神も愛した無敵の悪役令嬢

赤い羊

暗殺者との遭遇


リリアが叫んだせいで、使用人達がそれはもう凄まじい速度で駆けつけてしまった。

(……素晴らしい対応だわ。我が家の使用人は優秀ね。)

……リリアは半ば現実逃避をしながらも、スキルを習得するために「完全鑑定」で、次々と使用人達を鑑定して行った。

3人目最後の1人に入ったところで、その異様なステータスに驚く。
ちなみに下がそれだ。

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
  名前   チャールズ・ステア

 種族    人間

 職業     暗殺者 Lv7

 性別   男

 年齢   18

 レベル   9

 スキル    「隠蔽Lv5」「魅力Lv3」「剣術Lv6」「銃術Lv3」

 魔法属性  雷属性

 魔法  「雷纏Lv5」

 MP   700

 HP   400

 称号  「裏切り者」「内通者」「使用人」

       ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

使用人なのに、暗殺者というのはおかしい。

職業がステータスに表示されるということは、1度冒険者ギルドにいった、という事になる。

(……でもレベルに職業暗殺者のレベルが追いついてないわね…ということは、冒険者ギルドにいって日が浅い……?)

リリアは考察していたが、今考えても仕方ないので、気持ちを切り替えた。

(いや……称号が何より物語っているじゃない。彼の正体を!)

ーーーもしかしたら…仲間に出来るかもしれない……

そんな期待を込めて、リリアは彼だけを残して、使用人を戻らせた。

使用人は案の定、困惑していたが、いいからいいからと、ドアの外へ半ば無理やり追いやった。

ドタドタ……使用人がいなくなったのを確認すると、リリアは少し息を吐いた。

そして彼、ステアに向き合うと目をじっと見つめて、静かに問う。

「ステアさん……いや、チャールズ・ステアさん」

そう言った瞬間、ステアの目が僅かに動いた。
しかし、すぐに笑顔の仮面に覆われてしまった。

「どうしたんですか?リリアお嬢様。私は使用人です。上の名前はありませんよ。」

「……普通の使用人は、暗殺者ではないと思うわ。」

そう淡々と告げるとステアは、すっと無表情になった。
それに笑みを深くしながら、私は続ける。

「あなたの目的は何?」

「……それを聞いてどうするのですか?」

「ただの好奇心よ。……ああ、それとナイフに手を伸ばすのはやめたほうがいいと思うわ。私はもう少しで殺されるから。」

その言葉に彼は驚く。さっきとは違い、こっちが素なのかな、とリリアは感じた。

「あなたが殺さなくても、婚約破棄されて、魔物の森で殺される。今殺すのは、今後を考えても得策ではないわよ。」

「………そうか」

そう言うと、ステアはすぐにナイフをしまった。
リリアは少し拍子抜けする。

「随分あっさり信じるのね。」

そう言うと、ステアは呆れたような顔になった。

「俺を暗殺者と知って、殺されるかもしれないのに、嘘をつくのはおかしいだろう。」

それに、と彼は続けた。

「自分を殺しても大ごとにはならない、と言ったということは、何か殺されない確信があるってことだろう。……違うか?」

ステアの言葉にリリアは素直に感心した。
私の言葉をそこまで読み取っていたとは、と。

ステアの口調や、笑顔の仮面が剥がれた。
ということはつまり、彼の中でリリアはただのお嬢様ではなくなった、ということだ。

(………秘密の共有者、というところかしら?)

それを感じ取りながら、リリアは言葉を紡ぐ。

「もう一度聞くわ。目的は何?」

「そう簡単に言うと思うか?」

「……なら、言い方を変えましょう。ーーもし貴方の目的がお父様なら、やめたほうがいいわ。」

「………はっ、父親を守るつもりかよ?」

「いいえ、これは忠告よ。お父様は貴族だと言うのに、異様なほどステータスが高い。なのに……」

リリアは唇を噛みながら言う。

「周りは何も気づいていないの!彼に……操られているとも知らずに!」



リリアお嬢様……いや、リリアローズの言葉に目を見張る。
いや、正確にはリリアローズの態度に、だ。

心から憎悪を込めたような声に、底のない暗闇に引きずりこまれる感覚がして、慌てて頭を振り気持ちを切り替えた。

「……なんで、そこまで教えてくれるんだよ?」

純粋な疑問をぶつける。主従関係だったとはいえ、いきなり態度が変わって、ましてや暗殺者なんて不信でしかないだろうと。

だが彼女は、俺の斜め上を行く答えを返した。

「それはもちろん、仲間になって欲しいからよ ︎」

  (………は?)

少し呆けた後、心の中でツッコミを入れる。

  (いやいやいやいや、おかしいだろぉ!?)

ステアは軽く頭痛がしてきた。

「……俺は暗殺者だぞ?」

「ええ、知ってるわ。……裏切り者で、おそらくギルドの内通者でしょう?」

自分が考えていたよりも多い情報に、ステータス見られたか?とステアはリリアを訝しく見た。

しかし、リリアは肩を竦めるだけだ。

今までこの屋敷で、本物のステータスを見られたことはなかった。隠蔽スキルとレベルのおかげだ。

なのにリリアローズは、今まで接触があったにも関わらず、すぐに見ることが出来た。
ということは、今日・・初めて・・・鑑定した。

(……1日で俺のスキルを破るって、どんな化け物だよ。)

ステアは内心、冷や汗をかいた。

ステアのスキル「隠蔽」は、隠蔽したものが見破られないたびに、どんどん強化されていくレベルが上がるという特別なものだ。

しかし、今日レベルは上がった感じはしない。
つまりリリアはたった一回で見破った、ということだ。

ステアはリリアをじっと見つめた。

(ギルドの賞金は惜しい。……だが、こいつについていかなければ、俺はおそらく一生後悔する…)

誰に言われたわけでもないが、こいつの行く先が俺の行く先だと、本能・・で感じた。

だからーー

「……いいだろう。仲間になってやる。」

彼は確かに自分の意志・・・・・・・・で、そう言った。





………………それには少なからず、リリアの加護が働いているとも知らずに。


「神も愛した無敵の悪役令嬢」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く