悪役令嬢は魔王の小鳥

せれぶ

8話

スカーレット家にて_


「くそ!どういうことだ!!何故我が財産が半分まで減っている…!まさか…マリアンヌが持ち去ったなんてことないだろうな!!」


くそ、おかしいおかしいおかしい!!!

そもそもあの馬鹿な娘がいたせいで我が家は堕ちたのだ!!

使用人が噂していたのを聞けば女神を捨てただとかスカーレット家は堕ちただとか意味のわからないことばかり!
財産は日に日に減っていくし…どうやって増やせばいいのだ!…そうか、税金がないからか。何を思ったかあの馬鹿は領地の税金をほとんどないようなものにしてしまった。だからこんなに財産が減っているのだ!
…それにしても今までどうやって財産を増やしていたのだろう。まさか…あの馬鹿は横領でもしていたなんてことなかろうか!?

くそ…だからその横領がバレてスカーレット家は堕ちた等と言われたのか?冗談じゃない。全てはあの馬鹿がやった事ではないか。私は悪くない…


「……ん?」


この書類はなんだ?商会…?…なっ、…これはあの有名なスノウ商会のものではないか!?…まさかあの馬鹿はここから横領していたのか……確かにあそこはかなり儲けているだろう。商会代表は女らしいがかなりの手腕らしい。
…が、ふん、横領にも気づかないなんてやはり女は馬鹿だな。

まぁ明日から税金を取るとしよう。我が領地に住まわせてもらっている身なのだから文句はないだろう?そもしも普通はあるものだしな。
…さて、と。その為に書類を作らねば……。そういえば書類なんぞしばらく作っていなかったな。まぁ前のと同じでいいだろう。

「悪役令嬢は魔王の小鳥」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 歌維斗

    そもそも○ そもしも×

    2
コメントを書く