話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

監禁から始まる恋って怖くね?

ホッピー

喉って口に候

喉が痛い、なんかイガイガする栗みたいだな
鼻が詰まってる、将棋みたいだな
気分が悪い、グロシーン見た時みたいだな
体がだるい、テストみたいだな
ここまで何が言いたいかっていうと、風邪ひいた
「アラタンいっつも扇風機つけっぱなしで寝てるからだぞ」
「そうだよー、僕の言うこと聞いて早く寝ないからだよー」
そう責めてくる美少女2人は看病で忙しいようです
意味もなく汗かいてるからと体を拭きまくられた訳だが。以外にきもちいいから困る。いやなのに!感じちゃう!ビクンビクンという訳だが
「そう言っても最近暑いだろ」
春とは思えないくらい暑いのだ。サンシャインを浴びすぎて松崎しげるになるサンシャイン松崎だな
「クーラー1時間設定で寝ればいいじゃん」
「寒すぎる」
「じゃあもう扇風機没収だよ?」
「くっ....」
そんなこと言いながら俺の隣で看病しまくってる楽しんでるじゃねーか
「ご飯どうする?お粥にする?うどんにする?」
「あーお粥に梅つけてもられると助かるな」
風邪ひいてると味わかんないから梅があるだけで革命的だ、うどんはもうちょっと回復してからがいいな
「りょーかい、それでアラタンはどっちの美少女にあーんされたいのかな?」
「そんなのどっちでm....」
「ダメだよ新くん!これは大事なことなんだよ?」
なんが大事なんすか...じゃあルージュに頼もうかな
「そ、そう?ありがとう、新くん」
何この可愛い笑顔一生守ってあげたい....いかんいかんそんなこと言ってる場合じゃないと顔を振る

1時間後

コンコンとノックが聞こえる
「入るよー」
ヴェールだ
「あぁ...」
「元気ないね、これ食べて回復してね」
スプーンにお粥を乗せてフーフーしたあとにあーんしてくれる
それを半分やけで食べる、風邪で少し思考回路がおかしいようだ
「おいし?」
うんうまいと伝えたかったのだが口にお粥とインテルが入ってるから頷く
それからすぐに寝た起きた時にはだいぶ回復してたルージュはベッドの横で自分の腕を枕替わりにして寝ていた
またその次の日ルージュは風邪が移って看病することになるとは俺は知る由もなかった.....

「監禁から始まる恋って怖くね?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く