俺、異世界でS級危険人物に認定されました

夏夜弘

早速魔王の子供呼ばわりされました 3

 宿で一泊して翌日。ことは起こる。

「なんか今日曇ってるなぁ……でも、なんか雲の色ってあんなのだっけ? ここの仕様か?」

 雲の色は少し黒く、烏の様な生物も多く飛んでいる。

 空気もなんだかピリピリしている。だが、町の皆の様子は今までと特に変化はない。

「なんでみんな驚かないんだ? これが当たり前なのか?」

 そう思ったハルは、外で様子を見に行くことにした。ただその際、何故か周りの皆は、町から出ようとするハルを眺めていた。

 なんだこの視線は……? そんなに俺がかかっこいいの?そうかそうか。なら仕方ない。

 なぜ外に出たかは、上手くは伝えられない。まぁ言ってみれば、嫌な予感がしたってことだ。

 森の様子がいつもより騒がしく、見に行ってみる。

 暫く森を歩いていると、ある一つのことに気づく。

「何かから逃げるように森の生き物達がどこかへ走っていってる……のか?」

 まだ確信はない。が、これは絶対に良くないことの前兆だと思い、すぐさま町へ戻る。

 町へ戻ると、やはり何もないかのように暮らしている。

 ここでも一つ、気づいたことがあった。

 普段なら、商人や他の冒険者が出ていくのが当たり前なのだが、今日は"誰一人"出ていない。

 なんだなんだ? 今日は曇りだから外に出ちゃ危ないのか?

 顎を擦りながらゆったり歩いていると、とある女性冒険者が声をかけてくる。

「ねぇ、貴方、なんでさっき外に出てたの?」

「なんでって言われてもな……森の様子がおかしかったからかな?」

「はぁ? あんた森に入ったの?」

「様子を見たかったからな。それがどうかしたの?」

「あんた……無傷で帰ってきたの?」

「ん? なんでそんな当たり前の事聞くんだ?」

 そう言った瞬間、周りの皆もその発言に驚き、女性冒険者も驚く。

「あんた……森の危険レベルはB+よ? 言っちゃなんだけど、あんた何の装備も持ってないじゃない? どうしてそれで無傷なの?」

「…………」

 やべぇーーー!! 何も言えねぇーーー!!

「も、森を歩いてたら、通りすがりの冒険者に助けて貰ったんだよ……あははは……」

 頭の後頭部に手を当てながら、笑って誤魔化す。だが、その女性冒険者は目を細め、「怪しい……」と一言呟く。

 女性冒険者が口を開き、何かを言いかけた時だった。

「おぉ! 久しぶりー! 元気してたー?」

 横から男性冒険者が出てくる。

 これは好機!

「おぉ! お久! 今日はどしたの?」

「いやさぁ、ここにお前がいるって聞いたからさ、探してたんだよ! 飲みいこーぜ!」

「ちょっと! まだ話は終わってないんだけど?」

「ああ、わりーな女性冒険者! こいつ俺のダチなんだわ! じゃな〜」

「あっ、ちょっ……!」

 その流れた身を任せ、その男性冒険者に付いていき、とある喫茶店の様なお店に逃げ込み、席に着く。

「あんた、異世界転生者だろ?」

「……ってことは、あんたも?」

「ああ。俺はセイヤって言うんだ。お前は?」

「俺はハル。助かったよ!」

「いいっていいって!」

 ハルと同級生だろうか、まだ顔が少し若い。それでいて、凛々しい顔つきに、綺麗な色の黒色の髪。体系も太すぎず細すぎない、細マッチョという表現が正しいだろうか。彼の瞳は、とても優しさを感じる。

「で、ハルはなんで死んだんだ?」

「ある子を庇って事故にあって死んだ」

「まじか! じゃあ特典もらったのか! いいなぁー! 俺は自殺だよ。よくある、いじめにあってってやつだ」

「そうか……」

「ってかさ、なんで外に出たりなんかしたんだ? まさか知らないのか? 今日の事」

「今日のこと? 何の話だ?」

「今日、外が少し暗いだろ?」

「うん」

「あれ、モンスターパレードって言ってな? 外で万にも及ぶモンスターが一斉行動する時に起こる現象なんだよ」

「だから森の生物も逃げていたのか……」

「そ。だから、気をつけろ? ……って言っても、もう遅いかもしれん」

「なんでだ?」

「お前、外出ちまっただろ? 多分外ではお前の噂で持ち切りだぞ?」

「なんでだよ」

「予言があったらしいんだ。ここに来たばっかの新人らしいんだけどさ、こう言ってたらしい」

「まさかな……それって……」

 唾を飲み込み、セイヤの言葉を待つ。

「烏が空を飛び、モンスターが地を這いずり回る時、一人の化け物が誕生する。ってな?」

「まてまて、化け物って、どのくらいのレベルで化け物なんだ?」

「ん〜……。噂では、魔王の子供と呼ばれるらしいぞ?」

「…………」

 俺、まだ力見してないから大丈夫だよな? ……あはははは……。

 ハルは、汗が止まらなくなった。

「俺、異世界でS級危険人物に認定されました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    転生者キタ━(゚∀゚)━!

    2
  • ノベルバユーザー197684

    セッセッセイヤ!セッセセイヤ!

    2
コメントを書く