悪役令嬢は魔王の小鳥

せれぶ

13話

「…とても美味でしたわ」

「口に合って良かった…人間の味覚は時々わからぬからな」

「そうなのですか…?……前に魔族の料理を食べた人間がいらっしゃるので?」

「……昔…といってもつい50年程前に、な」


ふ、と目を伏せたご主人様の瞳はどこか寂しげで…どこか遠くを見つめていた


「……そうなのですか…その、ご主人様、」

「む?」


先程の寂しげな瞳はなく、いつもの優しげな瞳に戻っている。なんだか、胸のあたりがもやっとしますわ…


「…いえ、なんでも。」

「そうか…さて、今日は城の中を案内しなくてはな。」

「ありがとうございますわ」

「これからここはお前の家でもある…当然だろう?」


優しく頬を撫でられシルクのサラサラとした感触がする。でも、素肌の熱が感じられない…


「……ご主人様」

「む?」

「……何故、手袋をされて…いえ、その、わたくしといない時はされてらっしゃらない様でしたので…」

「……お前の綺麗な肌を私の爪で傷つけるわけにはいかないからな」


ご主人様はそう仰られ、手袋の中指の先をつまみ手袋を外す。すると鋭く黒い爪が現れた。


「この爪は触れるだけでなんでも切り裂く。…マリアンヌ、お前の肌を傷つけたくない故だ、気に触ったならすまぬ…」


睫毛を伏せ、軽く指を折り曲げ手の甲で私の頬をなでる。
その手つきは優しくて優しくて…わがままを言ったことが、とても恥ずかしい


「…申し訳ございません、」

「何故謝る」

「ご主人様がわたくしの為を思い手袋をしてくださっていたのに…」

「謝る必要は無い。」

「ですが、」



口を開こうとしたところを、手袋をしている方の人差し指で塞がれた。


「我に触れたかったか?」


にぃ、と目を細め口角を上げる。その様子がとても、とても色っぽくて艶めしくて…
どく、どく、と鼓動が早くなりきっと顔は真っ赤になっているでしょう、顔が熱くてたまらないですわ。
声も出なくて、ぱくぱくと口を動かしていればくつくつと笑い声が聞こえてくる。その声でまた鼓動が早まる。


「…お戯れは、やめてくださいまし」

「その顔で言われても説得力はないな?」

「う…」


とりあえず頬の熱をとろうと両頬に手を当てる。あぁもう、熱いです…


「ふ…さて、私は執務室に行く。その間決して部屋を出ては駄目だ。わかったか?」

「分かりましたわ。」

「私の部屋に入っても良い。本はそれなりにあるから読んでも構わん」

「ありがとうございます」

「…またな、マリアンヌ」


手袋を直しわたくしの頬を撫で、額に口付けた。
それにまた顔が熱くなり、ご主人様はそれを見て笑うと歩いていってしまった。


「マリアンヌ様」

「…ロンジェル様、」

「私に敬称は不要でございます。どうか、ロンジェルとお呼びください」

「……えぇ、わかりましたわ。」


そのまま自室に連れられ、鍵をかけられたようで扉は開かない。

………魔王様のお部屋。行ってみようかしら。





「…」


入った瞬間…いや、入る前から緊張する。真っ黒な部屋に残る落ち着いた、大人っぽいご主人様の香り。落ち着くのに、なんだかそわそわしてしまう。

とりあえず本よ、本。あそこの本棚ね。…背表紙が全部一緒に見えるのだけれど…
そう思いながらとりあえず1冊取れば表紙も何も書いてない。あるのは真っ黒な皮の表紙だけ。


「…よ、読めない…」


魔語だった…これは後で誰かに教えてもらわないと。人間にも読める本があるかと探していれば


「……あら」


手書きの絵本が、あった。父が祖母の作った本だと何度も何度も繰り返し読ませてくれた、絵本だった。
取り出し、ページをめくる。古びているがとても大切に管理されていて、…最後のページをめくった時、はらりと1枚の紙が落ちた。
拾いあげれば、今の容姿より少し若いご主人様であろう男の人と
私がもう少ししたらこんな容姿になるであろう、青い瞳の、真っ白な女性が肩を抱かれ微笑んでいた。

「悪役令嬢は魔王の小鳥」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く