話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界へようこそ!

上級騎士アストロ

第一章〖接待〗

アリサは少し戸惑っていた.....今さっきアスターに着替えたら?と提案され、大岩に隠れたのだが、覗かれてないか周囲に見張りながら裸で川に入っていった。

アリサ”もちろんアスター様には助けてもらった恩があるけれど少し覗いてm....いえだめよ!貴族としてのプライドがあるのよ!けどちょっとだけ...う、ううん違うわ!„

アリサは頭を左右に振りながら、乙女と貴族の戦いに励んでいた。

そのころ騎士は焚き火をする楽しさを覚えたのかのりのりで薪で準備していた。だが

騎士”くそ頭のなかでささやいてくるやばいから早く上がってくれ!„

騎士は男としての煩悩との戦いに勤しんでいた。



騎士「ふぅ終わったかな?」

兜を被ったままだが汗を拭くような仕草をした。カラスのような鳴き声が森全体に響き渡った。周囲の空は儚い茜色に染まっていた。

騎士「ん?もう夕方か.....さてと」

アリサ「着替え終えました」

騎士「ん?ああ、終わったk.....」

騎士は振り返った。
彼女は儚い茜色の風に染められながら、きらびやかに彼女の髪は宝石のように榛摺はりずり色に輝いた。

騎士は思った。

”綺麗な服を着た女性は一輪の花になるとか思っていたけど....これは高嶺に咲き続けるたった一輪の花だ...„

彼女はこちらに来て、しゃべった。

アリサ「に、似合ってますか?.....」

彼女は照れ臭そうに上目遣いで聞いてきた。

騎士”ただでさえ惚れそうなのに上目遣いもしてくるとか殺す気マンマンだな!?しかしあの人の奥さんの服だろうけどいくらなんでも似合いすぎだろ....まさか前世奥さんだったとか?あいつの奥さんどんだけ別嬪さんなんだよ....„

他愛のないことを考えながら言った。

騎士「あ、ああ似合ってるよ.....」

「........../////」

アリサは下を向き、騎士は横を向いた。

騎士「さ、さてと飯の準備でもするか...」

アリサ「そ、そうですね!」

十分燃え上がった焚き火にいつもの鉄板のような石を置き、ポーチから鉄串を取り出した。その鉄串を下準備したワノシシの肉に刺し、土に挿した。
そして焼いてる待ち時間の間に彼女に話かけた。

騎士「そういえばなんでお前がそこに居たのか詳しく教えてくれるか?...」

アリサは今さっきのことをハッと思いだし、下を向きながら言った。

アリサ「...わかり...ました....」

スカートをぎゅっと握りしめ言った。

アリサ「私は貴族の生まれで家族と仲睦まじく暮らしていました。ですがある日突然母が.....」



昨日

母「アリサ」

アリサ「どうかなさいましたか?お母様」

母は私の肩をぎゅっと握りしめ、言った。

母「明日、ここから離れましょう....」

アリサ「え!?どうしてですか!!」

母「シッー!!聞こえてしまう、明日、馬車を用意したからちゃんと準備してなさい、明日ちゃんと話すからね?」

アリサ「え、えぇ 分かりましたお母様」

翌日

アリサ「お母様それでお話とは?...」

アリサは母をまじまじと見つめて言ったが

母「それは馬車に乗ってからにしましょう、じゃないと聞こえちゃう」

アリサ「........」

アリサは無言のまま馬車に乗り、母も乗り始めた。二人が乗った時、すぐに馬車は動いた。

アリサ「そのお母様、話とはなんですか?」

母「実はね、あなたの父親は...私の夫は最低な人だったの...」

アリサ「え!?」

母「お父さんはあなたを研究所へ連れていこうとしたの...」

アリサ「え?研究所!?」

母「アリサ...よく聞いてあなたは祝福ギフトを持ってるの....」

アリサ「そんなお母様、私そんなの持ってません!」

母はいいえという感じに左右に頭を振り、しっかりとした声で言った。

母「いいえアリサ、あなたはちゃんと持ってるのよ...実際私はそこには居なかったのだけど、お父さんは...見たのあなたが小さい頃にね....」

幼少期....

アリサ「アハハー♪まってまっておとうさまー」

アリサは両手を伸ばし、父の方向へ走った。

父「父さんは待たないぞ~」

と二人の親子じゃれあいをしていた。
すると小さな鳥が彼女の目の前に落ちた。

アリサ「おとうさんみてー」

父「ん?どうしたんだいアリサ...これは!?
ケガをしているようだね...」

その鳥は羽一つ一つが鮮やかに輝く緋色の鳥なのだが、翼にそれを覆い被さるように血にまみれていた。

父「よし、待ってろ、包帯とか持ってくるから」

父”しかし見たことがない鳥だな....まぁいいか„

.....アリサ「.....大丈夫?」

女の子はケガをした小さな鳥に撫でるように手を伸ばした。すると手から暖かな光が出てきた。

ザザッ
父「アリサ、何がいいか分からんかったがとりあえず包帯などを持ってきたぞ.......」

アリサはケガをした小さな緋色の鳥に手をかざし、光を出して鳥を癒していた。
みるみると傷が癒えてきた。
深い赤色の血はまだついていたが小さな鳥はすくすくと元気に立ち上がり、嬉しそうにアリサを見つめながらはね上がった。

きゅきゅきゅー

アリサ「元気になった?よかったね!」

父「.............」




アリサ「父は唖然としていたらしいです...」

騎士「........」

騎士”一応知ってはいた、祝福ギフト所持者ですみたいな台詞が出てきた...けどまた忘れてた....„

騎士「君はギフトを持っていたのか、ちなみにどういう能力なのだ?」

アリサ「傷を癒すぐらいしか....分かりません」

騎士「そうか...あ、もう焼けてたな!長話しすぎたか」

アリサ「え?あ、本当です」

騎士「少し早くやらないとな」

騎士はポーチに入れてたスライムの核を取り出しそれと一緒にすり鉢みたいなものも取り出した。

アリサ「ん?それをどうするのですか?」

騎士は核をすり鉢に置き擦りはじめた。
ガリガリと音がなっていた核は粉状になった。じっくりと焼ききった肉串を取り、粉をふりかけた。

アリサ「ええ!?ス、スライムの核ですよ!
た、食べれるのですか!?」

騎士「まぁ落ち着け、とりあえず食べたら分
かる」

アリサ「落ち着けません!ワノシシはまだしもモンスター!ましてや私を襲ったスライムですよ!!!そんなの食えません!」

騎士「いいから食ってみろ!」

騎士は粉をふりかけた肉串を彼女に押し付けた。だが彼女は押し付けられた肉串を受け付けず断固拒否の体制になった。

アリサ「無理です!食べれません!」

騎士「いいから!!」

アリサ「無理です!!」

騎士「食べれなかったら今からここに置いてきても問題はないな?今は夜だ、真っ暗闇の中一人でモンスターにあっても問題なく対処できるってことか?」

アリサ「.........」

騎士「旅とかになるとこういうものも食べなければいけないんだ、我慢して食べてみろ!」

アリサ「.....分かりました」

彼女は騎士に言われたとおりになり、騎士が持っていた粉の付いた肉串を持った。
アリサは肉串を噛もうとしたら

騎士「粉を避けようとするなよ....」

アリサはうっと驚き、仕方なく粉のかかった肉のところを少し噛んだ。
アリサはハッ!!としたような顔をしながら肉に噛み付いた。

アリサ「......美味しい.....」

騎士「だろ」

多分昼から食ってなかったんだろう。
アリサはそのままおもいっきり肉にかぶりつき、微笑ましそうな顔をしながら食べていた。

アリサ「モンスターなのにー、モンスターなのに~んんー」

騎士は初めて来た時を思いだし、少し懐かしんでいた。

アリサ「あれ?アスター様は食べないのですか?」

アスター「ん?ああ、俺はいい、まだ空いてはいないから」

アリサ「そうなのですか?...分かりました」

アスター”仕方ない、顔を見せるわけにもいかないし一応開けれる所はあるが見える可能性もあるからやめとこう....„

アリサ「あ、アスター様は今まで何をしていらっしゃったのですか?」

騎士「ん?....」








「異世界へようこそ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く