俺、異世界でS級危険人物に認定されました

夏夜弘

ギルド立ち上げたいと思います! 2

「う、うわ〜! なんじゃこれ!?」

「私も聞いてたよりもすごく見えるわ」

「人多いな〜!」

 横幅二十メートルはあろう道が塞ぎきってしまう程人が歩いており、一つ一つの店がとてもで大きい。綺麗な赤のレンガの建物が連なり、中心部には白銀の城。そしてなんと言っても、あらゆる人が武器を携えた冒険者。初心者から上級者まで、多くの者がいる。

「ここに、転生者も……」

「それから探しますか」

「そうね。とりあえず、何か楽な聞き方ないかしら?」

「特典を知ってるか聞けばいいんじゃないか? それ知ってるなら、見分けつくだろ」

「それもそうね。そうしましょ」

 探し始めるのは、まずは酒場だ。これは定石である。行く途中、掲示板にハルの顔と懸賞金が書かれた紙を見て驚く。

 なっ!? 懸賞金十億!? 俺の偽物作って渡したら十億手に入っちゃう。……ま、しないけど。

 そして酒場につき、片っ端から声をかけていく。すると、それはすぐに見つかる。二人組の女性冒険者だ。

「あのー、特典ってもらった?」

「いや、私は普通に転生されたわ。……もしかして、あなた方も?」

「そう! 良かった〜! 今、一緒に冒険してくれる仲間を流しているのだけれど、どうかしら?」

 二人の女性冒険者は話し合いを始める。

「ま、まさかこんなポンコツを拾ってくれる人がいるとは……これはチャンスじゃない? 私たち、まだレベルが三だし」

「そそそ、そうね。あの人たちなら養ってもらえる……えへへへ」

 おい待て待て。聞こえちゃってるぞ。……でもセイヤとミナには聞こえてない? いや違う。他の奴らに声掛けに行ってやがる! 俺を残しやがって……。

 そして、話が纏まったのか、二人がこちらに駆け寄ってくる。

「ねね、そこのイケてる男子。私たち、本当に養ってくれるの?」

「私たち、まだここに来て二年くらいで、レベルも一桁だけどいいの?」

 こいつら使えねぇぇぇ! ……ま、まぁ可愛いしな……。

 一人は眼鏡をかけたショートヘアで、綺麗な赤の髪の色をしている。もう一人は、セミロングヘアで、ほんの少し肉のついた顔だが、おっとりした目が愛らしい。

「お、俺はいいけどさ……」

「ねね、君って特典もらったの? 私達は事故で二人ともおじゃんになって貰えなかったけど」

「貰いましたよ」

「へぇ〜、どんな能力なの?」

「それは、お二人が名前を教えてくれたら教えます」

「そ、そうね。養ってもらうのだから、名前教えないとね。私はレイカ。赤い髪がトレードマークね!」

「で、私がカンナ。これと言って特徴はないけれど、強いて言うなら胸がでかい事かしら!」

「よろしく。特典の事は、他にも人が集まったらでいいかな? 何度も話すのは疲れるから」

「いいわ! じゃ、早速私達も手伝うわ!」

 それから、酒場の殆どの人に声をかけて回ったが、殆どの転生者はギルドを立ち上げ、大規模な集団で動いていた。そのため、仲間になったのはレイカとカンナだけだった。

「みんなギルド立ち上げていて誘えなかったわ……」

「まぁ俺らも転生者って事を覚えてもらっただけましだろ」

「そうだね。じゃあ、改めて自己紹介頼むかな」

「はーい! 私はレイカよ。よろしくねー」

「私はカンナ。よろっぴー」

「私はミナ。こいつがセイヤ。でそいつがハ……ナツよ」

 こいつ今ハルって言いかけたな?

「でで、これから私達は何するの?」

「そうねー。とりあえず私達もギルド作らない?」

「それはいいけど、金はどうするの?」

 すると、ミナが指を刺してくる。

「まて、なんで俺?」

「こいつ、お金無限製造機なのよ」

「「なんだって!?」」

「まて、レイカさんにカンナさん。それは誤解……」

「呼び捨てでいいわ。私達年齢は二十だし、そんな敬語で話されるような人間でもないから」

「あ、あぁそうなんだ……じゃあ、お金のことは置いといて、ギルドの名前でも決めますか」

「国会議事堂」

「却下」

「連邦軍」

「却下」

「暴走族」

「却下」

「じゃあお前は何がいいって言うんだよ? ハ……ナツ」

 セイヤも間違えそうになりやがった。次間違えたら許さねぇ。あれ、でもハルの方が正しいから間違ってる訳じゃ……まぁこの際なんでもいいや。

「う〜ん……風林火山?」

「「「却下」」」

「3人揃って言うなよ!」

 それから話し合いは長かった。名前は後回しにして、先に家のことを考える。一応十人は入れるくらいの大きさの家を確保。それと土地も。次に、ギルド入会条件だが、これは制限は無しにした。

 ーーそれから名前を考えて一時間後……。

「名前、思いつかないね」

「そだな。これ、こんなに時間かかるとは思わなかった……」

「エターナルピースはどう?」

「永遠の平和か……それいいね! ハル、それ貰い!」

「あっ」

「何? ……あっ」

「ミナ、責任とってね?」

 ミナが恐る恐るレイカとカンナを見ると、これでもかと言うくらい目を見開いていた。

「俺、異世界でS級危険人物に認定されました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Lily

    コントだろw
    普通にセンスある

    3
  • ショウ

    まじでコントかなんかか?!

    2
コメントを書く