話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

監禁から始まる恋って怖くね?

ホッピー

え?

 久々に監禁らしい監禁をされた...
「おはよーアラタン」
「お、おう。おはよう、でさ?この手と足についてる鎖なに?」
手を動かしジャララと音を立てさせる
「見てわかるでしょ?拘束」
「俺拘束されるようなことした?つーか拘束を見てわかるもんだと思うなよ...」
「あのオネーサンとはまだ連絡とかしてるの?」
「え?なんのこと?」
「ルージュの誕生日の日にぶつかった人」
目をしかめて手を腰にあて顔を近ずけて問われる
「あぁ、グレンさんのこと?」
「あー!名前まで知ってるじゃん!連絡先と知ってるの!?」
「五百円玉に紙がついてて...」
「....」
哀れむような目を向けてくる、やめて!心のライフが減っちゃう!
「でも世間話とか仕事愚痴とかそんな話しかしてないんだって!」
「ふ〜ん」
あぁ、これは信用してないですね(^ω^)
「愛してるよヴェール!」
目を閉じて思いっきり言ってみる
少しずつ目を開けると
「〜〜っ!///」
顔を赤らめている。いや可愛いかよ
今がチャンス!鍵を強奪!よっしゃきた!
「バレてるんだから!」
「うわぁ!」
手に取った鍵を取り返そうと寝ている俺の上に乗ってきて奪おうとする。もちろん体が当たるわけで
「ちょっとヴェール当たってる!」
「えぇーい!黙って返せ!」
胸に注意がいって呆気なく鍵を取られる。
「まだもう一個怒ってることあるんだから」
「え?なに?」
「冷蔵庫」
「え?」
「プリン」
「だからどういう「私のプリン食べたでしょ!?」
しびれを切らしたのかはっきり言ってくれる
「俺じゃないけど...」
「じゃあルージュだっていうの?」
「自分で食べたんじゃないの?」
冗談で笑いながら言ってみた
「そんなはずない!!...と、おもう...」
図星かな?図星じゃないよ図星だよ
こんな感じで久々に監禁らしい監禁を受けたのだった

「監禁から始まる恋って怖くね?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く