話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

監禁から始まる恋って怖くね?

ホッピー

えぇ(困惑

 そういえば明日はヴェールの誕生日だったか、祝ってやらないと呪われてしまう。とりまルージュに相談するか
「おーアラタン誕生日覚えてるんだエロいねぇ」
「偉いって言ってくれよ(困惑)」
「私は4/11だからちゃんと祝ってよ?」
「うん、まぁ覚えてたらな」
なんとなくそっけない態度をとる、頬を膨らませて怒りを訴えてくる...可愛い
「とりま街までプレゼントでも買いにくか...」
「ダメだよぉ〜監禁されてるんだからさ」
「じゃあルージュも一緒にいこう、そうすれば監視もできるし、息抜きくらいにはなるだろ」
「えっ?」何故か頬を赤らめている
「なんで頬赤いんだよ」
「いや...熱くてさ」
デートかなんかだと思ってるのが手に取るようにわかる今ならからかい上手の新くんになれるな
「バイド〜、車用意して〜」
「いや、流石に聞こえんだろ...」
「お待たせしました門前に停めております」
「えぇ耳良すぎだろ」マサイ族かよは心のうちに閉まっておく
 



「うぉー久々の外だー」
「浮かれちゃって可愛い」
ポプテピピックにそんなセリフあった気がする...
プレゼントは...これでいっか
「アラターン、来て来て!クレープがあった!」
子供を見る親のように「はいはい」とルージュに近づいていく
クレープを買って1口食べられた
「なっ!」
「美味しそうだったから...ごめんね?」
「いや気にしてないからいいよ」
間接キスになるな...まぁ...いいか、ふ...ふふふ
よし食うぞ〜別に間接キスしたとかそういうわけじゃないからな〜食うんだ俺!
食べるという瞬間に何かが俺にぶつかる
「いってぇ」
「すまん悪いな、前を見てなかった、大丈夫か?」
「いや大丈夫だ、怪我はないか?」
「あぁないよ」
目の前にいたのはオラオラ系の女の人だった...

「監禁から始まる恋って怖くね?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く