話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転移は分解で作成チート

冬桜ライト

第94話 初めての授業。

第94話 初めての授業。


 はぁー。・・・初めての教師、結構緊張するなぁ。……ってか、なんで俺だけなの?こういうのって普通は現教師と一緒にって感じじゃないの?まぁいいけどさ。

 ・・・んー、取り敢えず入らんと始まらんし、入ろうか。
 ……あ、ちなみに、今からやる教科は魔法学だ。

ガララララ(扉は横開き)

 俺が教室に入ると、教室内のほぼ全員がこちらを見た。

 そして、俺の顔を見たあと、あるものは頬を染め、あるものはこちらに熱い視線を向け、あるものは眠っていて、あるものは鬼のような形相を浮かべ走り回り、あるものは奇声をあげて逃げ…回っ……て?

 ………あれ?なんか今、変なやつ2人程いなかった?

 ……なんだ、気の所為k「だいたい、あんたはいつもいつも!」「ギュワァァァ!!??」

 あ、やっぱり気の所為じゃなかった。

 取り敢えず、俺はさっきから動き回っている2人に意識を向けた。

 逃げ回っている方は男子生徒みたいだ。なんか動き回って疲れているのか息切れ状態になっている。ちなみに、顔はなかなかいい。上の下と言ったところかな?

 んで、追いかけ回している方は女子生徒で、こちらは全く疲れが見えていない。ちなみに、こっちはすごく美少女だ。

 ・・・ってか、分析してる場合じゃねぇな。……そもそも、なんでこいつら追いかけっこしてんの?

「全くもう!あんたはいつもいつも!人の気もしれずに無茶ばっかして!!!」
「ベリャァァーー!!??や、やめ一一」
「うるさぁーーい!!!」

 ・・・なるほど。男子生徒がなんか無茶をしたて、その男子に気を持った女子生徒がそのことを怒って今叱っている……と。多分、女子生徒の言い方的に幼なじみとかそんな感じ?
 ってか、周りの慌ててない……というより、呆れた様子を見る感じ、多分日常茶飯事なのか?

 ・・・まぁ、取り敢えず話が進まないので、2人を止めようか。

「『停止』」

 俺がそう言うと、2人が急に止まった。

「!!え!?な、なにこれ?!」

「!?な、何よこれ!!??」

 ふぅ。これでよしっと。
 今回、俺がやったのは俺の能力のひとつ、「絶対権能」ってやつだ。簡単に言うと、命令とか言霊系の最上位互換だ。

 さて、一応、他の生徒に何があったか聞いておくか。この2人に聞いても話進まなそうだし。

「あー、君たち。これなに?」

「……えーと、まず、あなたは誰ですか?」

「あ、そうだな。一応、みんなに自己紹介しとこう。
 えーと、みんな「……あ!わかったわ!私の体を動かせないのあなたの仕業ね!?一体これはなんなの!?早くこれをやめなさい!さもないと先生に言うわよ!」」

「………はぁ。今から説明するか「誰があなたの言うことなんて信じますか!この変質者め!私が先生に突き出してやる!さっさとこの止めてるのをやめなさい!」」

 ……はぁ。こいつ話聞かねぇ。もういいや。黙らせよう。

「『沈黙』」

「…………!!!?……!!!!」

 おー、声を出そうとしてんのに喋れてないな笑。このスキル便利だな……。

 あ、そだ。あとついでに
「『着席』」

「!!?……!!!」

 おー、流れるように着席した。これ面白いねぇ。……これってもしかして、世界に命令して時間を止めたり、世界の…理?に命令してスキルを習得したりできるのかな?
 ………まぁ、いいや。
 あ、2人は俺が教室を出るまで静かにさせとこ。

「・・・さて、改めまして。みんな、ちゅうもーく!
 俺は、今日から臨時講師としてきたゼロってもんだ。適当にゼロって呼んでくれ。……あ、なんか質問はあるか?」

「はい!」

 おお!元気がいいね!
 手を挙げたのは緑髪のずる賢そうな男子生徒だ。

「じゃあ今手を挙げたそこの緑髪の男の子。」

「えーと、そこの2人には何をしたんですか?」

 えー?いきなりそこ聞いちゃう?どーしよっかなー。教えよーかなー?……教えてあげるー。

「ふむ。いい質問だな。さて、何をやったかだったな?簡単なことだ。この2人には俺が魔法を使ってちょっとしたお願いをしただけだ。
 ……まぁ、俺が言ったお願いに拒否権なんてものはないけどね(ボソッ」

「……え?今なんt「さて!他に質問はあるかな?」」

「……あ、はい!ハイハイハイ!!」

 っと、今度はもっと元気がいいねー。
 今度は金髪の女子生徒だ。この子もかなりの美少女だ。

「はい。じゃあそこの金髪の女の子。」

「え、えーと、彼女っていますか!??」

 あー、転任とか転校した時のテンプレのやつだねー。
 ・・・言った子と周りの女子達でキャーキャーわめいてうるせぇなぁ。

「俺に彼女はいないよ。」

「きゃー!きゃー!」

 うるせぇ。

「他に質問はー?」

「はいはいはーい!!!」

「じゃあ、そこの青髪の女の子。」

「好きな女性のタイプは一一

 まぁ、それ以降、どうでもいい質問ばっかだったので飛ばす。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 そして、今。やっとの思いで質問が終わった。

「ふぅ。それじゃあ授業に戻ろうか。」

「はーい!」×多

 うん。いい返事だな。

「そうだな。まずは、学級委員。どこまで進んだか教えてくれるか?」

 あ、ちなみに、地球前の学校の時と同じく、学級委員とか清掃委員とかもあるみたい。

「はい。46ページの詠唱の短縮についてです!」

「あー、じゃあそこから始めようか。」

 詠唱の短縮……んー、取り敢えず無詠唱教えとこ。
 あ、そだ。ついでに生徒全員に俺の慈悲:Ⅰを与えとこ。

「まずは一一」

◇◆◇

 次の日、生徒全員が無詠唱を覚えた。

 あ、あと校長に何をやってるんだ!と怒られた。

(´・ω・`)


・雑談
 内容思いつかなかった結果、授業内容はバッサリカットすることにしました☆
 あと最近、ノベルバ作者専用のグループLINEに入りました。
 あと人狼楽しい!

・勧誘
 あ、もしノベルバの作者さんでグループに入りたい人いたら、Twitterで『#ノベルバ作者さんと繋がりたい』で検索かけてください☆

・睡眠
 睡眠睡眠睡
 眠睡眠睡眠
 睡眠睡眠睡
 眠睡眠睡眠

「異世界転移は分解で作成チート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 小説家を褒めよう

    神様だから、出来たこと

    1
  • ドリーヴ繋

    しっかり寝よう!
    主人公が圧倒的過ぎると苦労する場面が少ないですよねー。苦労しない主人公を描くのにテトさんは苦労してると思います。

    2
コメントを書く