話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

トカゲな俺の異世界迷宮生活

本城ユイト

No.20 2層到達

1層と2層を繋ぐ、唯一の通路。
その長い長い通路を抜けた先に、新たな世界が待っているのだった。

そして今。
偶然か必然か、なんとかフロアボス討伐を果たした俺達は、2層へと降り立っていた。

『うおっ………こりゃスゲェな』

『そうッスね………。こんな光景、日本どころか地球じゃ絶対見れないッスよ』

『うんうん、やっぱり2層は綺麗ですよねー!』

口々に感想を漏らす俺達。だが、目の前に広がる光景を伝えるには、たとえプロのアナウンサーが5分掛けても足りないだろう。

1層とは違い、広く開けた場所。高い天井からぶら下がる鍾乳石、そして迷宮のあちこちで輝きを放つ魔晶石。そして、その輝きを反射する水面。

そう、この2層は、フロア1面が『水』で覆われた世界だった。その水面が揺らめく度に、輝きがゆらゆらと揺れて幻想的な光景を生み出していて。

『………もう、魔王とかどうでもよくなるな』

『そうッスねー。ぶっちゃけここまま余生を過ごすのも悪くないッスかも………』

完全に戦意を削がれた俺とコーキがそう呟く。そして普段はうるさ………にぎやかなリリナさんも、黙ってこの絶景に見入っていた。

そして、どれほどの間そうしていただろうか。
不意に、水面に大きな波紋が浮かんだかと思ったその瞬間―――

ザッパアァァァン!と盛大な波しぶきを立てて、何か巨大な物が跳ねた。よく見ればそれは、地球でいうマグロに似た大きさの魚で。

グウゥゥゥーッと、それを見た俺とコーキのお腹が同時に悲鳴を上げた。

『そういや、お腹空いたッスね………』

『ま、フロアボス戦+レベルアップしたからな。でも水に入って捕るわけにもいかねーし………』

『………釣るしかないッスね』

『だな。でも餌はどうすんだ?』

一瞬目を見合せ、そして同時にある一点に向けた。すなわち、釣り餌としての経験がある、小さな手乗り女神へと。

『………やっぱ?』

『ですよね』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、数分後。

『やっぱ狙うは大物だよなー』

『そうッスよねー。ま、餌が貴重なら釣れるのも貴重なヤツっていう法則があるッスから』

『え、マジで?そんなのあんの?知らんかった』

『釣り好きの中では有名ッスけどね』

その辺で拾った棒切れにコーキが糸を巻き付け、即席で釣竿を用意した俺達は、気ままに釣糸を垂らしていた。気分は穏やかな昼下がりである。

『和むな―』

『和むッスねー』

もはやここが迷宮ダンジョンのど真ん中であることなどとうに忘れ、世間話に興じる俺達。そんな俺達の視線の先には―――

『ちょっ、女神にこんなことして良いとおもってるんですか!?早くほどいて下さい、物理的に叩きのめしますよ!』

『………和むなー』

『………和むッスねー』

『完全スルーですかこの野郎!』

天井から簀巻き状態でぶら下がるリリナさんが。
叫びながら左右に勢いよく揺れる姿は、なんとなくミノムシを連想させる。

『ホントにあんなの効果あるんスか?』

『まあ見とけ。騒ぐリリナさんの足元に魚影が集まってきてるだろ。アレが食らい付けばこっちのモンよ』

『なるほど。さすがアニキ、考えることが一味違うッスね………。恐ろしい子………ッ!』

『誰のキャラだそれは』

何故かセルフでキャラ崩壊を始めたコーキ。誰に対して需要があるのだろうか、その行為は。ここには俺とリリナさんくらいしか見る人は居ないのに。

ちなみに今のところ釣果はゼロ。ビックリするぐらいの難易度である。まあ、餌がその辺に自生していたタール草だから仕方ないのだが。

『草で釣れるんスかね?』

『さあなー?でも餌って言えばコレくらいしか無かったし。やっぱ適当に巨大ムカデ狩ってきた方が良かったかなー?』

『そっすねー。異世界なら肉食の魚くらいわんさかいるだろーし………』

さすがに釣れなすぎて、俺達の頭に「飽きた」といつ言葉が浮かんだその時。

再び凄まじい水飛沫と共に、例の巨大魚が飛び出してきた。もちろん、天井からぶら下がるリリナさん目掛けて一直線に。

『いよっしゃあ!狙い通りヒット!』

『うわぁ………ホントに掛かったッス………』

『いやあぁぁぁ!?なんか来たあぁぁぁぁ!!!』

悲鳴を上げるリリナさんだが、巨大魚はあんぐりと大口を開けて飛びかかる。その口には、鋭い牙が無数に生えていて。

あわやリリナさんが食べられる!とその寸前で。

水面にさざ波が立ったかと思うと、さきほどの巨大魚を超えるレベルの水飛沫が飛び散った。そして、そこから姿を現したのは、首がかなり長い爬虫類のような生物で………。

『き、恐竜……ッ!?』

『マジッスか!?』

その首長竜のような生物は、リリナさんを喰おうとした巨大魚を咥えると、湖の底へと姿を消していった。
その時の波で、水中へと落下したリリナさんが岸へと流れ着いてきた。

『異世界に恐竜っていたんだな………』

『絶滅してなかったんスね』

『そんなことより、私の心配とか無いんですか?』

『『無いけど?』』

どれだけ綺麗でもここは異世界迷宮、怪物がひしめく危険地帯で和むことなど出来ないのだった………。

『あっ、魚………』

『そういえば………』

『お腹減りましたね………』

………和むことなど出来ないのだった!

「トカゲな俺の異世界迷宮生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く