神も愛した無敵の悪役令嬢

赤い羊

リリアの決意


(………まさか本当に仲間になってくれるとは…)

私はとても驚いていた。

今思い返せば、生まれて此方、自分から友達や味方を作ろうと接したことはなかった。

もちろん貴族として、波風がたたないように、最低限の愛想は培われていたが。しかし、それはあくまで、礼儀だからであって、味方を作ろうとしていた訳では無い。

だからこそ、リリアは猛烈に困った。
すなわち、味方ってどう作るのよ!!と。

考えに考えて、リリアが出した結論は……

「そうよ、とりあえず腹のうちを明かして、秘密を突きつけて、おどsーーゲフンゲフン説得すればいいじゃない!」

………そんな、何とも強引な方法だった。


(……ま、まぁ結果的に成功したから、OKよね!)

時間がない中で、考えついたことがあの方法で、それもちゃんと成功したのだから、問題はない……はずだ。

それにしても……彼の目的が、私の父親だったことには、とても驚いた。自分を殺す素振りを見せないことから、必然的に父親狙いの可能性が高かったとはいえ、もしそのまま狙っていたら………

リリアはぶるりと、肩を震わせる。

リリアの父ーーヴィアロナ公爵は、事質的にはこの国で、かなりの権力を持っている。
[強く・聡明で・民のことを考えられる、紳士的な公爵]
それが、彼への周囲からの評価だ。

…………しかし、それは全くの間違い・・・だ。

内部から見てきた、リリアだからこそ分かる。
彼は、自分のことしか考えていない。
上からの命令や、なにか困難があったとしても、全て自身の力でねじ伏せる。民のことなど、考えてはいない。

もし彼の行動が民のためになっているのなら、それは彼自身・・・に利益があるから、そう動いているだけだ。
…………あるいは、洗脳をかけられているから、かもしれないが。

前に1度、何故それ程の力を持って、王座に立たないのか、考えたことがある。

答えは簡単。

ーーー今の地位が、1番火の粉がかかりずらく、それでいてこの世界を思うように動かせるから、だ。


そんな奴を殺そうとしたら、結果は……見えている。
リリアも、何とかしようとした時もあったが、当然自分にかなう訳もなく。消されるのを恐れて、何も出来ないでいた。

だからこそ、今回は彼を止めて見せる。
絶対に力をつけて、この世界を彼の手から守る、そう改めて決意をした。

(………今回は仲間も、自分の力もある。しっかり鍛えれば、きっと彼にも……お父様にも勝てる!)

そう信じて、リリアは戦うことを選んだ。
自分が選んだ道が、正しいのか分からない。それでも逃げずに、最後まで立ち向かってみせる。



ちなみに、リリアは前回もこの決意をしていました。
ですが、初めての偽造や魔物達に驚いたり、まず強い自分の武器がなかったので、いっぱいいっぱいで、「先の話だ」と、後回しにしていました。

「神も愛した無敵の悪役令嬢」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く