話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転移は分解で作成チート

冬桜ライト

第25話 森の奥。

第25話 森の奥。


「んじゃ、武器の試しとライムのレベル上げの為、森に行くぞ。」

「分かったのじゃ。」

「分かりました。」



 俺は森に入り、魔物と会うために奥の方へ入っていった。
 だが、5分くらい歩いても魔物が見つからないので、おかしいと思い始めた。
 ハクとライムも魔物と会わないことに不安を抱き始めたようだ。


 俺は魔物を見つけるために並行世界の生物探知で、自分の半径15mを探知した。

「なっ!?」

「ど、どうしたのじゃ!?主!?」

「ま、マスター。何かあったんですか!?」

「あ、ああ。全然魔物と合わないからおかしいって思って、ちょっと今生物探知で俺らの半径20kmくらいの魔物を探したんだがな。
 5万匹くらいの魔物を探知した。しかも囲まれてるみたいだ。」

「「え?!」」


 畜生!?こんなに大勢の魔物、どうすればいいんだ!?




 ……とでも、言うと思ったか!

 …いやさ、ごめん。ノリを壊して。でも、冷静に考えてみれば俺らのレベルにかなう奴って居なくね?って思ったんだわ。
 しかも、ハクは神龍って龍だしライムはレベル1のスライムだけどステータス的にはめっちゃ強いし。

 普通に殲滅できるんじゃね?
 でも、一応心配だから。

(全知!この魔物を俺らで殲滅出来るか?)

『YES。出来ます。というより、戦っても相手が弱すぎてマスター達は無傷で済むと思います。』

 お、おう。殲滅出来るかも?とは思ったけど、無傷で済むとは思ってなかったわ。
 でも、無傷で済むなら平気だろ。

「なぁ、ちょっといいか?どうやら俺らだけでこの魔物達、殲滅出来るみたいなんだが。しかも無傷で。どうする?やるか?」

「む?そうなのか?ふむ。……主は…やるのか?」

 俺か。俺はレベルを沢山上げたいしやるか。あ、取得経験値を10倍にしとこ。

「俺はレベル上げたいしやるぞ?」

「ならば我もやるぞ。」

「あ、なら私もやります。」

 と、いうことで。俺らはこの魔物達を殲滅する!

「了解。っと、んじゃハクは左の魔物を。ライムは右の魔物を。俺は前と後ろの魔物を殺る。」

「分かったのじゃ。」
「了解しました。」

「「では、行ってきます(くるのじゃ)。」」


 俺らがそういって別れると魔物達は一気に攻めてきた。


 俺は2人が行ったことを確認し、前の魔物に向けて魔法を発動した。

「“七色之龍達”。」

 “七色之龍達”とは俺が考えた技で、全ての上位元素魔法を龍の姿にして、周りを殲滅させる魔法だ。

龍達の説明しよう。
 火炎龍の洋風の龍だ。体は赤色の鱗がある。体全体が燃えている。
 氷河龍は和風の龍で、体は水色の鱗がある。所々が凍っている。
 岩石龍は洋風の龍だ。体全体が岩になっている。砂を纏っている。
 雷嵐龍は和風の龍だ。体は黄色の鱗がある。体に紫色の雷を纏っている。
 神聖龍は和風の龍で、体の鱗はハクと同じく、真っ白だ。薄く光っている。
 暗黒龍は洋風の龍だ。鱗は神聖龍の反対で真っ黒だ。体に黒いモヤがある。
 幻想龍は和風の龍だ。体は灰色の鱗がある。体がやや透明だ。

 と、いう感じだ。龍達は自分の属性のブレスを出して、攻撃する。

火炎のブレスは相手を消し炭に。
氷結は凍らせる。
岩石は砂と岩で窒息と圧死をさせる。
雷嵐は相手に雷を当て弾けさせる。
神聖は魂を滅する。
暗黒は闇をぶつけて消滅させる。
幻想は相手を惑わし、仲間同士で殺し合いをさせてる。

 …暗黒と幻想怖っ。




「よし、前はこれでいいな!んじゃ、次は後ろだ!」

 ふむ。前は魔法だし物理で攻撃をしようか。
 俺は、後ろを向き金狐と黒龍を構えた。

「んじゃ“俺流二刀流術 二刀絶殺”(今考えた。)!」

 俺はそういいながら、二刀の刀を下から「×」の字を書くように斬った。
 すると、刀の斬撃が出て当たった敵たちが一気に、切られていく。

 ふむ。今考えた技だが、なかなか強いな。これだけで全部出来そうだけど、普通に相手を斬りてぇな。

 ……なんかだいぶ、思考回路が狂ってきたな。まぁいいか。んじゃ、切り進めますかっと。



 俺は刀で近づいてきた敵を切り進め、遠くの敵は魔法を使って倒していった。
 ハクは銃と刀を使い、近くの敵は刀で、遠くの敵は銃で倒していった。
 ライムはスライムの状態になり、近づいてきた魔物は体で包み込んで溶かし、遠くの敵は魔法を使って倒していった。

 そして、15分くらい戦っていたら魔物を全て殲滅出来た。七色の龍達は役目を終えたら消えていった。

「いやー。結構いたねー。けど、全知が言った通り無傷だな。」

「そうじゃのぅ。それに我らはヘルプ・制御の効果で敵が近づいてきたら分かるからの。それよりも敵が弱かったのじゃ。」

「そうですね。レベル1の私でも倒せましたしね。あ、でも魔物を倒したおかげでレベルが途中で何回か上がりましたからレベル1ではないですね。」

「あ、俺もレベル上がったっぽいし見ておくか。」

「そうですね。」

 んじゃ、一応全員を鑑定するか!

「異世界転移は分解で作成チート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • エルス・ギルバート

    一人神いるし。生死操れるし

    3
コメントを書く