何もできない貴方が大好き。

すみれ汁

たった1人の幼馴染。

幼い頃から貴方はずっと私の後ろを歩いてた。

泣き虫だけど、曲がったことは嫌いで正義感が強い貴方は、誰かがいじめられてても止めようとしていた。

結果いじめっ子に返り討ちにされて、ぼろぼろ泣いてたね。

それでも貴方は立ち向かうことを忘れなかった。

で、いつも私がいじめっ子たちに仕返ししてた。

伊吹にあんな事するんだもん、当然。

その後貴方に手を差し伸べたら泣きっ面でいつも決まって貴方は言うの。

「次は僕が千聖ちゃんを守るから」って。

正直嬉しかったなぁ。結局いつも私が助けてたけど。

でも、いいんだ。伊吹は弱虫のままでいい。

あの日から8年経った今でも貴方は弱虫だけど、そのままで大丈夫。純粋なままでいてくれて嬉しい。

_だからこれからも、穢れを知らない真っ白な君でいて?

「何もできない貴方が大好き。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く