話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

種族ガチャ

ミラRISE

始まり

ある夏の日最新ゲームのVRMMO〔アーカイブオンライン〕を手にした男子高校生がいた。

アカブ〔アーカイブオンライン〕の準備をしてベットに腰をかけていた。外は39度の猛暑日なだけにクーラーを付けてゲームをスタートする。

「スタートIDalpha77」

そして遊矢ゆうやの意識はゲームへと移って行った。

ピロン↑

そして設定が始まる。自分の全身を写した写真をダウンロードをしているため性別の偽装などは全くできない。

nameユーヤ

そして次はこのゲームの醍醐味と言われる。キャラ設定に移る。見た目は写真を基準に設定されるが、種族はスロットで決まる種族は[人族][ドワーフ][エルフ][サラマンダー][獣人族]そして400万分の1と企業から発表があった。[シークレット]と言う合計6種族からキャラが決まる。

そして遊矢はスロットを回した。

シャャャャャャャ

カチャン

自分は唖然とした。種族はまさにテンプレ[シークレット]だったのだそして詳しく決まったのは[神獣族しんじゅうぞく]だった。見た目は銀の煌めく毛で覆われた。子犬程の狼の見た目だった。そして変更不可能だということがわかった。

そしてチュートリアルが始まった。

ダメージを受ければ、痛みがあり。
MP(マジックポイント)が減れば減る程の意識がくらくらするというものだった。

そして一番大切なステータスは

nameユーヤ
種族.神獣族

Lv1

AT3000
MP6000
DF800

スキル
[アイスブレス][アイスヲール][召喚フロストドラゴン][ライトニング]

ユニーク
[転移][変換][???][???]



はい。まさにチート。基礎が何故にあそこまでぶっ壊れえいるのですか?動き的には何故か違和感がないがこの見た目は、多分癒し系で設定されたのだろう。

そしてチュートリアルを終えて今日の活動は終わりにした。

「はー。今まで運がなかったがこんなふうに運が来るとは。」


そして土日の休みを終えて学校へ行く。
まずは、ゲームの話になる。自分は買えただの、今度こそ当ててみせるだのだった。

「なあユーお前はアカブ買ったか?」

クラスのいかにも流行りに乗っています風の会話を聞きながら暇をしていたら。腐れ縁の友人、赤崎陽あかさきようが話しかけてきたのだ。今まで不思議な位に同じクラスが続くものだと毎年思う。

「あぁ、買ったていうより当たったてのが正しいのかな?」

「おー、今日課題もないからやらね?」

「いーぞ。お前はβ版からやってたのか?確か」

「データは消されるから最初からだよ。」

ふーん、と軽い返事をして話を終わる。クラスでは3分の1程度がやっているとのことだ。1ヶ月もすれば再入荷されるから待てば手に入るだろう。

そして月曜と言うとてもだるい1日を終えて陽と始めるため色々とする事をして7時からアーカイブを始めた。

『始まりの街の北の噴水で待ち合わせな』

だったか?でも親友が狼の姿で現れたら驚くだろうな。
そんなことを考えながら、最初の街クータスを歩いていた。だが不意に体が宙に浮いた。いや、誰かに持ち上げられたというのが正しいのか?

「このワンちゃん可愛い!」
「確かに」「首輪付ければ自分のものになるのかな?」

「ちょっと離せ、軽々と持ち上げられては不快だ」

体を揺らして女性陣の中から抜け出した。
そして急に話し出したことに驚いた狼を見て固まる女性陣。
そしてやっと動き出した女性の1人が訪ねてきた。

「プ、プレイヤー?」

「あぁ、そうだが?なにか不思議か?」

「種族を聞いてもいいですか?」

「シークレットだ。もう行ってもいいか?待ち合わせしてるもんでね。」

「わかりました。あっ       もし良ければフレンド交換してもらえますか?」

自分は無言でフレンド依頼を渡した。決して目の前にある。2つの大きな大きな山につられた訳では無い。とても美人だったからだ。って何言ってんだろう。

自分は無言で待ち合わせ場所へと移動した。


_____女性(初フレさん)____

自分は初めて買ったゲームを友達とプレイしていた。そして誰もが通る始まりの街クータスにてあの生き物(プレイヤー?)に出会った。見た目は衝動的にもふもふしたくなるような艶のある毛で覆われた狼だった。

抱き上げて実感する。

(はァァァァァ癒されるこの子って飼えるのかな?飼えるなら私のものにしなくちゃ!)

「ちょっと離せ、軽々と持ち上げられては不快だ」

!?

喋った!えっ?今のゲームは人工知能でも使ってあるの?

「プ、プレイヤー?」

「あぁ、そうだが?なにか不思議か?」

(いやいや、どっからどう見てもただの子供の狼じゃん!)

「種族を聞いてもいいですか?」

「シークレットだ。もう行ってもいいか?待ち合わせしてるもんでね。」

(へー、ん?シークレットって本当にレア種族じゃん、この子相当運がいいのかな?)

「わかりました。あっ       もし良ければフレンド交換してもらえますか?」

ピロン

(あっフレンド来た。あの子ちょっと気になるから、お気に入りに入れとこ。
はー。あのもふもふをまた触りたいな、今度一緒に遊ぼうかな?)


_________________

読んで下さり、ありがとうございます。
自分はまだまだ下手ですがこれからも呼んでもらえたらありがたいです。

「種族ガチャ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー332229

    誤字ってますよ

    0
コメントを書く