姉妹の愚痴〜心身障害者への理解を〜

ノベルバユーザー173744

トレーニングメガネ

 トレーニングメガネをかけてます。
 100円ショップで一時的に、裸眼では不安なので、試しに老眼鏡一番度の低いのをかけたら、頭クラクラ……ど近眼の自分なのに、近くもぼやけて見えなくなって……こりゃダメだ……。
 私はまだ老眼ではないらしい。
 近眼のままのようである。

という事で、虫眼鏡も作業の時に必要だと購入し、その時に見つけたのだ。

『一日三分、リフレッシュトレーニング』

 と書いてあって、プラスチックの一種のサングラスに、いくつもの穴が空いていて、その穴から外を見て、上下左右に目を動かすと視力が安定するらしい。
 ぼやけていたものも見えやすくなるとあり、50センチ離れるとぼやけてしまうため、最近メガネがないと歩けないわたしには、これで訓練して、視力が安定してくれればありがたい。

と思ったのだが、妹に、

「姉ちゃんは、目を閉じて休憩すればいいのに」

と言われた。
 休憩できる性格ならしているし、そんな余裕があれば、他のことがしたい。

そう言うと、

「生き急いでるね。人間はもらった命は一つで時間に差はあるけど、そこまで生き急いでどうするん」

と言われた。

 わたしも自分でどうするんだろうと思ったが、余裕があればいいのは財布の中身と、兄との距離にもっと余裕があればわたしの心に平穏が生まれるだろうにと思ってならない

「姉妹の愚痴〜心身障害者への理解を〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く