話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

reverse of color~魔法の世界で俺は剣術だけを使いたい!~

兄ふぐ

1章三話 町に着いたら…

 

 やっと町に着いた。まさかこんなにあの森(森の名前聞くの忘れた)が町(もちろん名前を聞いてない)とこんなに遠いなんて知らなかった。

  「やっと町に着いたー。とりあえず宿屋探そうぜ。」

  「そうだね、私も疲れたし。」

  「そういえば、俺のことは蒼太って呼んで欲しいな。」

 なんてこと言ってんだ俺は、

  「はいはい、わかりましたよ、蒼太って呼べばいいんでしょ。」

 まじか普通に呼んでくれるのか……って、あれノワールってまさかのツンデレかなって思ったが、言わないことにした。とは言っても名前で呼んでくれるのは素直に嬉しいから、

  「もう言ってるけど俺はノワールって呼ぶからな。」

 なんか自分でも気持ち悪いと思ってしまうことを言った。やっぱり、俺は思ったことがすぐに言葉になってしまうな……ここは反省しないとな






 とりあえずさっきの狼の魔石を売って来たお金で行けそうな宿屋RPG序盤の村の宿みたいなに着いた時に、

  「そういえばこの世界にはどんな魔法があるの?」

  「魔法は主に色彩魔法と言われている魔法が主流であとは、術式魔法、エンチャント魔法とかかな。」

  「へー。種類は多くないんだな。」

 「まあ、多くても覚えられないしね」

  「そういえば、蒼太の剣の調達明日行くからね。」

  「え、まじか、それは助かるぜ。」

  「まあ、蒼太は剣しか使えないって言ってたから。」

  「確かに言ったけど、それ言われると地味に傷付くな。」

 俺の豆腐メンタルがズタズタになりそうだ。
 くすくすと、笑った後に、ノワールは言った、

  「明日色々装備新しくしてダンジョンに行くからそこんとこよろしくね。」

 俺って最初本当にあの剣みたいなやつは本当に剣だったのかが気になってしまう。けど、まあいっかとりあえずなかったことに……は、ならないけど、極力忘れる努力をしようと決意した。
 
  「え、まじかよ。じゃあまた明日、ノワール」

  「うん、また明日」

 少しだけ起きて、ノワールの寝顔を見ようかなって思っていたがすぐに寝てしまった。





  今回は短いのでこの世界で出てくる魔法について解説をします


  ·色彩魔法
   この魔法がこの世界で1番主流な魔法でまず使う色を宣言する詠唱をして、から使う魔法を詠唱するという普通じゃない魔法です。しかもその色によって使える魔法と使えない魔法があるので一回一回宣言詠唱しなくてはならないデメリットもあります。
   今のとこの色彩魔法の色
  ·赤…火の力を主に使う
  ·白…色々なサポートを出来る
 今のところはまだ2色しか出てないのでとりあえず2色だけ紹介
  ちなみに色彩魔法は適正がないと色を使えないという条件があります。しかしノワールはほとんど使えます。


 ·術式魔法
  術式を組んで使う魔法で5人以上で使うことが多いだいたいは儀式などに使われるか、術式を組まれている札などを使って魔法を使うのもこの分類である。

  ·エンチャント
  この魔法は武器や物に能力を付けること(プラスもマイナスも)を指します。

  ·軽錬金術(けいれんきんじゅつ)
  これは主に錬金術師が1対1の時に使うので即席で出来る物と物を組み合わせた時に出来る魔法に加えて自分の魔法を使うことです。

  ·重錬金術(じゅうれんきんじゅつ)
  これは軽錬金術とは異なって沢山の敵に大して軽錬金術を沢山発動させて一掃したりできる魔法

  ·召喚魔法
  この魔法は、よく知られている召喚魔法とは少し違って、召喚する時に、詠唱は長くないけど、コストみたいなのが、かかってしまう。召喚する魔物によってコストが異なっていて、召喚魔法使う人の召喚出来る最大のコストも異なっているので、あまり使われない魔法である。

  ·契約魔法
  この魔法はとても謎が多い魔法で、人が使えない魔法であって、モンスターが使う。ある代償を払って、無詠唱で発動出来る魔法である。

  魔法はこんな感じです。次にこうゆうことが書くのであったら色彩魔法を詳しく書きたいです。

  

「reverse of color~魔法の世界で俺は剣術だけを使いたい!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く