姉妹の愚痴〜心身障害者への理解を〜

ノベルバユーザー173744

寒いはずやわ……

 呟いた。

 方言で『寒いはずだよ』。
『や』は、関西弁特有に、『わ』である。
 でも、私の地域では本当にイントネーションは上下が少なく、平凡というか特に私の喋り方は、同じ地域の人にも、

「のんびりしとるなぁ」

と言われる。

 私の県は東から南西に長い。
 東は早口で、関西弁に近く、実は私もわからない方言もある。
 南ははんなりと言うか、一部の地域は京言葉に近く、その周囲ものんびりとした、

『〜やけんなぁ』
『〜やしなぁ』
『〜やなーし』

と、言う感じになる。

 ちなみに中部は、

『〜やけん』
『〜なもし』こちらは減って来ている。

である。
 私は父や祖父が南部出身の為、方言は南部、中部の方言はわかるのだが、同じように喋ろうとすると、かなりのんびりとなる。

 去年の辛さを去年、今年に全て清めたはずが、正月二日から一気に荒波に巻き込まれて、ここ一週間は寝込んでいることが多かった。

 あぁ、これもせないけん、あれも……。
 焦れば焦るほど疲れとめまいと頭痛で、頭を起こせない。
 あぁ、疲れた。
 もう冬眠したい。
 掃除も洗濯もご飯も作るのが辛い。

 何か口に入れてお薬を飲むために冷蔵庫を開ける。
 あったのはトマトジュース。
 ないよりましと飲み、薬を飲んだ。
 そしてズルズルと這うようにして、布団に戻り、そのまま横になる。

いつもはテディベアだが、今日は抱き枕。
アニメのブサカワの猫のである。
好きな声優さんも出ているアニメで、原作が不思議な雰囲気があって大好きである。
目を閉じる。
早く元気になろう……。

私の夢を……叶えられるように、私自身が強くなろう……。

「姉妹の愚痴〜心身障害者への理解を〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く