俺、異世界でS級危険人物に認定されました

夏夜弘

ギルド立ち上げたいと思います! 6

「家の玄関、二十人くらい一気に来てるぞ。それと、屋上に向かったのが十人、窓から来ようとしてる奴が三十って所だ」

ハルの声は家中に響き渡る。

その瞬間、窓ガラスが一斉に割られ、大量の盗賊がなだれ込んでくる。窓の見張りはセイヤだ。大抵の部屋には仕掛けをしてあるが、セイヤのいる部屋は何もしていない。

「セイヤ無事か!」

「ああ! 運良く三人しか入ってこなかったからな!」

 なら良し。見事罠に引っかかった盗賊達は、殆どが意識を失っている。これは索敵能力で確認済み。

「次、屋上ぶっ壊してくるぞ!」

 屋上には流石に声は届かないが、屋上担当はミナとレイカとカンナだ。三人ともレベルがかなり上がったから大丈夫なはずだ。

 残るは入口。多分、中の制圧が出来てから飛び込んで来る算段なのだろう。だが、いつになっても入ってこない。

 聞き耳能力を創り、ハルは玄関にいる盗賊の声を聞く。

「おい、合図はまだか?」

「手こずっているのではないか?」

「相手はたかが四、五人だろ? ありえない」

 そうそう。普通は有り得ないんだけどね。

 ハルの仕掛けた罠は効果絶大。相手の戦力を三割も削れば十分だろう。

「さて、そろそろこちらから仕掛けるかな」

 ハルは、セイヤに家を任せ、玄関から堂々と向かって行く。

 ガチャリドアを開け、固まっていた盗賊の奴らに挨拶をする。 

「あ、こんにちわ。そしてさようなら」

 ハルは何も喋らせず、盗賊を無力化する。一瞬あれば余裕だ。そして、ハルは残りの敵が何処にいるかを、索敵能力で調べる。

「残りの奴らは……すぐそこの倉庫か」

 ハルは倉庫へ向かう。見張りが倉庫の扉の前に立っているが、近づいてバレるのも面倒なので、石ころを造って投擲。見張りを無力化する。

「よし。これで、あとはやたらとデカい気を持った奴と戦うだけと」

 ハルは躊躇なく扉を開く。

「たのもぉー! 盗賊ギルド【秘密のアジト】のリーダーはどこだぁ!」

 倉庫にいた盗賊達は、一言も喋らず、ただ来ることを知っていたかのようにこちらを見ている。

 すると、後から二メートルくらいの身長のマッチョ男が出てくる。

「俺がリーダーだ」

「こっわい面してんねぇ。お兄さん、子供に好かれないでしょ?」

「殺すぞてめぇ……」

 凄まじい殺気がハルを襲う。だが、そんなもの大して意味は無い。

「ナルセ君。そんな怖い殺気を向けられたら漏らしちゃう」

「なぜ俺を知ってる?」

「情報持ってる奴がいてさぁ。それで、あんたは特典持ってんの?」

「まさか、そこまで知っているとはな」

 特典持ってるかは適当に聞いてみただけなんだけど。ま、これで転生者って事がわかったわ。

「それで、なんであんたは特典なんか貰ってそんな事してんだ?」

「理由なんてない。ただやりたかったからやっただけだ」

「そんな事でか……しょっぼ」

「貴様! ナルセ様になんて言葉を!」

「良い。俺が殺せばいい事だ」

「ちなみにさ、お前なんの能力貰ったわけ?」

「教えるわけないだろ」

「そうだよな……」

 二人は睨み合う。お互いの気迫が全体に伝わり、周りの盗賊はジリジリと下がっていく。

 家の盗賊はもう狩り尽くした。後はハルを待つだけとなっている。

 ハルは全力モードになり、オーラを纏う。それを見たナルセは、少し動揺を見せつつも、同じくオーラを纏う。

「殺す」

 先に仕掛けたのはナルセ。高速でハルの目の前に移動し、強烈な回し蹴りを繰り出す。ハルは何の怯みも見せずそれを素手で止める。

 ナルセはそのまま逆の足で、ハルの顔面目掛けて蹴りを入れようとする。だが、ハルはそれに素早く反応し、ナルセを盗賊の塊の所へ投げ捨てる。

「なっ……」

 ナルセはそのまま飛んでいき、盗賊達にぶつかる。盗賊達はそれで意識を失い、その場で気を失う。ナルセは、ゆっくりと立ち上がり、顔に手を当てて顔を揺さぶる。

「貴様、どんな力を……」

「教えねーよ」

「このっ!」

 ナルセは再び突っ込んでくる。そのスピードは、さっきよりも格段に速くなっている。だが、相手が悪い。ハルはそれをひらりと躱し、背中にチョップを入れる。

「ぐはっ……!」

「これで、もう盗賊やめる気になったー?」

「なる訳ないだろ!」

「なんだ。ボコボコにされながらまだやめないのかい」

「うるさいっ!」

 さらに戦闘は続く。やられるたび、ナルセの攻撃力やスピードが増していく。どうやら、やられると発動するタイプの能力を貰っているっぽい。

「オラオラオラァ!」

「当たらないよ。そんな無闇に殴るだけじゃ」

 ナルセは、額に汗を垂らしながら攻撃を繰り返す。ハルは、それほど強くないナルセの事を、本当に特典を持ってるの疑問に思ってしまう。

 そして、決着の一打が、ナルセの脳天に決め込まれる。

「俺、異世界でS級危険人物に認定されました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 夏夜弘

    ただいま、休止中です。

    一つの作品に、力を入れるためです。

    なろうの方で書いてる作品を、こちらにも出してますので、そちらも読んでみてください。

    2
コメントを書く