姉妹の愚痴〜心身障害者への理解を〜

ノベルバユーザー173744

諦念

小さい頃から

『我慢しなさい』
『お姉ちゃんでしょう』
『言うことを聞け』
『お前の意見は聞いてない』
『女のくせに』

と否定され続けて、ひねくれた心には、とても、誰かに認められたいと言う気持ちが強い。
でも、割り込んで前に行こうとか言うものではない。
ただ、

『凄いね』
『器用だね』
『へぇ、よく知ってるね』

だけでも照れ臭くて、それでも、もっと頑張ろうと思うようになる。



でも、

『諦めない』

今年誓った目標だが、もう諦めた。

去年今頃は必死で添削していた。
送っていた……今年もやり取りをして書類も受け取った。

でも、それ以来音沙汰がない。



……心の奥が疼く……。
叫びたい、泣きたい、めちゃめちゃにしたい……。

もう、こんな想いはごめんだ……。

「姉妹の愚痴〜心身障害者への理解を〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く