話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺、異世界でS級危険人物に認定されました

夏夜弘

早速魔王の子供呼ばわりされました 1

 山の中に降り立ったハルは、とりあえず本当に力が手に入ったのかを確かめるため、目の前にあった気を全力で殴ってみる。

「ふんっ!」

 その威力は想像を絶するものであり、目の前の木どころか、あたり一面を吹き飛ばしてしまう。さらに、拳を突き出す速度は、音を超えていた。

「あちゃー……これは人前では見せられないな……」

 次に、ハルは二つ目に貰った能力を試してみる。

「試しに今ぶっ飛ばしちゃった木を作り直してみるかな〜」

 頭の中で、先程の風景をイメージし、手に力を込めてみる。すると、無数の光の玉が発生し、それらが宙を縦横無尽に飛び回ると、みるみるうちに木々が作られていく。

「これは便利だな……だけど脅威でもあるな……」

 とりあえず力を確かめたハルは、寝床となる場所を探すべく、町を探すことにした。

 それから暫く道のわからない中歩いていると、多数のモンスターが近寄ってきていた。先程の轟音でここに来たのだろう。

「まずは肩慣らしにっと……!」

 ゴブリンやスライムといった、下級モンスター達が多数おり、力を抑えた状態での戦闘力を測るため、ハルは力の二割程で戦ってみることにする。

 結果は言わなくてもわかるだろう。ただ、この感じでは、まるで大量殺戮兵器にも思えてきてしまい、本当に必要な時以外は、一割程度で充分だと学んだ。

 さらに歩いていると、山を抜け、平原へと降り立った。かなり先の方に大きな建物が見えた。あれは多分中心地となっている場所だろうか? とりあえずそこへ行くことに決めた。

 道中も、幾らかのモンスターに出くわしたが、どれも相手にはならない。デコピンで倒せてしまう。

「本当に使い方には気をつけないとな……魔王とか邪神だとか言われかねないよなぁ……」

 そして、ハルはその目的地へと到着する。かなりでかい城壁は何キロにも左右に広がり、外にいるのに賑やかさが伝わってくる程の活気。気になって仕方がないハルは、入り口へと向かう。

 門番が二人立っており、入り口の前で止められる。

「待ちなさい、そこの君。君、身分証明カードを持ってるかい? もし持ってないなら、ここには入れないけれど」

 身分証明カードか……早速創造の力の出番か。

 すぐさま身分証明カードをポケットの中で作り、いかにも持ってるかのような顔つきで差し出す。

「……職業は村人か……よくここまでただの村人が来れたものだ。さぞ大変だっただろう。よし、確認した。入って休むといい」

「ありがとうございます!」

「ようこそ、中心街フェレーメへ!」

 中に入ると、声が漏れるほどの光景が広がっており、見るもの感じるもの全てが新鮮で、ハルは目を輝かせる。

「あのお城は多分王城か〜! あそこには質屋、あそこには武器屋! くぅ〜! 冒険魂くすぐられるぜぇ〜!」

 一度身だしなみを揃え、歩み出す。

「今は肉がお買い得だよ〜! いらっしゃいいらっしゃい〜!」

「魔法使いの方が作ってくださった回復薬が売ってるよ〜! 一つどうだーい?」

 右を向いても左を向いても屋台だらけ。人混みの中、一人歩くハルは、道がわからず進めなくなる。

「うぎゃあ〜! 人多すぎて動けねぇ! あっ! うんこ踏んじまった! 誰だ犬の糞ここに転がした奴!」

 ブツブツ言いながらも、掻き分けながら進んで行く。すると、一つの看板が目に止まる。

「ん? あの看板、それにあの感じ……宿か!」

 ハルは今晩の寝床を確保する為、その宿へと向かっていく。

 扉を開けると、カランカラーンと言うベルの音が鳴り響き、「いらっしゃ〜い!」と言う声が聞こえる。

「あ、今晩ここに泊まりたいんですけど……」

「いらっしゃい! 何泊止まるんだい?」

 若いエプロンを着けた女性が掃除をしており、その女性が訪ねてくる。

 やばい、あのシュッとした体付きに小さい顔、そしてなんと言っても腰まで伸びるロングヘア。惚れそう……。

「えっと、とりあえず一泊したいです」

「わかりました! 三階の一番端の部屋が空いてるからそこ使って〜!」

「わかりました。お代はいくらですか?」

「一泊五百エンだよ!」

 円か……そこはありがたい。

「じゃあこれで」

 造った五百円玉をだす。が、何故か反応が渋い。

「ん? ……えーっと、これは何?」

「え? 五百円玉だけど……」

「違う違う、これじゃなくて、お金はこれよ?」

「ただの円の形をした銀貨か……。これが五百エン相当でいいってこと?」

「そう! 銅が百、銀が五百、金が千ね!」

「文字もいらないのか……なら、こっちかな?」

「なんだ、持ってるじゃない! お金は受け取ったわ! どーぞごゆっくり〜!」

 そうして、なんとか宿を確保する。

「よし、宿は確保出来たー! 次は道具はどんなものがあるか知識を付けとかないとな〜」

 その後、散歩がてら町を周り、参考になりそうな物は片っ端から調べ尽くした。

「俺、異世界でS級危険人物に認定されました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • りよーう

    目の前にあった気のところ
    木では?

    1
  • 久留米天狗

    ごめん、誤字報告『気を殴る』→『木を殴る』ですよね?

    2
  • ノベルバユーザー191549

    とてもおもしろいです

    4
コメントを書く