話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

トカゲな俺の異世界迷宮生活

本城ユイト

No.15 ある意味成長

『さて、進化もしたことだし、フロアボス倒しましょうか!』

『おー!』

『うぇーい………』

我が家に決意を帯びた声が響く。
そう、何を隠そう、あのにっくきチートカブトムシに天誅を下す時が来たのだ!

というのがあの2人が盛り上がっている理由で、俺自身は実はそうでもない村瀬海翔です。別に進化出来なくてスネてるんじゃないんだからね。勘違いしないでよねっ!

ちなみに俺、前回のレベルアップで《思念Lv1》を修得しました。やっと喋れるキャラになりました!
はーい拍手!パチパチパチー!

というわけでガンガン喋ろうかな。

『ん?海翔さん、何してるんです?』

『いや、何でもないよ。ちょっと独り言』

『………病んでます?』

『いや病んでねーから!露骨に引くな!』

とりあえずツッコんでおかないと、絶対誤解するからな。こういうところはしっかりやらないと。

仕事をやり遂げて少し安心している俺に、コーキが話しかけて―――というか、ケンカ売ってきた。

『いやー、喋ってるアニキはなんか違和感あるッスねぇ………』

『ほう、それは俺へケンカ売ってると見なしていいのか?俺なんか喋んねぇ方がしっくりくるって?』

『い、いやそうは言ってないッスよ!なんか凶暴になってないッスか!?』

『気のせいだ。よし、あっちの隅っこで3次元格闘ゲームでもやるか』

『それただのケンカ!』

抗議の叫び声を上げるコーキをズルズルと引っ張りながら、俺は思った。

―――喋れるって、素晴らしい!

ついでにもう1つ。

―――この辺で格の差分からせてやるッ!

喋れるキャラへとある意味成長を遂げた海翔さんの力
を、とくと見るが良いッ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


結論から言えば、負けました。
ええそれはもう、ボロクソに殺られました。

『ふぅー、身体動かすっていいモンッスね!』

『そ、そうだな………』

無駄にツヤツヤしたコーキとは正反対に、俺はボロボロだ。アイツが進化したら、そんなに強くなるなんてな………。

『というかお前、今ステータスどれくらい?』

『む?そういや知らないッスね。見てくださいよ!』

『良いぜ?見てやるよ』

願わくば、そんなに成長してませんように!
いざ、鑑定スキル発動!

【エクトスパイダー・Lv1・ランクD】
【《焔の牙》《思念》《調合》《製糸》《毒爪》】

ピシリ、と俺の大事な部分に亀裂が入った。
自尊心とかプライドとか、そんな柔らかい部分。
だって後輩に負けたんだよ?
なんか屈辱!見ない方が良かった!

くそぉぅっ………!と後悔しながら固く拳を握りしめる俺に、コーキが無邪気な声を投げかけてくる。

『どうなってんスか、アニキ?』

『ふっ、強くなったな、コーキ………』

『マジッスか!?あざーす!』

俺の上から目線の言葉に、褒められた子供のような純粋な笑顔を浮かべるコーキ。ヤメロぉ!それ以上は!俺の心が!罪悪感が!

『何を1人で悶え苦しんでるんですか?馬鹿なんですか?頭おかしいんですか?』

『辛辣!もうちょいオブラートに包んで!?』

『お断りしますっ☆』

グッ!とサムズアップしながら、完璧なウィンクを決めるリリナさん。ぶっちゃけ似合ってるけどさ。

まあそれはさておき、先程ステータスを見たときに少し気になることがあった。今のうちに聞いておこう。

『………なんかスキルのレベルが見えなくなってるんだけど。どゆことか分かる?』

『ああ、それはあれですね。海翔さんと晃樹さんの実力が開きすぎたからです。レベル差ですね』

『なっ………!?』

つまり、それだけ差をつけられたのか。
かなりショッキングだぞ、その事実。

ガックリと肩を落とす俺に、リリナさんは実に楽しそうな笑みを浮かべて追撃してくる。

『まあ、見た目からして強そうですもんね、晃樹さんは。どっかのモブトカゲさんとは違いますねぇ』

『う、うるさいな!俺も好きでトカゲになったんじゃねーよ!むしろ勇者もしくは魔王になれるチャンスだったのによ!』

『ま、なったらなったで即死だと思いますけど?』

くっ、否定できないッ!
とにかくこれ以上続ければメンタルをズタズタに引き裂かれかねないので、この辺で引き下がろう。

『頑張って魔王倒しましょうね?まあ無理だと思いますけど………』

『トドメ刺しにくんなよ!』

こんな時だけ慈愛に満ちた優しい笑顔のリリナさんに向かって、俺はそう叫び返すのだった―――

「トカゲな俺の異世界迷宮生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 本城ユイト

    →ぐらふぁいとさん
    そうですね。海翔達が反撃できる機会も少しずつですが書いていこうと思います。ご指摘ありがとうございました!

    1
  • ぐらふぁいと

    もう少し主人公に反撃の機会を作るのはどうでしょうか。
    ぶっちゃけ女神が調子に乗っててムカつきます。

    1
コメントを書く