クソスキルを駆使して異世界攻略?

えだまめもち

クソスキルはいらねーよ

苗字魔法ってなんだよ。
名前ダサくねえか。
「太一はなんかスキルとかあったか?」
太一はステータスを見て、絶望的な顔をしている。
「お、おい、どうした?」
「やばい、俺が手に入れたスキル...」
もしかして、チートすぎるとか?
鑑定...!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
[鑑定結果
 石川太一
 人間
 LV1(0/0)
 HP24/24(0)
 MP13/13(0)
 攻撃力15(0)
 防御力14(0)
 速度16(0)
 スキル『ステータス操作LV1(0/10)』
       『鑑定LVn』
 称号 ーー                           ]

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ステータス操作とか神ってるだろ...」
「いや、詳細を見てくれ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ステータス操作
:敵のステータス、レベルを上げる・・・ことができる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
...クソスキルじゃねーかよ!
上げる・・・ことしかできないってもう使え
そういえば、俺の称号の効果見てなかったな。
鑑定!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
『苗字魔法』
自分の、または会った事がある人の苗字の魔法が使える。
使える苗字
『thousand leaves』
ーーーー

「クソスキルを駆使して異世界攻略?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く