話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

種族ガチャ

ミラRISE

変換

よし、ここら辺なら誰も来ないだろ。

「変換」

遊矢のユニークスキルが発動し体の周辺に淡い光が集まっていく。そして光が弾けると共に遊矢の体があらわになる。傍から見たら…銀髪をストレートにした。弱気そうな美少女が立っていた身長は140後半程で、胸がたわわな実を実らせていながら腰はとてもスレンダーなくびれのある体つきだった。それは変換による人型の変換だった。

「あははは、マジかよ。ここに来て写真かよ、しかもこの体どこから取ってきたんだよ」

(おっと、今はそれどころじゃなかった)

「変換」

自分のユニークスキルがちゃんと働いてどうなるかを確認出来たから二人の元へと戻ることにした。

「ユー、ユニークはちゃんと発動したか?」

「あぁ、一様な」

「私見てみたいどんなのか気になるもん」

(まじですか!この二人ならいいけど陽が怖いんだよな何してくるかわかったもんじゃない)

「陽お前が何もしないと誓えば見してやる。だが一歩でも動いたら股を思いっきり蹴ってやる」

「わかった何も手出しはしない、これでいいか」

「まあいいか、それじゃ行くぞ」

「変換」

そしてまたあの光景が起こり、裸のユーヤが立っていた。流石に服を着ようと思い。装備選択をしたのだが…

「これ胸きつい、しかも下ノーパンだからスースーするし擦れると…」

(ダメだこれ以上考えると幸坂さんから変な事広められそうで怖いな)

モジモジと股を擦りながら涙目で、立っている。ユーヤを見て二人は力を振り絞って口にした。

「「ジーザス!」」

二人の反応に疑問符を浮かべていたユーヤは自分の体を確認した。キツキツで今にもはじけそうなTシャツ、モジモジと恥ずかしそうにズボンを掴んで擦る白い艶のある足。そして本人は築いていないが、涙目で惚けた顔をした美少女。これは揃ってはいけないものだと。陽と幸坂さんは思った。だがこの体は戻すのはそんだという二人がいた。

「おっ、お、お前のユニークは進化か幻術のどっちかか?」

「何言ってんだ、変換だちなみにあと1種類種族がある」
「変換」

また光が集まり体を変換していく、そして変換が終わった時に出てきたユーヤは何も変わっていないように見えた。
が、髪を押し上げようとするなにかに気づいた。その何かを手で擦るとムクリと耳が出てきた。そしてまたお尻の部分からもひょっこりとふわふわの毛に覆われた尻尾が出てきた。

(こっちは、獣耳と尻尾が付いただけみたいだな)

「遊矢くんその見た目的にやっぱり、女性?」

「だな機械の誤作動なのかもしれない。運業にメールでもするかな?」

「「辞めるんだ!」」

(この姿を捨てさせたら、これから俺が後悔する事になる。それだけは阻止せねば!)

(学校では本当は女の子じゃないのって思ってたから。これで普通に買い物に行ける)

「でもこの見た目は女だし、人間の時のステータスはただの一般人よりも圧倒的に低いぞ?」

3人は、深い森の中でこの後どうするべきかに悩んでいた。やることもなくなり始まりの街クータスへと戻った。陽はβ版のフレンドからクエストの誘いをされてそっちへと向かっていった。サカユキさんは、明日が早いとか何とかでログアウトして行った。残された自分は、街を人族の姿でぶらぶらしてした。

(周りの目が痛いほど刺さるな)

「君俺達とパーティー組まない?」

どこかから声が聞こえるけど自分に対してじゃないと思ってそのまま歩いていた。

「おい!人が話しているだろうがぁぁ。こっち向けや」

急に怒鳴り出したと思ったら。強引に腕を引っ張ってきた。相手は獣人族で、鼻息を荒くして全身を舐めるように見てきた。流石にイラッときて思いっきり殴ってしまった。

「このクソマゾ野郎が、痛い目に遭わないと分からないみたいだな」

(うわっ!ラノベの悪役っぽいセリフ吐いてやがる)

男は手にナックルを付けて殴りかかってきた。このVRMMOは初めて五感が実装されたもののため痛みもある。流石に殴られるのは嫌だったからこの場から去ることにした。

「転移」

相手の目の前から俺が急に消えたから周りの人も全員揃って驚いていた。1人残された男はとぼとぼとどこかえ歩いていった。

男から逃げ街をぶらぶら歩いていてあるものが目に入った。

換金&金くじ

と書いてある看板の掛かった店だった。4つの大通りの裏にある。隠し店だった。金くじが気になり店の中えと足を向け歩き出した。

本日はどうなさいますか?換金は右手の2つのカウンターになります。金くじの場合は左手の3つのカウンターになります。

とゲームの最新AIが説明してくれた。金くじに挑戦すべく左カウンターに行き今出せる最大の額(初心者応援金8000リーブル)を全て出した。戦う時は神獣の姿でいい為武器は不要だと思ったためだ。

金くじは1から50までの好きな数字を12こ選べるややビンゴ形式のものだった。15ご数字が出され、6から12こで倍率がある。そしてスロットが始まった。

「6.27.50.34.41.16.18.26.43.7.2.21.13.39.35」

だった、数字が出て自分は唖然とした。

「15こ全部あるじねーか!」

記入する12この数字と、おまけチャンスの3つの計15こ全てを当ててしまった。12この方は743.23倍でチャンスの方は、それプラス3倍というものだった。17,837,520リーブルだった。

「1783万!?」

最初からまさかの大金持ちになってしまったため固まっていた。

その時学校で陽が言っていた。
「アカブは、アイテムボックスに制限があるから早めにホームを買っといたがいいぞ」
だ、この最初の街クータスにも土地があるようなので買ってみようと思った。

初日からここまで行くとは、思っていなかった。と思う遊矢だった。

「種族ガチャ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く