姉妹の愚痴〜心身障害者への理解を〜

ノベルバユーザー173744

雪やこんこん 獣医学部はくるくる

 昔は、よくこの童謡を歌ったものである。
 でも、私は、替え歌を歌っていたものである。


 雪はチラチラ(がいいな〜)
 降ったらズルズル(になっちゃうもん)
 降るなよ降るなよ
 屋根が落ちる(本当は、ひさしが落ちたよ)
 犬は嫌がりコタツに入り
 わかるように尻尾振る


 かっこは歌わないが、
 実際小学校4年生の時に大雪が降った。

 ひさしが落ちたのは本当で、暖かいみかん犬……で、40センチ降った。

 最近は首都圏の大雪の事を心配しているが、心配するより、雪対策で、道路の端に雪を流す……夏なら大雨の水を流す排水溝などを整備すればいいのにと思ってならない。
 スリップをする、慣れないチェーンを巻く。
 テレビで見ていて心配だし、例年雪が降らないからと言うのは言い訳にはならない。

 もっと対策をしてほしいと思う。



 それと、加計学園の問題が地方を荒らしている。
 県や市は支援をすると猛アピールしているが、県民は冷めている。

 獣医学部があれば、地方は獣医学部が少ないため、その上ペットの獣医は増えても牛や豚などの家畜を見る獣医は減っている。
 そのための獣医学部新設ではないのか。

 なのに、今年度の入学生はさほど多くないのに、その何割かは台湾からの留学生で締められるのだそうだ。
 台湾で、受験が行われるのだという。
 その点でも、未だもめている。

 もう、そんなに揉めるなら、加計学園なんて受け入れなければよかったと、その市に住む友人がぼやいている。

「姉妹の愚痴〜心身障害者への理解を〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く