俺は89,187,600だな、だから8918万リーブルかな?」

周りの奴らの顔が引きつっているのも分かる。最初に来た時と同じ最高倍率が出たからだ。最近はきてなかったがそれなりの回数は来ている。だいたい外してばかりだが今までの合計では黒字になっているのだ。

「これ使って何しようかな~、みんなも使いたいなら使っていいよ。めちゃめちゃ余裕あるから」

「それじゃあユーの誕プレを買わせてくれ、現実でも買いたいからその見本に!」

と陽に言われたため行くことになったのだが…

「遊矢君これ似合うんじゃない?」
「いや!こっちの方が似合う、はず」
「いやこっちの方が遊矢君の魅力を生かせるはず…」

「せめて1着ずつにしてくれ」

というふうに商業区の服屋で着せ替え人形にされていた。陽はと言えば「お前の誕プレ探してくる!」とハイテンションな感じで、言ってしまった。最近の女の子は買い物が、とても長い事で。

そして買い物を3時間した後やっとホームに帰れた。そして家の前で寝ている陽がいた。流石にPKができないからだとしても、物騒じゃないのか?と考えながら陽を起こして、ホームへと入った。

夕食を食べ、家事をした時庭に何かがいた。

ポヨン!

(はわわわわぁぁ可愛い!)
庭に出たら、スイートスライムと言うサポートモブがいた。説明には〔キス、吸う、齧るなどでスライムを味わえる。味には個体差があり体の透明度によって味は変わる〕と書いてあった。
外でそんなことは出来ないため自室えと連れてきた。とは言えどういう風にするべきか、齧る=酷い。吸う=スライムがどうなるか分からない。キス=そもそも味わえるのか?
最終的には吸うという事にした。始める前にライフポーションを用意する。

「でわ、ちょっとだけ」

ちゅゅゅ

(ふぁぁぁぁぁぁ、甘ぁぁぁい。何これ今まで食べたものの中でもダントツでで上手いんだけど!?それにスライムは、全然変わらない。これはいい買い物をした!)

あまりの美味しさにほくほく顔でバタバタとベットの上で暴れる。

「もっと!ちょうだぁぁぁい!」

自分の意思に従い、スライムに飛びかかった時、スライムが2つに別れた。1匹は、小さくなるも色は変わらない。もう1匹は、色が少し濁っている。突然の事にびっくりしていると濁っている方が窓の外に移動していた。そしてそそくさと森の方へと移動していった。

曰く、自分の味を究極の域に到達させるためだそうだ。

そして今、目の前には小さなスライムがいる。両手に収まるサイズまで小さくなっている。

「飲んでもいいか?」

「きゅるるっ!」

「んぐっ!んくっんくっんくっんくっぷはぁ」

罪悪感が生まれたため、もん人に訪ねかけた途端に何かを叫んで、口の中に飛び込んできた。口の中へ入られ、されるがまま甘ぁぁい液を飲まされた。

「嫌じゃないのか?」

「きゅるん!」

なんて言ってるかは分からないが、大丈夫と言っているように思えたので心に残っていたモヤモヤが少し晴れた。

「それにしてもアーカイブオンラインは凄いな、MOBは知恵を働かせるし。NPCは最新AI?を使っているらしく、普通の人と何ら変わらないような気がする。それにプレイヤーは五感が完全にあるような感覚だし。これを作成した人は相当頭が切れる人なのだろう、あの親父とは大違いだな」

そんな考えをしながら、パティシエスイートスライムを抱きしめながら。眠りについた。

同じグループの女子視点


わたし小坂千恵こさかちえは初めてゲームをやる。アーカイブオンラインという、今とても人気なゲームを仲のいい友達に勧められ始めることにした。なのに、初めてのゲームがデスゲームと言うらしい。デスゲームって何?疑問を抱いていると空に大きなスクリーンが出てきた。そしてGM?という人がデスゲームの意味を教えてくれた。デスゲームのデスって、deathの方だったの!

そんなことを考えている時、

ドォォォォン!

と壁の方で音がした。音のした方には、私のイメージ=ガキ大将の中原君がいた。

「あっ、言い忘れてた。そこの見た目子狼は遊矢だから、この中でも相当強いだろう。」そう言う。クラスのイケメン陽君が指を指していた。先には子供の狼がいた。

序盤は割愛。

初めて知った。遊矢君はとても家庭的で料理も家事も全部上手!それに機械の誤作動で女の子になっているらしいのだが、普通の女の子よりも圧倒的に可愛い。と言うより、ちょっと大人の雰囲気の混じったって感じ?。こんな人が居たら、毎日告白断るの大変そうだなと思った。

「種族ガチャ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く