話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

監禁から始まる恋って怖くね?

ホッピー

まじないだろ(後編)

 前回のあらすじ!
突如現れたイケメン野郎ネル・フォファーナ、ルージュを嫁にもらおうと企んでいるみたいだがそうは問屋が卸さない!
「俺のものだから」的な発言をするクソダサ主人公新、それにブチ切れたネルの決闘発言、これからどうなっていくのか〜!(テンション高め)

「それでは、決闘を申し込みます」
そうすかした顔でいうネル、なんのことか理解出来ず適当に
「いいぜ、それで俺が勝ったらルージュもヴェールも諦めてさっさと王国に帰りな」
とシッシッというジェスチャーをしてみせる。
「ふふ、いいでしょう。では決闘内容は何がいいですか?3つから選んでください」
「おう」
「1、剣道 2、空手 3、柔道 どれがお好みですか?」
そうだな...剣道は嗜んだことはあるが微妙だな...空手と柔道は学校の体育くらいだ...うーん...いやいいこと思いついた
「剣道で、だがハンデとして俺はどこでも一回当てたら勝ちでいいだろ?」
「ええ、いいでしょう。最もそれでも負けませんけどね」
嘲笑うように小馬鹿にしてくるネルにフラストレーションを感じつつ竹刀を受け取る。
「いつでもどうぞ」
そう細目で笑うネル
俺は軽く小刻みなジャンプをしてウォーミングアップをして左脇腹を打ちにかかる。それをネルは右手で持った竹刀で軽く受け止め低い体制だった俺に面をかまそうとする。それをすんでのところで横に回避した。
あいつ強すぎだろ...どれくらい強いかって言うとやっぱキリトかな〜wwwwってぐらいだ。
1回当てるだけ、それが異常なまでに難しい。つーか玄関でやっていいスポーツじゃねぇだろ...ネルの周りを走り、あるタイミングで面を狙い打とうとする。だが、
「下半身から顎までががら空きになってますよ」
次の瞬間腹に綺麗な蹴りを入れられそのまま後ろに倒れ込む
「ゴホッゴホッ...くっそ、ばちくそいてぇなぁ」
「アラタン....」
心配そうな目で見るなよな...お前の惚れた男はこんなもんでいいわけねぇよなぁ!
膝を持ちながら立ち上がり
「次で決めようぜ」
「えぇ、私もそうしようと思っていたところです」
また面をするため竹刀を振り上げる。それを振り下ろそうとした瞬間
「だから、下半身から顎までががら空きだと言っています!」そう言いながら左から横脇腹に竹刀を振ろうとするネルに右からのキックを御見舞してやった。
「なっ!卑怯な!」
倒れ込みなが言う
「戦いに卑怯もくそもないんだぜ?」
倒れ込んでいるネルにかるく面をした


「さすがアラタン。ずっちぃ〜」
卑怯なゴミを見るように言うルージュ
「はは、ずるくてなんぼよ。さて、ネルさんにはお帰りいただこうかな」
「約束は約束です。諦めましょう」
やったぜ。
バタン
扉が締まりネルはリムジンで帰っていった。金持ちめ...
「ねぇ...アラタン....」
もじもじしながらルージュが声をかけてくる
「ん?」
愛の告白かな?いやまぁ毎日されてるけどさ
「あの...ありがと」
「おう」
ニコッと笑って返す
「それでさ、アラタン、「ルージュは俺のだから」って言ってよね」
「い...いったっけ?」
あからさまに目をそらす。
「ちゃんと録音してるんだからね〜」
.......まじかよ....
チュッ
唇を奪われた...
「ねぇ、私と、付き合ってよ」
「....」
こういう時はなんて返すべきだろうか。「愛してる。彼女になってください」とか「もちろんです」なんてキザなことを言うべきなのだろうか。
ここまで考えて思った。断るって選択肢がないじゃないか。
あぁ、俺はなんだかんだルージュが好きだったんだろうな。ヴェールのことを忘れたわけじゃない。でもルージュと一緒にいたいと思うんだ。
「あぁ...もちろんだよ。俺の彼女になってください」
「えっ...ほんとに?」
「ほんと」
「好きな人監禁するような私が選ばれるんだ。あは、おかしいな...嬉しいのに...嬉しいのに...涙は止まらないや」
笑いながら泣き彼女になんて言ってあげればいいんだろう
「監禁から始まる恋って怖くね」
「へ?」
「いや、実際は怖くなんてなかった。これからよろしくな。ルージュ」



あとがき
はい、作者のホッピーです。ここまで読んでくれてありがとうございました。投稿頻度も遅いし、文章も歪だし、内容に至ってはまとまりがないですし。僕自身キャラクター名を覚えてなくて本来はルージュがロリキャラでヴェールがメインヒロインだったんですけど途中で間違えていることに気づき入れ替えて今の状態です(笑)こんな作品ですが。書いていて楽しかったです。100を超えるフォロワーやいいね。とても嬉しくて励みになりました。実は最初の1話を電撃的に思いついて書いてみたんだけど。それが思ったより好評だったので続けたんです。本当は1話だけで辞める予定だったんです。この作品はこれで終わりです。次回作にご期待ください。













って言うのは嘘でーーーーーーーす!
これからは、ルージュと新の恋物語を書いていこうと思います。ご期待ください

「監禁から始まる恋って怖くね?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • あまたつ

    完全に騙されたーーーー!!
    でも、終わらなくて良かったーーー!!

    1
コメントを書く