天使と悪魔

ゆみ

ハッピーエンド

「ゆみ!ゆみ!」
どうして、こんなことになったんだろう、
あまりにも返ってくるのが遅いからはるを気絶させてまできたら、近くに女医師とゆみが倒れていた
「もう…誰も失いたくないんだよ!」
でも、これ以上大切なものなんてない…次は何を失うかわからない…それでも…
「ゆみ…これが最後だ…」
そこから、何が起きたのか、わからない…ただ…一つだけ、一つだけわかったことがある…
俺は助かったことだ
「やす!」
ゆみが飛びついてくる 抱き返す…暖かい…
そこからどうなったかは、皆さんの想像にお任せしよう…

「天使と悪魔」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く