姉妹の愚痴〜心身障害者への理解を〜

ノベルバユーザー173744

法テラスに電話した。

 バレンタインデーに、悲しいことに法律相談のために法テラスに相談予約の電話をかけた。

 どうせ家族からはチョコどころかお金は帰ってこないが、出版社について相談をしたかった。
 そして、電話をかけると、

「……あぁ、刹那玻璃さん……2011年に前回ご予約されましたね」

 ……もう、7年も前か……ふけたもんだ。
 その時は自己破産だった……うん。320万円借金の肩代わりして、みんなそっぽを向いたんだ……。

 と思いつつ、簡単に説明し、どうすれば良いかというと、

「○日にお時間がありますが、いかがでしょうか?」

 と返され、即予約した。
 法テラスは、弁護士さんと司法書士さんが選べる。
 今回の場合は司法書士ではなく弁護士さんらしい。

「契約書を忘れずにお持ちください」

 と念を押された。

 捨ててはないが、家の中が荒れ放題。
 探さねばならない……。
 家族は一年前に荒らしておいて、放置。
 妹の家のように、2Kならまだ良かったのに……と後悔ばかりである。

 昨年のほこりをまといて梅開く

「姉妹の愚痴〜心身障害者への理解を〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く