姉妹の愚痴〜心身障害者への理解を〜

ノベルバユーザー173744

無理はダメダメ

 ここ最近寝込んで、洗濯物とゴミを溜め込んでいた。

 恥ずかしい話、服は友人にもらった服を紙袋に詰めていたので、それを出しては着替えて、服は溜め込んでいたのである。

 去年秋口から調子を悪くして、時々妹と父が洗濯物を持って帰ってくれて、ゴミを捨ててくれたり……恥ずかしかったのですが、今年は一回もできなかったゴミ捨てと洗濯を一人できちんとしました(〃ω〃)
 ゴミを捨てに行けた時にわぁぁ、早起きできた!

 と喜んだものの、洗濯機を回すだけだもんと思っていたものの、洗濯物を干していると、一気に血液が下に下がるような感覚がしてよろよろすると、

 ゴーン!

 額をベランダのセメントにぶつけ、グハァ……と火花が散った。
 注意注意……と考えながら続けると、ハンガーを背を伸ばしてかけようとしてよろめき壁に後頭部をぶつけ、最後にもう直ぐ終わる……と思った瞬間、くるっとまわり、もう少しでガラスに突撃しかけ……ガラスを割らずに済んでホッとしたものの、一時間かけて干したため体が冷えた。

 部屋に入ると部屋の中は13度まで下がっていた。
 はぁ……と息を吐くと、布団に戻り横になった。
 額と後頭部が痛いが、氷枕を後で使おう……。

 洗濯も私には危険だとよくわかったのだった。

「姉妹の愚痴〜心身障害者への理解を〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く