俺、異世界でS級危険人物に認定されました

夏夜弘

プロローグ

 それは、ある日の出来事だった。

 俺こと、佐藤春は、道路に飛び出した女子高生を助け、トラックに跳ねられまもなく死亡した。まぁ、悪くは無い人生だった。

 そして、目が覚めるはずのない俺は、何故か暗い世界で目を覚ました。

「ここはどこだ?」

『ここは死後の世界、デスワールド。君は、佐藤春君だね?』

「え? あ、はい。っていうか、なんで俺の名前を?」

『まぁ信じられないとは思うけど、私は神様やってる者でしてね?』

「うんうん。全く信用出来ない」

『だろうね……じゃあ、神様だって証拠を見せればいいのかい?』

「あ、さっきのは嘘です。っていうか、死んだ後にこんな展開って、もうこれはあれでしょ? 異世界転生パターンでしょ?」

『あ、嘘なの? 神様に嘘をつくって、君なかなか面白い子だねぇ』

「そうですか? 僕、結構性格悪いですよ?」

『そんなことはないよ。私は神様だかね、なんでも分かるだよ。君はすごくいい人だよ?』

「神様にそう言って貰えるなら嬉しいです」

『でしょー? ……で、本題だけど、君は人を助けて死んでしまった。そんなに若くして死んでしまったのでは勿体無い。って事で、異世界に転生して貰って、世界を救ってもらいます』

「魔王とか、龍とか、盗賊とかからですか?」

『そう。寿命を終えて死んだ人や、自殺して死んだ人にも、異世界には行ってもらってる。ただ、人を救って死んでしまった人には特典が与えられるんだ』

「特典?」

『そう。何でも二つまでなら、何だって叶えてあげられる。最強になりたいなら、身体能力を何倍にもしたいだとかね?』

「それいいですね! 俺、人を助けるために力が欲しい。ですから、絶対に誰にも負けないほどの力をください!」

『それはいい心構えだ。力は与えよう。ただ、使い方によっては、嫌われたりもする。そこは気をつけたまえ?』

「わかりました!」

『よし。我、神が命ず。この者に力を』

 そう神様が言った瞬間、春の体に光が集まりだし、体の中へと入っていく。

 春は、拳を開閉し、本当に力が手に入った事を確認する。

『さて、あと一つだ。どんな願いを臨む?』

「そうだなぁ……」

 暫く考え、考えが纏まる。

「なら、どんなものも創れる力をください」

『どんなものも?』

「そうです。どんなものでも、です」

『面白い。よかろう。我、神が命ず。この者に力を』

 再び力が手に入る。確認のため、掌の上で、ゲームを作ってみる。簡単に作れた。

『これで良いだろう。この力を使うのは君だ。この先、私は何も手助けだしない。そこだけはわかってくれたまえ』

「大丈夫です。俺は誰も殺しませんよ?」

『そうだといいがな?』

「まぁ頑張りますよ。では、セカンドワールドへ送ってください」

『うむ。よかろう。では、転送!』

 次の瞬間、突然意識が無くなる。

 目が覚めると、そこは誰もいない山の中だった。

「うげっ……山の中スタートかよ」

 そこから、ハルの異世界冒険が始まる。

「俺、異世界でS級危険人物に認定されました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く