ニートが魔法警察を目指して学校生活をおくるようです。

ノベルバユーザー173668

レジスタンス結成

  本を読み終わった俺に、幸子が言った。
「正義  勇気さんは、私達親子を救ったくれた魔法警察だよ。」
俺は、ただ
「そうか。」
と言った。俺は、
「俺は、今の魔法警察をぶち壊すそして、力之というやつを、ぶち◯して、父とミッチー先生の仇を取るんだ。俺は今から魔法警察に乗り込みに行く!!」
百合は
「そんなの無謀ですわ。」
と言った。幸子も
「そんなことをしたら、守の命が危ないよ。」
と静止してきた。俺は、
「別に俺の命がなくなってもかまわない。やって見なければ分からないだろ。」
と言った。そしたら、幸子が
「守は何も分かっていない!!貴方のお父さんが、どんな思いで、貴方のために自殺したと思っているの?」
と言いはたいてきた。
「ご、ごめんなさい。」
幸子は走ってどこか行ってしまった。俺は呆然としていた。幸子にはたかれた頬が痛かったからではない。おの温厚な幸子はが怒ったからだ。すると、百合は
「今のあなたは、いつもの貴方らしくない、もう少し頭を冷やしなさい。」
と言い。
「私が幸子を探してきます。」
と言い幸子を探しに行ってくれた。俺は一人冷静に考えた。幸子が、言った通り、父は俺のために自ら命を絶った。それをあんなに、軽々しく賭けるなど言ったら怒られるのもとうぜんだ。すると、百合は幸子を連れて帰って来てくれた。俺は幸子に
「さっきはすまなかった。父が命懸けで守った命だもんな。」
幸子は、
「それだけじゃないよ。守の命でもあるんだから。」
俺は
「えっ。」
と言った。幸子は
「お前のは自分のことを大切にしなさすぎだ、もっと大切にしろ。」
幸子は笑顔で、続ける
「これ、誰が言ったんだっけ?」
俺も笑顔で、
「あぁすまなかったな。」
と言った。俺は、 
「もっと慎重に動くよ。」
すると、幸子は、 
「私も手伝うよレジスタンス。」
俺が
「えっ。」
と言うと、
百合も
「わたくしも手伝いますわ。」
と言った。
俺が
「幸子、百合…」 
と言うと、二人は
「当たり前でしょ仲間なんだから。」
と言った。俺は、高らかに宣言した。
「今、ここにレジスタンスを結成する!!」





「ニートが魔法警察を目指して学校生活をおくるようです。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く