俺、異世界でS級危険人物に認定されました

夏夜弘

ギルド立ち上げたいと思います! 5

「で、盗賊の話してたことだけど、どうやらこの家に目をつけた奴らがいるようね」

「だね。これは今買出しに出かけてるセイヤとレイカにも後で話しておこう」

「「そうね」」

「ギルド【秘密のアジト】か……正直、盗賊ギルドに絡まれるのは面倒だわ」

「そうなの?」

「だって、盗賊ギルドってめちゃくちゃいっぱい人いるのよ? 転生者も多分少なからずいるわね」

「そいつらが特典持ちじゃなきゃいいけどな」

「それは大丈夫でしょ! 特典持ってたら、勇者とか英雄とかになりたがるでしょ?」

「それもそーだな!」

「それで、その【秘密のアジト】の対策はどうするの?」

「能力はわからない。分かるのは、ナルセっていう名前と、男ってだけ……」

「多分、近いうちに接触してくると思うわ」

「俺もそう思う」

「はぁ、なんでよりによって出来たばかりのこの家を……」

「まぁそりゃ、こんなデカい家ならお宝あるとか、盗みたいとか、そういう気持ちも出てくるだろ」

「人目の無いところに作ったのが悪かったわね……」

「俺が危険人物にならなければ……」

「あ、いや、そういうつもりは……」

「わかってるよ。付いてきてくれてる事に感謝してるし、今更責める気なんてないよ!」

「ハル〜!」

「ほらほら、イチャイチャするのはよしてよ〜?」

「「イチャイチャしてないわ!」」

「あら、息ぴったり」

 それから、セイヤとレイカが戻った後、盗賊のことを伝えると、何故だが妙にやる気になる。

 何があったのかを聞くと、実は他の家でも何件か盗賊に襲われていたらしい。それを全て、セイヤとレイカが助けたと言う。

 どうやら、盗賊は何か企んでいるらしい。

 だから、トラップを仕掛けることにした。

 主には家の周りにだ。中には、みんながいるため仕掛ける必要は無いだろう。

 ただ、もし出くわした時、弱くて負けたでは話にならないため、トラップを作った後、皆の特訓をした。

 この家を建ててから、かなりの特訓はしていたため、レベルはみんなそこそこに高いはず。

 特典が無いとはいえ、普通の冒険者よりは何倍も強い。

 この時、様々な事が頭に浮かんだ。このなんでも作れる特典は、もしかしたら、レベルは爆発的に上昇させるものを作れるかもしれない。特典では無いが、それに似た能力を作れるかもしれない。

 だが、それではここまでの努力を踏みにじる事になると、ハルは思った。それに、最初からそうして欲しければ、皆から言うはずだ。

 皆が頑張っているから、その事は口にしない。ただもし、この世の終わりが近づいて、勝てない相手がいたとしたら、その時は聞いてみようと思う。

 それから二日後。

「あれから、盗賊に動きはないね」

「だな。なぁ、ハル。どういう事だと思う?」

「いや、俺にもわかんない。ただ……」

「ただ?」

「お前らがこの家を汚す原因だって事はよーくわかった」

「何それ、関係無いじゃん」

「見ろ! この汚さを! こんなんじゃ盗賊も入って呆れるぞ!?」

「いや、むしろラッキーって思うんじゃ……」

「んなわけあるか! まずミナとカンナ! 下着はここに脱ぎっぱなしにするな! 盗賊が下着好きだったらどうする!」

「その時は、新しいのを作ってもらうわ。ハルに」

「私もよ」

「アホか! それと、セイヤとレイカ! お前らは使ったものを片付けなさすぎだ!」

「いや、そこにあった方が楽というか……」

「うんうん。セイヤの言う通り!」

「ふーざーけーるーなー!」

 そうこう言っていると、外でトラップに引っかかった音が鳴る。

「今の爆発音……多分、私がハルに作ってもらった爆弾の音ね」

「クレイモアがまさか役に立つとは……そんな事より、皆構えて。もしかしたらもう家にいるかもしれない」

 みんなは一斉に配置につき、外の様子を伺う。

 すると、建物の影から、ぞろぞろと盗賊ギルドの奴らが現れる。

 皆緑色のマントを装備し、顔全体を覆う作りのマスク。それと、全員音を立てないように動いている。多分、かなりの手練だと思われる。 

「この動きはプロかな? ってことは、多分あの日送ったヤツは下っ端。情報を集めさせるためにわざとやったのか……」

 ハルは、ここで一つ、能力を作ってみる。頑張ってる人に使うのはあれだが、自分に使うのはどうってことはない。

 策定能力を創作する。半径五百メートル以内の、殺気や悪巧みを考えている者の気を察知するものだ。

「ではでは、索敵開始!」

 すると、その情報は頭の中に直接流れ込んでくる。

「敵は……百くらいか。家から必ず五十メートルは離れ、円状に囲っているのか……」

 少しやる気が満ちてきて、心がワクワクする。

「さぁ、始めようか! 盗賊ギルド【秘密のアジト】対、俺らのギルド【エターナルピース】の対決を!」

「俺、異世界でS級危険人物に認定されました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く