話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転移は分解で作成チート

冬桜ライト

第18話 ライムレベルアップ。

第18話 ライムレベルアップ。

 俺はあの後、ハクを起こしてギルドに向かった。
 何故ギルドに向かっているかというと、ヘルプにライムを従魔登録した方がいいと言われたからだ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 今、俺はハクと雑談をしながら、ギルドに向かっていた。

「っと、着いたな。」
 話してたらあっという間に着いたようで、雑談を終わらせ中に入った。

キィィ。

 …大体の人がこちらを見た瞬間に目をそらした。
 よく見ると、昨日ギルドにいたヤツらだ。
 昨日いなかった奴らは、周りを見てよく分からないような顔をしていた。

「…兄者よ、何かここであったのか?」

(うーん。やっぱり昨日のが原因だよなぁ。まぁ、こっちに害はないし別にいいか。)
「んー。秘密。」

「むー。」

 ハクは頬を膨らませむくれている。
 うん。すごく可愛い。

 俺は昨日と同じく気にせずに受付に行った。

「すまん。ちょっといいか?」

「ひっ。は、はいぃ。」

 あーあ、怖がっちゃった。まぁいいけどね。
「本当に何があったのじゃ…。」

 なんか、ハクが言ってるが気にしない。
「従魔登録をお願いできるか?」

「え、え?従魔…ですか。
 えーと、ど、どちらに?」

 ん?ああ、そういや、空間魔法の中に入れておいたんだったな。

「あー、今出す。」

「へ?」

 俺は空間魔法を使い、ライムを出した。

「こいつだ。」

「え?今の空間魔法?従魔ってそちらのスライムですか?」

「ああ。」

「ス、スライムを従魔に?」

「ああ、そうだ。まぁそこらへんはいいから、従魔登録してくれ。」

「あっ、は、はい。では、こちらの紙に従魔の種族と名前を。」

「りょーかい。」

 えーと、種族はピュアスライム、名前はライム。っとこれでよし。
「ほい。」

「あ、はい。えーと、(種族、ピュアスライム(カタカタ)ボソボソ。名前、ライム(カタカタ)ボソボソ)
 これで登録は完了致しました。」

 小声で確認しながらやるのか。
 てゆーか、登録終わったらギルドでやることなくなったな。もう行くか。
「そーかい。あんがとさん。んじゃハク、行くぞ。」

「はいなのじゃ。」

「あ、はい。行ってらっしゃいませ。」



 俺達は門から外に行き、近くの森に入った。そして、ライムを出し。

「よし。ここら辺でいいだろう。ライムのレベル上げするか。ハクもついてくるか?」

「うむ。我も一緒に行くぞ。」

「りょーかい。っと、敵が近づいてきたな。まずは何が来るかな?」

 5秒ほど待つと、

「グギャグギャギャ」

 最初はゴブリンだった。
「よし。あいつならライムも倒せるだろう。ライム。殺れ。」

「わかっ、た。」
 お、普通に喋れてきたな。

「グギャ!グギャッ!?」
 おおー。ライムが体を袋みたいにしてゴブリンを包み込んだ。

「グ…ギャァ…グ…」

 あ、なんか包まれたゴブリンが溶けてきた。多分、酸か何かで溶かしたのかな?

 数分後。

 あ、ゴブリンが完全に溶けて消えた。

「勝っ、た。」

「おう。おめでとう。」

「お疲れ様なのじゃ。」

「あり、がと。」

 ライムは嬉しそうに体をプルプルした。

「あ、レベル、上がった。」

「おめでとうなのじゃ。」

「おっ、よかったな。んじゃ、ちょっとステータス見てみるか。」

「う、ん。」

━━━━━━━━━━━━━
個体名 ライム
年齢 0
性別 無性
種類 ピュアスライム

ステータス
レベル 6
HP 5,500/5,500
MP 6,500/6,500
攻撃 4,000 
防御 4,000
魔攻 5,500
魔防 5,500
知識 4,000
精神 3,700
運 4,500

種族限定スキル
全環境適用Lv-
吸収Lv-
擬態Lv-

固有スキル
ヘルプ・制限Lv-
進化Lv-
武術Lv-
魔法補助Lv-
技術Lv-
言語理解Lv-
超回復Lv-
経験値100倍Lv-

スキル


固有魔法

元素魔法(火、水、土、風、光、闇)Lv-

上位元素魔法(火炎、氷河、岩石、雷嵐、神聖、暗黒)Lv-

魔法

━━━━━━━━━━━━━

 おぉー!結構上がったな!
 1回でこんなにな上がるもんなんだな!
 …いや、経験値100倍を持ってるからか。

「ライム。まだ狩れるか?」

「あと、1匹、くらい、なら。」

「そうか。うーん。じゃあ、あと1匹だけ狩るか?」

「がんば、る。」

「よし。んじゃ、ハク、行くぞ。」

「分かったのじゃ。」

 そして、ライムがゴブリンを狩ったあと、ライムから、

 「疲、れた。空間、魔法の、中、に入れ、て。」

 と、言われたので俺は空間魔法で空間を作り、中でゆっくり休むように言い、ライムを作った空間に入れた。 



━━━━━━━━━━━━━
個体名 ライム
年齢 0
性別 無性
種類 ピュアスライム《???》
ステータス
レベル 10
HP 7,900/7,900
MP 8,900/8,900
攻撃 6,000 
防御 6,000
魔攻 7,500
魔防 7,500
知識 6,000
精神 5,700
運 6,500

種族限定スキル
全環境適用Lv-
吸収Lv-
擬態Lv-

固有スキル
ヘルプ・制限Lv-
進化Lv-
武術Lv-
魔法補助Lv-
技術Lv-
言語理解Lv-
超回復Lv-
経験値100倍Lv-

スキル


固有魔法

元素魔法(火、水、土、風、光、闇)Lv-

上位元素魔法(火炎、氷河、岩石、雷嵐、神聖、暗黒)Lv-

魔法

━━━━━━━━━━━━━━

「異世界転移は分解で作成チート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー252301

    受け付けに偉そうだなw

    1
コメントを書く