話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

reverse of color~魔法の世界で俺は剣術だけを使いたい!~

兄ふぐ

プロローグ&登場人物紹介

 

 外を見ると夕焼け空が広がっている教室で授業中も居眠りをしていた神代  蒼太かみしろ  そうたは、とっくに授業が終わってクラスメイトがもう既に全員帰ったあとの教室で、黒板の上にある時計を見て言った。

   「もうこんな時間かよ 早く帰ろっと」

 少しも中身が入っていない鞄を持って教室を出ていつもの帰路に使うとした時にふと、

  「寄り道しよっと」
 
  いつもはない寄り道するということに、謎の興味が湧いてきたのと、帰っても親も帰ってくるのが遅くなるし、帰ってきたで理不尽に暴力を振るわれるから少しでも家に居たくない思いがあったから……いつも学校に行くために使っている駅の近くの裏道に入ると………見慣れないような看板があった。なんて書いてあるかと言うと

  {貴方の未来を見てあげます}

 という謎のことが書いてあった。自分の生活に何らかの刺激が欲しかったので、興味が湧いてしまったことにより店に入る事にした。

  「いらっしゃい」

 と、言ったのはいかにも占い師の女性という感じがある服装を着た人だった。それよりも、こんな所で商売になるのかよって思ったけど……それは言わないで、

  「この店は未来を見てくれるってほんとですか」

 本当なのかわかんなかったので素朴な疑問をぶつけてしまった。そうして返ってきた答えは

  「本当ですよ、でも見た未来を変えることは出来ませんが…そして、占いの料金は先払いでいつもお願いしていますよ。」

 と、言ってきた……背中からすごい冷や汗が出てくるのを感じた。でも、やっぱり今の生活がどうなるのか知りたいし、変わるなら何になるのかを知りたいという、興味しかなかったので、

  「それなら俺の未来を見てください」

 と、言ったら思わぬ答えが返ってきた。







  「貴方の未来は死です」

 と、いかにも現実離れした答えが来た………

  「え、本当ですが、俺が死ぬのって」

   「本当ですよ」
 
 その瞬間絶望してしまった。
 とりあえず占いのしてくれたことに感謝をして、店を出た。
 俺は本当に死ぬのか………

 あれ、本当に代金払ってよかったんだろうか…やっぱり怪しかったななんて思っていた。


 そうしていると気がついたら目の前に黒服の人が立っていると思ったら右手に持っていたナイフに刺されてしまった。
ここから痛みも記憶もなくなってしまった…







 「おーい、おーーい」

 と、聞き慣れない低い男の声が聞こえて目覚めると、俺の目の前に老人がいた。
  
  「おぬしは悪魔に殺されたのが分かっているか」

 と、聞かれたがそのようなファンタジー系のものじゃないのにそんなことが本当なのかと疑問に思って困惑した表情を浮かべていると………

  「おぬし悪魔に殺されたことが分かっていないようだな」

 と、感情を読まれたように思っていることを言われた。

   「そういえばおぬしに話してなかったな、わしはこの地球と天界の狭間の神じゃ」

  え、こんな感じて神ってこと言うもんだっけ……って、しかも、話が分からなくなってきた。そして、

  「おぬしに2つの選択肢を与えよう、まず1つ目はこのまま死を受け入れて死ぬ、2つ目は、この世界でないところに転生するか」

 今までの人生に、楽しさを求めていた俺はもちろん

  「異世界に転生したい」

 と、言った、そこで神様がひとつ提案した。

  「異世界に転生するのに1つだけ願いを叶えよう」
 
  そうゆう展開を1度は夢見たことがあることがあったから言ってやった。

  「俺に最強の剣術を教えてくれ!」
 
 と、言った。俺は元いた世界で、剣道を少しだけやっていたからそれなりに出来るはず、だから剣術を教えてくれと、言ったんだ。

 本当にそんなことでいいのかと、聞かれてしまったがもちろんと、答えておいた。

  「あ、言ってなかったが、剣術を教えるのはいいんじゃが、結構時間がかかるのを、一瞬でおぬしの記憶に剣術を叩き込むだけだから、気絶すると思うけど、まあ、やるしかないか。」

 え、ちょっと待って、気絶ってやばくないか……

  「どうした? そんな顔をして、何か不満でもあったのか?」

 と、何か普通なことを言ったように言っていたが、俺達みたいな人達にとって気絶するのは、結構珍しいってことを伝えといた。

  「まあ、つべこべ言わずにとりあえずやってみるぞ。」

 と、俺の返事を待たずに、神様は言っていた、老人が、俺の頭に手を当ててきた瞬間には、俺の意識はなかった。











ここからは人物紹介であり、ストーリーのネタバレになることがあります。

   主な登場人物紹介


  ·神代 蒼太
    学校を休みがちな高校2年生である。
    今の人生があまりにも楽しくないって思っている。
    隠れ厨二病であった過去がある。
    

   ·ノワール
     容姿は白色と銀色が混ざったような髪の毛で、ローブの中に髪の毛が入っているので、正確な長さは、分からない。目の色は銀色に近い色である。
     使う魔法は、色彩魔法(赤、白、黄)を使った。

  ·マナ
    容姿は、黒髪のツインテールであって腰ぐらいの長さの髪の毛である。、目の色は赤色である。
    銃を使って、戦う、魔銃戦士という職業だそうだ。


   随時最新します。

「reverse of color~魔法の世界で俺は剣術だけを使いたい!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く