ニートが魔法警察を目指して学校生活をおくるようです。

ノベルバユーザー173668

魔兵器世界侵略計画

 俺が家に帰ると、大家さんが外で待っていた。
「さぁ早く入りなさい!」
促されて入ると、そこには幸子と百合と痩せ細った中年男性と魔法警察官と、仮面を被った女性がいた。すると、痩せ細った男性が
「いつも娘がお世話になっております。幸子の父です。」
と言った。続けてもう一人が、
「私は魔法警察の裁と申します。正義さんと、光が丘さんの後輩にあたります。宜しくお願いします。」
そして、最後に仮面を被った女性が、仮面を取った。すると、母親の姿がここにあった。俺は顔が険しくなった。苦しむ俺と父を置いて夜逃げした、実の母親は俺の中では憎い存在だ。俺の険しい顔を見て、母は言った。
「貴方が私を憎む気持ちはわかるわ。でも、今は個人的な事情より、協力して、力之の、魔兵器世界侵略作戦を止める方が大事だわ。」
俺は、頭にきた。今まで、この人のせいで、どんな思いで、一人で生きてきたのか。俺は怒りで震えていた。しかし、彼女が言う通りだ。俺は感情を押し殺して、
「あぁ、確かにその通りだ。」
と言った。母と名乗る女性が、
「話は変わるけど、力之の魔兵器世界支配作戦について、調べたことを言うわ。力之はinvaderという兵器を作った。invaderは世界を一瞬で凪ぎ払う力を持つとても協力な兵器だわ。でも、それだけ魔力も必要なの。そこで、魔力統治団をつくり、優秀な魔方使いを集めたの。」
幸子は
「その魔法使いを生け贄にするために?」
と聞いた。すると、母と名乗る女性が
「それだけじゃ足りないわ、この国の国民すべての命を使うらしいわ。」
幸子は、母に、
「とんでもない、犠牲者数だね。」
と言った。母と名乗る女性が

「そうね。何としても止めなければいけない。」
と言った。

「ニートが魔法警察を目指して学校生活をおくるようです。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く