話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

監禁から始まる恋って怖くね?

ホッピー

新しい朝がきた、監禁の朝だ

 一週間と1日目結構なれてしまった俺はいつも通り起きる、ベットは超気持ちいいプレミアムなベッドで寝ていた。起きようとすると腕が重たい。まさかとは思ったが流石にそれはないだろう流石に...ね?恐る恐る布団をめくるとそこには.......猫がいた。
「へあ?」変な声が出る可愛い三毛猫のオスっぽい、こんな珍しい猫が居るなんてクソ金持ってんなどっちがここの持ち主かは知らんけど...そんなことよりぬこ様かわいいいい!!撫でても撫でても逃げようとしない、ん〜〜!!きゃわいい!
「にゃで過ぎじゃにゃいかにゃ?」
ん?なにか聞こえたか?気のせいか
「そろそろいいんじゃにゃいかにゃ?」
まさかこの猫が....そんなわけないかと撫でる
「やめんかー!!」
うわっびっくりした
「え?お前喋れるの?」
「当たり前だにゃどこの猫も喋るのが常識だにゃ」
マジかよそんな常識知らないし近所の猫は喋らないぞ?
「喋る猫か...シャシャ猫だな」
「面白いことをいう人間だにゃね」
「面白いには定評があるからな」そんなものはもちろんない、ベットから起きるとドアが勢いよく開いた
「あーらーたーくーん!♡」
飛び出てきたのはヴェール、思春期の男の子には辛い...
「新くん、ここで猫見なかった?あぁいたんだねジーナ」
へぇこの猫ジーナって言うのかこの猫しゃべったああああああ!?今更驚いてみる、寝ぼけて感覚がおかしくなっていたらしい
「なぁヴェールこの猫喋ったぞ?」
「あぁそれはルージュが発信器で喋ってただけだよ」からかうようにくすくす笑われた...この猫め...そんなこんなで一週間と1日目が終わろうとしていたのだった

「監禁から始まる恋って怖くね?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く